自殺

コロナ感染で自宅療養中の30代女性が自殺。夫も娘も感染で責任を感じた?「自分がうつしたかも」という遺書が物語ることは・・・。コロナ鬱 症状と対策を知って自分や家族を守ろう。

東京都コロナ療養中女性自殺

今日取り上げるのは、コロナで自宅療養中だった30歳代女性が自殺により亡くなった件についてです。

女性は都内在住で、夫と娘との3人暮らし。

「自分が周りの人にうつしたかもしれない」という趣旨の遺書が見つかったそうです。

なぜ、女性はここまで思いつめてしまったのか。

概要をまとめると共に、コロナ鬱の症状や予防対策についても見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

東京都 コロナ自宅療養中女性 自殺の概要は?

読売新聞オンラインの報道内容を元に、事件の概要をまとめます。

東京都が2021年1月22日に発表した新型コロナ感染による死者9人のうち、1人は自宅療養中の30歳代女性だった。

都内の自宅マンションから遺書のようなメモが見つかっており、警視庁は、女性が自殺したとみている。

女性は夫と娘との3人暮らし。

今月に入って夫の感染が判明したため、PCR検査を受けたところ、娘とともに陽性と判明した。

メモには「自分が周りの人にうつしたかもしれない」という趣旨の内容が書かれていた。

都によると、女性は発熱があり、のどの痛みを訴えていたが軽症で、今月、亡くなる前日まで連絡が取れていた。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/2dd1383661793878107521a7c784e3c7ee29559d

この件について小池都知事は、「感染された方の心のケアが必要だと強く感じた」とコメントしています。

ネットではこんな声が上がっていました。(Yahoo!ニュース コメント欄より引用)

自殺はしないけど、自分も「これもコロナ鬱かな?」って感じる事が色々ある。
ここ半年くらい物事が全然決められなかったり、室内を片付けてる気力が全く無かったり、家から全く出る気が起こらなかったり…

このお母さんも日常の疲れやコロナ鬱で心身のバランス崩してたんだろうな。
悲しいな。。。

第一波の緊急事態宣言中、東北大教授の押谷仁教授が仰っていた
このままの状況が続くと人は生きる希望を失います…と
世界中で同じ状況ですが、日本でも生きる希望を失ってしまった人は相当数いると思います
こんな状況、いつまで続けるんでしょう
ウィルスを広めるのも封じ込めるのも人間なのに
コロナ鬱になったけどとにかくテレビつけるとコロナのニュースばかりやっていてノイローゼになるからテレビは見ないで規則正しい生活に戻し適度に運動して部屋の掃除などしてたら治りました

コロナ渦で女性の自殺が増加していることもあり、世間の関心も高いことがうかがえました。

もしかしてコロナ鬱?こんな変化があったら要注意!

今回の件について、ネットでは「コロナ鬱だったのではないか?」という声が多数上がっていました。

ここ数ヶ月、よく耳にするようになった言葉ですが、コロナ鬱とは具体的にどのようなものなのか。

改めて、その症状をまとめてみます。

コロナうつは、インターネットやメディアが作り出した言葉で定義が明確に定められていないこともあり、コロナうつとうつ病の線引きはありませんが、次のような症状が毎日のように続く場合は受診を検討しましょう。

  • 気分が落ち込む、憂鬱である
  • 食欲がない、または過食気味である
  • 夜眠れない、または過眠気味である
  • 気力がわかない
  • 以前は楽しかったことも楽しめない、または興味がもてない
  • 仕事に行けない、家事が手につかない
  • 集中力が続かない
  • 自分を責めすぎる
  • 死について何度も考えてしまう

引用 https://maomedical.com/column/2204/

こういった症状が2週間以上続いているなら、心療内科などを受診したほうが良いかもしれません。

亡くなった女性は、まさに「自分を責めすぎる」という傾向が強くなっていたのでしょう。

誰か周りにいる人が気づいてあげられたら良かったのでしょうが、ご家族もコロナを発症していたわけですからそれも難しかったのではないでしょうか。

やはり、こういう症状が出る前になんらかの対策をとって自分の心身をコントロールする必要がありそうです。

効果的な対策としては以下のようなことが挙げられています。

  • 適度な運動をする
  • 新型コロナウイルスの情報と距離を置く
  • 興味のあることを始める
  • 周囲の人とのコミュニケーションを心がける

引用 https://maomedical.com/column/2204/

筆者は、コロナ渦で宅トレにハマりました。

最初は運動不足解消のために始めたのですが、今はメンタルコントロールのために続けています。

運動するとセロトニンやエンドルフィンといった心を安定させるための脳内物質が安定的に分泌されます。

「運動は苦手なんだけど」という方も、まずは数分程度の動画から始めてみてはいかがでしょうか。

私のおすすめはコチラ↑↑ですが、最初はもっと短い時間(4分くらい)の動画から始めてみると良いと思います。

音楽に合わせて動いているだけでも、気分上がりますよ!

普段、どんなにポジティブな人であっても、これだけ世の中が閉塞していれば一時的に心が不安定になることがあってもおかしくありません。

「鬱なんて自分とは関係ない」と思っている人ほど症状を見過ごしてしまいやすいので、些細なことでも「あれ?」と思う変化があった場合は誰かに打ち明けてみたり、専門医を受診することをおススメします。

まとめ

東京都で、自宅療養中だったコロナ感染者の女性が自殺した件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 都内在住の30代の女性が、自宅療養中に自殺で亡くなった
  • 夫と娘も感染が確認されており、「自分が周りの人にうつしたかもしれない」という趣旨の遺書が残されていた
  • 誰でもコロナ鬱になる可能性があるため、異常を感じた場合は早めに対処することが大事である

どんなに気を付けていても、同じ家の中に住んでいれば感染リスクはあります。

また、これだけ感染者数が増えている現状では、いつ、どんなキッカケでウィルスをもらってしまっても不思議ではない。

感染されたみなさんは、どうか自分を責めることがないように。

また、まだ感染していない方も「明日は我が身」です。

その人を責めたり誹謗中傷したりする行為は絶対にやめましょう。

改めまして、亡くなった女性のご冥福をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました!