事件

北九州市のペットサロンで預けた愛犬が謎の死。「虐待行為があった」という証言は本当か?飼い主がサロンを告発し、経営者は公式サイトで謝罪。相次ぐ動物虐待 根本にあるのは法律の問題だったかも?

シェパード虐待事件

今日取り上げるのは福岡県北九州市のペットサロンで、生後10か月の飼い犬(シェパード)が亡くなった事件についてです。

死亡したのは経営者の過剰な「しつけ」による虐待があったためだと、飼い主がメディアやSNSを通じて訴えています。

飼い主の男性は2021年1月28日放送の日テレ系情報番組「スッキリ」のインタビューに応じており、大事な家族を失った悲しみと怒りをあらわにさせていました。

SNS上では事実と異なる内容も拡散されているようですが、ここではJ-CASTニュースが報じた内容を中心に事件の概要をまとめていきます。

また、改めて、動物に虐待行為をした場合に問われる罪についても見ていきますので、最後までお付き合いください!

福岡県・北九州市 ペットサロン シェパード虐待疑惑事件の概要は?

J-CASTニュースの報道内容を元に、事件の概要をまとめます。

事件発覚の経緯

飼い主の20代男性は、出張が多いことから、20年6月から犬のしつけを兼ねて週に2、3回サロンに預けていた。

2021年1月12日、サロンから飼い犬が死にそうだと電話があり、病院に駆けつけると、すでに死亡していた。

経営者にその経緯を聞くと、経営者は、シャンプー中に犬が暴れたのでしつけをしたと説明し、事故だったとして謝罪してきたという。

飼い主は、こうした説明に納得がいかず、当時店にいた経営者運営の動物専門学校の生徒2人に後で聞くと、生徒らは、経営者による虐待があったと明かした。

事件当日の出来事(問題になっている虐待行為)

その証言によると、飼い犬は、ドッグランで遊んで泥だらけになり、この従業員と生徒2人の計3人でシャンプーを始めた。

そこに経営者が来て、「しつけ」だとして、犬の首輪を直接シンクの手すりにつなぐよう指示し、犬が嫌がって首輪を抜くと、押さえ付けて再びつなぎ、頭から水をかけることを繰り返しさせたという。

犬は、窒息したように一瞬気を失い、自力で立てなくなった。

死亡した犬のシャンプーは、通常は30~40分しかかからないところ、2時間ほどもかけていたという。

30~40分経っても回復せず、動物病院に連れて行くと、犬は口の中のものを吐いた。病院が心肺蘇生を試みたが、息を吹き返さなかったという。

飼い主が獣医に犬の解剖に出して毛を剃ってもらったところ、足の甲や脇に打撲の跡のような青あざができていたともいう。

飼い主の訴え

ペットサロンに預けたシェパード犬が死亡したのは、経営者の過剰な「しつけ」による虐待があったためだと、メディアやSNSを通じて訴えている。

※SNSなどの情報から、コチラ(@urim_ajp)が飼い主さんのInstagramアカウントと見て間違いないと思います。

ペットサロン側の対応

経営者は、死亡したのは事故だとサロンの公式サイトで述べ、起きたことを謝罪した。

サロンのある福岡県北九州市では、報道を受けて事実関係の調査に乗り出した。

北九州市動物愛護センターのコメント
このサロンは、市の動物取扱業に登録しています。飼い主から苦情は受けていませんが、報道を受けて、サロン側に事実確認をしています。警察が動いているかどうかは分からないです

このサロンを巡っては、2か月前に小型犬についての苦情がセンターに寄せられ、この件も事実確認している。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/1ac7da555659f2fabe35a3e389f911bb53a4bfec

続いて、事件があったペットサロンについての情報です。

SNSや別報道の情報を参考にしたところ、福岡県北九州市の「わんわんハウス若松店」であることがわかりました。

⇒ 参考:【画像あり】ペットショップの店長が犬の首を絞め殺害 わんわんハウス若松店 乾燥機 内部告発 @okuryusei51 捨て垢

報道を受けて、わんわんハウス若松店では以下のような謝罪のコメントを掲載しています。

この度わんわんハウス若松店にて生後4ヶ月から半年に渡りお預かりしていました犬が亡くなる事故がありました。
この様な事故が起きた事について、大変申し訳なく思っております。

飼い主様に対しましては、弁護士と相談の上、誠意を持って対応して参ります。

あわせて、この事故につきまして事実と異なる内容が一部のSNS等で拡散されており、お客様にはご心配をおかけ致しております。

皆様には、大変ご心配をおかけしました事、重ねてお詫び申し上げます。
今後もより一層のサービス向上に努めて参ります。

株式会社わんわんハウス
代表取締役 大山田真美

引用 http://www.wanwanhouse.jp/shop/wakamatsu.html

SNSを中心に多くの情報が拡散していますが、その中には明らかに事実とは違いそうなものもありました。

ただ、健康な状態だったシェパードがこのペットサロンに預けている時間帯に亡くなったのは事実のようなので、何らかの不適切な行為があったのは確かのようです。

子供への虐待でもそうですが、「しつけ」という言葉で虐待行為を正当化するのは間違いです。

従業員の証言が本当なら、人間で言えば「傷害致死」。

信頼して預けていたサロンでこんなことが起きてしまうなんて・・・、愛犬家の一人として、ご遺族の方に心から同情します。

しっかりと事実確認して欲しいですね。

ネットではこんな声が上がっていました。

(Yahoo!ニュース コメント欄より引用)

先日こちらの飼い主さんのインスタを拝見しましたが、あまりに酷い内容で悲しくて目も当てられませんでした。過剰な躾ではなく、虐待としか考えられない対応でした。亡くなってしまったシェパードくんは戻って来ませんが、2度と再発しないようこちらのトリミングサロンに厳罰な処罰が下ることを願います。
出張が多い人間が大型犬を飼う事が、そもそも間違い。最後10ヶ月って、まだパピーなのにどんだけ預けてるんだ。
散歩が少なければ問題行動も起こすし、躾だって毎日コツコツとやるもの。
虐待をして死なせたペットサロンはもちろん最悪だが、飼える環境のない飼い主が犬を飼うことはある意味、虐待。
この話が事実であるなら、この経営者は絶対に許されない。
徹底的な調査をお願いしたい。
厳しい事を言うが、この見ていた従業員も同罪です。
2時間もの虐待の間に止める事はいくらでも出来たはず。
それが出来て大人です。

現場について

事件は福岡県北九州市の「わんわんハウス若松店」で起きました。

動物は”物”じゃない!動物虐待の最高刑は懲役5年

コチラの記事でも書きましたが、世の中には犬好きな人もいればそうじゃない人もいます。

埼玉県・川口市で飼い犬のパピヨンがランニング中の男に蹴り殺される。リードを着けていれば防げた?犬の交通事故と咬傷事件の統計もチェック!

なので、犬を公共の場に連れ出す際には飼い主側にも配慮は絶対に必要。

ノーリードで連れて歩くのはマナー違反だと思います。

しかし今回の事件は、愛犬が全く無関係の第三者に危害を加えたわけではありませんよね。

仕事として、お金をもらって預かっていたわけですから、報道内容が事実であるならば飼い主に非はないと思います。

こういった虐待事件が起きる背景には、長らく法律では「動物=物」として扱われてきたことが要因の一つとしてあるのではないでしょうか。

刑法ではペットを傷つけることは、他人の物を損壊させることと同じ扱いになっています。(器物損壊罪)

(器物損壊等)
第二百六十一条 前三条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷害した者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料に処する。

(引用元:刑法 第261条

しかし、犬や猫などは動物愛護法の「愛護動物」にあたるので、みだりに殺したり傷つけたら愛護動物殺傷罪が成立します。

第四十四条 愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、五年以下の懲役又は五百万円以下の罰金に処する。

2 愛護動物に対し、みだりに、その身体に外傷が生ずるおそれのある暴行を加え、又はそのおそれのある行為をさせること、みだりに、給餌若しくは給水をやめ、酷使し、その健康及び安全を保持することが困難な場所に拘束し、又は飼養密度が著しく適正を欠いた状態で愛護動物を飼養し若しくは保管することにより衰弱させること、自己の飼養し、又は保管する愛護動物であつて疾病にかかり、又は負傷したものの適切な保護を行わないこと、排せつ物の堆積した施設又は他の愛護動物の死体が放置された施設であつて自己の管理するものにおいて飼養し、又は保管することその他の虐待を行つた者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

(引用元:動物の愛護及び管理に関する法律 第44条

これには、人に飼われていない野良猫や野良犬も含まれます。

2020年6月の法改正で懲役が2年 ⇒ 5年に引き上げられた経緯があるように、動物虐待に対する世間の目は厳しくなっています。

悪質な虐待は通報され、必ず罰せられますよ。

まとめ

福岡県北九州市の「わんわんハウス若松店」で起きた飼い犬の虐待事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 2021年1月12日、わんわんハウス若松店に預けていた飼い犬のシェパードが死亡した
  • 経営者は、シャンプー中の事故だったと説明したが、現場にいた動物専門学校の生徒2人が「経営者による虐待があった」と明かした
  • 動物の虐待行為は最高刑が懲役5年の犯罪である

数日前には、大阪で猫の虐待事件があったばかり。

大阪大学病院 臨床検査技師が飼い猫に「アルコールをかけ火を点けた」。大やけどした猫を自ら動物病院に運び込む。動機はストレス?動物虐待の実態とその心理

「ストレスで」「しつけのために」と、人間の身勝手な理由で犠牲になる動物たちが後を絶ちません。

そもそも「飼う」という行為自体が身勝手なのですから、せめて一緒に暮らしている間だけは「世界で一番幸せな犬(猫)にしてあげたい」という気持ちで接してあげて欲しいです。

人間の虐待と同じくらい世間の監視の目も厳しくする必要があるのではないでしょうか。

改めまして、亡くなったワンちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました!