事件

熊本県八代市妙見町の山中で、高齢男性が首をつって死亡。41代女性刺殺事件との関連は?「人を殺して自分も死ぬ」という心理とは

熊本 男性変死体

今日取り上げるのは、熊本県八代市妙見町の山中にある遊歩道で、高齢男性が首をつって死亡しているのが見つかった事件についてです。

県警は自殺と断定し、2月12日に同市内で起きた平田久美子さん(41)の死亡事件との関連を調べているとのこと。

平田さんは何者かに刺されて死亡したと見られていて、死因は出血性ショックであったことが判明しています。

一見、何の関係もなさそうに思える事件ですが、警察は何か証拠を握っているのでしょうか。

事件の概要をまとめると共に、「人を殺して自分も死ぬ」という心理、過去の事件から推測される2人の関係性についても見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

※警察は2月15日、発見された70代の男が、平田さんを殺害したとみられると発表しました。

また、この男は八代市の奈須幸則容疑者(71)で、平田さんの勤務先で知り合ったとみられています。

熊本県八代市 70代男性 遺体発見事件の概要は?

共同通信の報道内容を元に、事件の概要についてまとめます。

2021年2月14日午前10時すぎ、熊本県八代市妙見町の山中にある遊歩道で、高齢男性(70代くらい)が首をつって死亡しているのが見つかった。

県警は自殺と断定。

現場から約1キロ離れた同市のアパート玄関前の駐車場で住人の平田久美子さん(41)が複数の刺し傷を負って死亡した事件との関連を調べている。

県警は14日、平田さんの死因が出血性ショックと判明したと明らかにした。

※警察は2月15日、発見された70代の男が、平田さんを殺害したとみられると発表しました。

平田さんは生前、友人に「男につきまとわれている」などと相談し、携帯電話の番号も数回変えていたことが明らかとなっています。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/d691a77f8d97f5dd5f720cf322e3b641be4651f4

平田さんが亡くなっていた事件についてはコチラの記事↓↓で概要をまとめています。

熊本・八代市で複数の刺し傷がある女性が見つかる。女性は40代で子供2人と3人暮らし。殺人?人を殺す心理5パターンから考えられる犯人像とは

参考動画はコチラ↓↓

亡くなった女性は41歳、見つかった男性の遺体は70代男性。

親族でもなければ、一見、それほど親しい関係にはならなさそうに思える二人。

しかし、警察が「関連を調べている」と発表するからには、何か重要な証拠をつかんでいる可能性が高いですね。

ネットではこんな声が上がっていました。

(Yahoo!ニュース コメント欄より引用)

まったく関係ないのかもしれないから、なんとも言えないな。
真犯人がいれば、ほっとしているだろう。
残された子供達が1番の被害者
どうか強く生き抜いて欲しい
刺殺とのことなので、本人に痕跡が残るっている可能性が高いので、14日午前10時すぎに発見なら、犯人かどうかは既にわかっていると思うけど、地域住民のために犯人である場合は、早めに発表してほしい。

現場について

男性の遺体は熊本県八代市妙見町の山中にある遊歩道で発見されました。

推測される2人のつながりは?人を殺して自分も死ぬ心理とは。

もしこの高齢男性が本当に平田さんの死に関与しているのであれば、なぜ自分も死を選ばなければいけなかったのでしょうか。

「人を殺して自分も死ぬ」という心理とは?

ケースバイケースでいろんな考え方があるかと思いますが、たとえばこんな心理が考えられます。

  • 「殺すことで独占したことになるんだ」「俺のものにならないなら、誰のものにもしたくない」という独占欲
  • 一時的な怒りによるものではなく、自らの人生に絶望し、他人の幸せを憎む歪んだ人格が起こした凶行
  • そのままなにもしなければ警察に逮捕されて 起訴され いずれは刑務所行きだというのがわかっている。ゆえに、「拘束された生活などしたくない」という気持ちが大きい
  • その死ぬほど愛した人のいない世界になど価値がないという絶望
  • 傷つける、痛い思いをさせる。その時に「でも許してくれる」と思い込んでいる

引用 https://okwave.jp/qa/q9620566.html

過去には、35歳の熊本大の女性研究員が67歳の男に殺害される事件も起きています。

熊谷和洋容疑者はストーカーだった?通話履歴が見つかるも、連絡は一方的。動機は?シニア世代の恋愛暴走が怖すぎる件

この事件では、2人のつながりは「マンションの住人(被害者女性)とマンションの元清掃作業員(犯人)」でした。

やはり何の接点もなさそうも思える二人でしたが、数回にわたって2人が携帯で通話した記録が確認されていました。

今回も、二人の間には接点があり、警察はその証拠をつかんでいるのではないでしょうか。

新しい情報が入り次第、追記していきます。

まとめ

熊本県八代市の山中で高齢男性の遺体が見つかった事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 2021年2月14日午前、熊本県八代市妙見町の山中にある遊歩道で、高齢男性(70代くらい)が首をつって死亡しているのが見つかった
  • 警察は、同市内で起きた平田久美子さん(41)の死亡事件との関連を捜査している
  • 過去にも年齢差のある男女間の殺人事件が起きており、ストーカー的な殺人の可能性もある

ちょっと古いデータではありますが、以下のように警察の死体取扱数は増えています。

警察の死体取扱数

引用 https://www.npa.go.jp/hakusyo/h26/honbun/html/qf320000.html

適正な死体取扱業務を推進するために警察官に対する教育訓練の充実も図られているとのことなので、捜査の精度も上がっていると思われます。

おそらく、警察は確たる証拠をつかんでおり、この二人の間に何かしら接点があったのは間違いないでしょう。

亡くなった平田さんには小学生の長女と、未就学児の長男がいるとのこと。

事件当時は、亡くなった平田さんのすぐ近くで長男が泣き叫んでいたという証言もあります。

どんな事情があったにせよ、まだ小さいお子さんを二人も抱えている女性をこのような形で殺害するのは許される犯行ではありません。

平田さんの無念を晴らすためにも、警察には事件の全容解明に力を尽くしていただきたいと思います。

改めまして、どんな事情があったにせよ、亡くなった男性のご冥福をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

RELATED POST