事件

福島県須賀川市で殺人事件!中古車販売店で37歳の男性が何者かに撃たれて死亡。暴力団がらみか?拳銃の入手ルートが意外と簡単で怖い!

須賀川市陣場町殺人事件

今日取り上げるのは、福島県須賀川市陣場町の中古車販売店で37歳の男性が何者かに拳銃で撃たれて死亡した事件についてです。

亡くなったのは中古車販売業 佐久間剛さん(37)で、妻が「夫が電話中に、誰かに襲われて倒れたようだ」と通報したとのこと。

現場付近では複数の近所の人が発砲音を聞いたと証言しているそうです。

事件の概要をまとめると共に、意外と身近になりつつある拳銃の入手ルートについても見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

福島県・須賀川市 中古車販売業37歳男性 拳銃で撃たれて死亡事件の概要は?

朝日新聞デジタルの報道内容を元に、事件の概要についてまとめます。

2021年2月22日午後7時10分ごろ、福島県鏡石町旭町の中古車販売業佐久間剛さん(37)の妻から「夫が電話中に、誰かに襲われて倒れたようだ」と須賀川署に通報があった。

署員が佐久間さんが働く須賀川市陣場町の中古車販売店に駆け付けたところ、佐久間さんがガレージで血を流して倒れていた。

拳銃のようなもので撃たれた傷があり、佐久間さんは病院に運ばれたが、約3時間後に死亡した。

県警は殺人事件として調べている。

現場付近では複数の近所の人が発砲音を聞いたと証言している。

警察は、拳銃を持った犯人が逃走している可能性があるとみて捜査している。

通報した妻は現場にはいなかったという。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/ee13c05fd83ede9bba63670edf1b5adea5a2d43e

あくまでもネットの情報ですが、被害者の佐久間さんは過去に暴力団と関わりがあった可能性があります。

今回も、その頃のつながりが何か関係あるのでしょうか。

ネットではこんな声が上がっていました。

(Yahoo!ニュース コメント欄より引用)

中古車販売の世界って意外とディープな人や業者が混じっているからなぁ。まぁだからこそボロ儲けできることもあるしね。
この被害者の佐久間剛さんという方は他所で見た情報なので100%真実かどうか分かりませんが、元暴力団員でしかも覚せい剤で逮捕された前科があるみたいですね。おそらく暴力団員同士の抗争だと思われます。足を洗ったとしても完全に抜けれないですからね。裏社会は・・怖いです。
2014年の出来事ですww
福島市の自宅に拳銃を隠し持っていたなどとして、福島署は15日までに、銃刀法違反と覚せい剤取締法違反の疑いで同市の元暴力団組員の無職佐久間剛容疑者(29)を逮捕した。

逮捕容疑は、8月28日ごろ、当時住んでいた栃木県真岡市で覚せい剤を使用した。9月4日には福島市の自宅で回転弾倉式拳銃1丁を所持した疑い。

同署によると、拳銃は外国製で実弾はなかった。家宅捜索で発見したという。佐久間容疑者は以前、関東地方の暴力団に所属しており、同署は暴力団に入っていた当時、拳銃を入手した可能性があるとみて調べている。同署が押収した拳銃は今年に入り2丁目。

福島地検は15日までに、銃刀法違反と覚せい剤取締法違反の罪で佐久間容疑者を起訴した。

現場について

事件は福島県須賀川市陣場町の中古車販売店でで起きました。

Twitterの情報や現場の映像などから、事件があったのは「ガレージハウスS」とみて間違いないでしょう。

そもそも拳銃ってどこで手に入るの?入手ルートが簡単すぎて怖い!

拳銃を使った事件としては、記憶に新しいものとして2020年にこんな事件がありました。

東京・八王子市で高1男子が拳銃自殺!使用したのは米国社製の真正品。動機は?考えられる入手経路とは

「15歳の少年がどこで銃を手に入れたのか?」

という点に世間の注目が集まりましたが、どうやら拳銃の入手はいまやそれほど難しいことではなくなっているようです。

この少年は闇サイトなどを通じ拳銃を入手した可能性が浮上しているのだとか。

拳銃の押収先も暴力団以外が約8割を占めるとのこと。

「拳銃は限られた反社会勢力が手にするものだ」という認識は改めたほうが良さそうです。

⇒ 参考:ネット取引で拳銃流通ルート多様化 高校生でも「アクセス可能」

警察庁によると、昨年押収した拳銃401丁のうち324丁を暴力団以外の関係先から押収。

ネットオークションや掲示板の取引などを端緒としたものは54丁に上るという。

立正大の小宮信夫教授(犯罪学):

暴力団の資金獲得が『脅し』から『だまし』にシフトし、抗争も減って拳銃を使う必要がなくなった。

経済的に困窮した暴力団員がネット上で拳銃を『流す』ケースもある。

では、実際に高校生でも入手は可能なのか。

ITジャーナリストの三上洋氏:

闇サイトは発信元を匿名化するダークウェブ上に存在しているが、誰でも無料でダウンロードできるソフトウェアを用いればダークウェブにアクセスは可能だ。

引用 https://www.sankei.com/affairs/news/200609/afr2006090027-n1.html

佐久間さんの過去の経歴を見て「やっぱり暴力団がらみか」と思われた方も多かったかもしれませんが、今やその気になれば誰でも拳銃を入手できる時代のよう。

知識があれば、ネット上でも簡単に買える時代だということです。

「うちの子は真面目だから大丈夫」

と思っていても、勉強熱心でIT関係の知識がある人なら高校生でも拳銃の取引に手を染めてしまう可能性があるので注意が必要です。

まとめ

福島県須賀川市陣場町で起きた拳銃を使った殺人事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 2021年2月22日午後7時10分ごろ、福島県鏡石町旭町の中古車販売業佐久間剛さん(37)が、経営する須賀川市陣場町の中古車販売店で何者かに殺害された
  • 佐久間さんの体には銃で撃たれたような傷があり、現場付近では複数の近所の人が発砲音を聞いたと証言している
  • 拳銃はネットの闇サイトで一般人でも購入できる時代になっている

佐久間さんの身に何があったのか。

どのようなやりとりがあって撃たれてしまったのかはわかりませんが、その場で拳銃が見つかっていないということは、犯人は銃を持って逃げているわけですよね。

付近の方は、十分注意していただきたいです。

新しい情報が入り次第、追記していきます。

改めまして、亡くなった佐久間さんのご冥福をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました!