事件

西中英樹 Facebookは?和歌山市西浜の県道でひき逃げ事件発生!車にひかれて救護中の男性が、別のトラックにひかれて死亡。男性は酩酊状態だった?酔っ払いをひいてしまった場合の罪とは。

和歌山ひき逃げ事件

今日取り上げるのは和歌山市西浜の県道で起きたひき逃げ事件についてです。

深夜2時近く、ふらふらと車道に出てきた男性をよけきれずひいてしまった車の運転手が救護活動をしていましたが、その最中に、対向車線から来たトラックが再び男性をひいてしまったとのこと。

トラックは現場から逃走しました。

※2021年1月30日、和歌山市で鮮魚店を経営する西中英樹容疑者(55)が過失運転致死やひき逃げの疑いで逮捕されました。

事件の概要をまとめると共に、酔っ払いをひいてしまった場合の罪についても見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

和歌山市・西浜 ふらふら男性 ひき逃げ事件の概要は?

読売テレビの報道内容を元に、事件の概要についてまとめます。

2021年1月30日午前1時50分ごろ、和歌山市西浜の県道で、ふらふらと歩く男性が車道に出て倒れたところを通りかかった乗用車がよけきれず男性をひいた。

運転手らが救護活動をするが、その最中に、対向車線から来たトラックが再び男性をひき、トラックは逃走した。

通行人から、「車と歩行者の事故で、歩行者が頭から血を流している」と警察に通報があり、警察などが駆け付けたところ、40歳から50歳ぐらいとみられる男性が、車道で頭から血を流して倒れていた。

男性は病院に搬送されたが、その後、死亡した。

警察は男性の身元を調べるとともに、ひき逃げ事件として、逃げたトラックの行方を追っている。

※2021年1月30日、和歌山市で鮮魚店を経営する西中英樹容疑者(55)が過失運転致死やひき逃げの疑いで逮捕されました。

西中容疑者は市場に仕入れに行く途中で、目撃者の情報や防犯カメラの映像から車が特定され、市場にいるところで逮捕されたそうです。

警察の調べに対し「人をひいていませんし、逃げたわけではありません」と容疑を否認しています。(ABEMA TIMESより)

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/432bd09bff9a5a218825c4f0fe0534409cde5d2a

参考動画はコチラ↓↓

続いて、逮捕された容疑者についての情報です。↓

名前 西中英樹

年齢 55歳

職業 鮮魚店経営

Facebook 職業や住所などから本人ではないかと思われるアカウントが一件見つかりましたが、断定はできないため掲載は控えさせていただきます。

動画を見ていただけるとわかりますが、歩いていた男性はフラフラの状態。

酔っぱらっていたのでしょうか?

この状態で車道に出てきたら、しかも深夜だと、よけるのは難しかったでしょう。

しかし、ひいてしまったドライバーはちゃんと救護活動をしています。

数人で手を振っていますので、普通なら「あれ?何かあったのかな」と減速すると思うのですが、このトラックは全く速度も落とさず通り過ぎていきましたね・・・。

夜だから見えなかった?

ネットではこんな声が上がっていました。

(Yahoo!ニュース コメント欄より引用)

明らかに人身事故なのも救護中なのもわかったはずなのに減速もせず轢き殺して逃げたって救護してた初めの加害者の目の前でだよね
自分が切っ掛けとはいえ、トラウマだわ…
救護者が轢かれてた可能性もあるけど轢かれなくて良かったね
逃げたトラックは捕まった後に
「自分が轢く前にはもう死んでいた」
「自分が轢いたから致命傷になったわけではない」
「救護していたなら分かるように誘導しておくべに」 のどれかしら主張しそう
それでも車両側の責任になるのでしょうが・・・
こんな転がり出てきたのを人として責任問うのは、どうかと思う。
本来 どうなのかと
後から更に踏んでくトラックは責任問われるのが筋ですね。
なんて悲惨な事故。
お気の毒です。
最初にひいてしまって救護活動してしている方のショックもとても大きいと思います。

現場について

事故は和歌山市西浜の県道で起きました。

問われる罪は?

警察はひき逃げ事件として逃げたトラックの行方を追っています。

(交通事故の場合の措置)
第七十二条 交通事故があつたときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員(以下この節において「運転者等」という。)は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。この場合において、当該車両等の運転者(運転者が死亡し、又は負傷したためやむを得ないときは、その他の乗務員。以下次項において同じ。)は、警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官が現場にいないときは直ちに最寄りの警察署(派出所又は駐在所を含む。以下次項において同じ。)の警察官に当該交通事故が発生した日時及び場所、当該交通事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並びに損壊した物及びその損壊の程度、当該交通事故に係る車両等の積載物並びに当該交通事故について講じた措置を報告しなければならない。

第百十七条 車両等(軽車両を除く。以下この項において同じ。)の運転者が、当該車両等の交通による人の死傷があつた場合において、第七十二条(交通事故の場合の措置)第一項前段の規定に違反したときは、五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
2 前項の場合において、同項の人の死傷が当該運転者の運転に起因するものであるときは、十年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

(引用元:道路交通法 第72条、117条

酔っ払いを車でひいてしまったらどうなる?罪には問われるの?

今回、亡くなった男性は酔っぱらっていた可能性もありますよね。

酔っぱらってフラフラだったり、路上に寝転んでしまったり・・・飲み会シーズンはたまに見かける光景です。(コロナ渦の今、なぜここまで酔っていたのか謎ですが)

車を運転する人からしたら、「いやいや、これを避けるのは無理でしょ」と思われるかもしれません。

このような状態になるまで酩酊してしまった人をひいてしまった場合、罪になるのでしょうか?

道の真ん中で寝ている人に気づかずひいてしまった場合は罪になるのか

道の真ん中で寝ている人に気づかずにその人を轢いてしまった場合、過失運転致死傷罪(自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律第5条)の成否が問題となります。
同罪は、「自動車の運転上必要な注意を怠り、よって人を死傷させた者は、七年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金に処する。」と規定しており、人を轢いてしまったことについて運転上必要な注意を怠ったこと、すなわち過失が存在することが要求されています。

引用 https://www.alg-plus.com/jiko/douroyopparaijiko/

完全に寝ていたら気づけないかもしれませんが、今回のように「歩いていた」という場合はなおさら、「運転上必要な注意を怠った」と言われてしまうかもしれませんね。

「もっと注意していれば気づけたんじゃないの?」と・・・。

では、逆に、車道に出てしまうほど酔ってしまった人に罪はないのでしょうか。

泥酔して路上で寝ている人に罪はないのか

道路における往来を妨害する犯罪として、往来妨害罪(刑法第124条題1項)があります。

同条は「陸路、水路又は橋を損壊し、又は閉塞して往来の妨害を生じさせた者は、2年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。」と規定しており、道路などの陸路を妨害すれば同罪が成立することになります。

また、道路法第43条第2号は「みだりに道路に土石、竹木等の物件をたい積し、その他道路の構造又は交通に支障を及ぼす虞のある行為をすること」を禁止しており、これに反すれば「一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金」に処されることになります(同法第102条第3号)。

もっとも、「泥酔している人が道路で寝てしまう行為のみでは上記罪にあたらない」とか、「泥酔していることから責任能力がない」というような判断がなされ、犯罪として成立しないと考えることも可能です。

引用 https://www.alg-plus.com/jiko/douroyopparaijiko/

亡くなった男性は寝ていたわけではありませんし、おそらく泥酔していた。

このことから考えると、やはり運転手側が悪いことになってしまうかもしれません。

ただ、ドライバーとしてどんなに注意していても避けられない事故はあります。

歩行者側も、自分の身を守るために、そしてドライバーの社会生活や家族を守るためにも、マナーはしっかり守る必要がありますね。

まとめ

和歌山市で起きたひき逃げ事件についての続報をまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 2021年1月30日深夜、和歌山市西浜の県道で、車にひかれた男性が、救護中にさらに別の車にひき逃げされ死亡する事件があった
  • 事故当時、男性はフラフラと歩いており、酩酊しているように見えた
  • 酔っ払いをひいてしまった場合でも、ドライバーは過失運転致死傷罪に問われることが多い

動画では、通りがかったドライバー数名で救護活動をしているのがわかりますね。

「これは、避けれなかっただろう」「他人事とは思えない」「助けてやろう」

そんな心理が働いていたのかもしれません。(単に、同じ車に乗っていた人たちなのかもしれませんが)

その輪をぶち壊すようなスピードで駆け抜けていったトラック・・・。

今、ドライバーはどこにいるのか?

ここまで情報が残っているのであれば、そう時間がかからず逮捕されるでしょう。

改めまして、亡くなった、男性のご冥福をお祈り申し上げます。

逃げたトラックについての情報が入り次第、追記していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

RELATED POST