事件

愛知県豊田市で76歳女性の遺体が見つかる。争った跡や凶器はなく、顔に打撲痕。事故?それとも事件なのか。深刻な人権侵害をもたらす報道被害問題についても考えてみよう

愛知県豊田市女性遺体発見

今日取り上げるのは、愛知県豊田市の住宅で、この家に住む76歳の女性の遺体が見つかった事件についてです。

女性の顔には打撲の痕があり、警察が事故と事件の両面で調べてるとのこと。

夫と二人暮らしで「第三者が侵入した形跡はない」とのことで、ネットでは様々な憶測が広がっています。

事件の概要をまとめると共に、人権侵害を招く報道の問題点についても見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

愛知県・豊田市 76歳女性 遺体発見事件の概要は?

東海テレビの報道内容を元に、事件の概要をまとめます。

※一部、実名は伏せてあります。

2021年1月23日午前、愛知県豊田市鴛鴨町の住宅で、寄田宗子さん(76)が1階のリビングで仰向けで倒れているのを同居する夫が見つけた。

夫から連絡を受けた親族が通報し、救急隊員が駆けつけたが、宗子さんはその場で死亡が確認された。

宗子さんの顔には打撲の痕があったが、争ったあとや凶器などは見つかっていない。

宗子さんは夫と2人暮らしで、第三者が侵入した形跡はないとのこと。

警察は関係者から話を聞くなどして慎重に調べている。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/1ab9707d152c87588868ed5086af8866820b985b

年齢も年齢ですし、「転倒して顔を打った」という可能性もありますよね。

普通はまず最初にその可能性を疑うんじゃないか?と思いますが、こうして記事として報道されると「警察は”事件性”がある」と見ているのかな?とも思えます。

実際の記事では夫の実名も公表されていたため、ネットでは、記事の書き方について「今の時点で報道するべきではないのではないか」「行き過ぎた報道なのではないか」と指摘する声が多く上がっていました。(Yahoo!ニュース コメント欄より引用)

2人暮らしで、第三者侵入の形跡なく、凶器等も見つからず女性の顔には打撲痕が・・もう犯人はこの人と言わんばかりの記事の書き方だけど、これ単なる事故や第三者の犯行だった時はちゃんと謝罪・訂正記事出さないといけないと思う。
亡くなられた奥様が転倒されて打ち所が悪かったのかもしれないですよね。記事を読んで違和感を感じてしまいました。もし、事故死だった場合 どうするつもりでしょう?自宅の写真やご主人の名前や年齢まで現時点で報道すべきなのでしょうか‥
転倒して顔を打ったかも知れないのに、
旦那さんの氏名や自宅まで撮られたり、
何だか記事によって差があり過ぎるな。。

現場について

事件は愛知県豊田市鴛鴨町の住宅で起きました。

報道被害はナゼ起こる?どうすれば防げるのか。

個人的には、ヤフコメにあったこんなコメントが印象的でした。

あまりにも夫が疑わしく書かれてるからこそ、擁護が増える救いも感じる
以前、離島で早朝にいなくなった高齢の妻が近くの廃校で絞殺されていた事件では、早朝に一人で出るはずないと夫を疑うコメントが並んだ
半端に推理の余地があると、身内を疑う推理で悦に入る人が現れる
結局犯人は別人だったし、誰も詫びのコメントは入れてなかったな。
まず親族に電話するのは怪しいって声あるけど、愛する家族が倒れて(多分息もしてなかったら)気が動転して110も119も思い浮かばないかも。
それで唯一短縮ダイヤルで登録してあった親族の電話にかけたとかさ。

なぜ、こういった「行き過ぎた報道」が起こってしまうのか。

「報道被害」の事例を紹介する書籍にはこのように書かれていました。

「報道被害」の事例を紹介しながら、著者は報道被害をもたらす原因として、次のようなものを挙げています。

  • 「他社よりも早く」というメディア同士の過酷な競争
  • 取材し報道する側と、取材される側の力の相違
  • メディアが犯罪報道の情報源を警察に過度に依存せざるを得ない状況
  • メディア経営陣と幹部に浸透している、利益至上主義を優先させる思想
  • 現場取材人とそれを指揮するデスクの人権感覚の欠如

引用 https://www.itmedia.co.jp/ebook/articles/1405/20/news016.html

確かに、「他社よりも先に、すっぱ抜きたい!」みたいな気持ちはあるでしょうし、それがないと報道の仕事は務まらないでしょう。

しかし、それで全く無実な人の人生を狂わせてしまうこともあるわけですから、慎重さも必要・・・このバランスが難しいんでしょうね。

これらの原因を踏まえ、著者は次の4つの施策を提言しています。

  1. 報道被害者の精神的、経済的負担を軽減するための救済制度づくり(市民グループ、弁護士グループの設立)
  2. 起訴されるまでの事件報道匿名化と警察情報の公開
  3. 商業主義に陥っているメディア経営陣や編集幹部にメスを入れる
  4. メディア内部に人権思想を浸透させる

利益に走れば人権が脅かされますし、人権を重んじ過ぎると競争に負けてしまう。

難しい選択です。

しかし、長い目で見れば、目先の利益に走らず人権を重視するメディアのほうが末永く読者に愛されるのではないでしょうか。

まとめ

愛知県豊田市の住宅で76歳の女性の遺体が見つかった件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 2021年1月23日午前、愛知県豊田市鴛鴨町の住宅で、76歳の女性が1階のリビングで亡くなっているのが見つかった
  • 女性の顔には打撲の痕があったが、第三者が侵入した形跡はなく、争ったあとや凶器などは見つかっていない
  • 行き過ぎた報道合戦が人権侵害など報道被害につながることがある

筆者も、リビングで寝落ちしていて、明け方に目が覚めて慌て過ぎてフローリングで滑って転んで顔を打ったことがあるんです。

家族が驚いて跳び起きてしまうくらいの転び方でしたので、、頬に打撲痕ができました・・・。

若くてもそんなこともあるので、70代ならなおさらのこと。

事故なのか事件なのか、今の段階では何も言えないと思います。

改めまして、亡くなった女性のご冥福をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

RELATED POST