事件

大友早苗 Facebookは?秋田県由利本荘市で殺人事件発生!40歳の長女が67歳の母を刃物で殺害。動機は?なぜ家族間で事件が起きてしまうのか。問題は育て方なの?自立できる人間に育つ教育術とは。

由利本荘殺人事件

今日取り上げるのは、秋田県由利本荘市の住宅で、40歳の女が67歳の母親を刃物で殺害した事件についてです。

無職・大友房子さん(67)が亡くなり、長女の大友早苗容疑者(40)が殺人の容疑で緊急逮捕されました。

房子さんは長男と早苗容疑者と3人暮らしだったとのこと。

成人した子供が親と同居している世帯で家族間殺人が起きるというパターンがここ数週間、続いています。

この家族にどのようなトラブルがあったのでしょうか。

事件の概要をまとめると共に、自立できる人間に育つ教育術についても見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

秋田県由利本荘市 同居母親殺害事件の概要は?

IBC岩手放送、読売新聞オンラインの報道内容を元に、事件の概要をまとめます。

2021年1月15日午後10時半ごろ、秋田県由利本荘市鳥海町の男性から「母親が血を流して倒れている」と警察に通報があった。

警察がかけつけたところ、無職・大友房子さん(67)が自宅1階の居間で倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認された。

警察は同居する長男と長女から事情を聴いていたが、16日未明、房子さんを刃物で殺害した疑いで長女の大友早苗容疑者(40)を緊急逮捕した。

早苗容疑者は容疑を認めている。

房子さんは長男と早苗容疑者と3人暮らしだった。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/3be8979b5d600b634e1b0290777a98d0f180908d

参考動画はコチラ↓↓

続いて、早苗容疑者についての情報です。

名前 大友早苗

年齢 40歳

職業 無職

住所 由利本荘市鳥海町下笹子

Facebook 同姓同名のアカウントは複数ありましたが、本人のものと断定できるアカウントは見つかりませんでした。

30代後半~50代で無職、実家で親と同居 ⇒ 親を殺害。(もしくは親が子を殺害)

ここ数週間、このようなパターンの事件が多いように感じます。

岩永八重子 Facebookは?鹿児島県出水市で殺人未遂事件発生!68歳の母親が39歳の息子の首を絞める。「一緒に暮らしていくことが嫌になった」の真意は?他人事じゃない、中高年ひきこもりのリアル

本多新 顔画像 Facebookは?千葉・流山で殺人事件発生!母と娘、二人が包丁で刺されて死亡。「母と姉刺した」と出頭した長男の動機は?親族間で起きる殺人事件の根っこにある心理とは・・・

日本はもともと家族間での殺人事件が多い国でしたが、それにしても・・・という感じですね。

これも、コロナ渦で職を失ったり、外出が規制されていたりすることが原因なのか。

ネットではこんな声が上がっていました。

母親を殺害した女性は何か精神的に病んでいたのかなと思ってしまう。悲惨な事件ですね。

どういう経緯があって3人暮らしだったのか分からないですが、
同居してストレスを溜めるなら、子は自立して暮らしていた方がいいのに。。

自分の親だとストレス溜まっても仕方ないと諦めるんだけどね。

母親は殺され、妹が犯人、お兄さんは大変だ。

(Yahoo!ニュースコメント欄より引用)

現場について

事件は秋田県由利本荘市鳥海町下笹子の住宅で起きました。

問われる罪は?

早苗容疑者は殺人の容疑で逮捕されています。

(殺人)
第百九十九条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

(引用元:刑法 第199条

どうすればうまくいく?自立できる人間に育つ教育術

早苗容疑者がどのような事情で実家で暮らしていたのかはわかりません。

もしかしたら、亡くなった房子さんには持病などがあり、介護するために家に戻ってきたという可能性もありますよね。

なので一概には言えませんが、家族同士の距離感が近過ぎたことが関係性を悪化させてしまったのではないか?と思えてなりません。

こういった事件を見聞きする度に、「自分と母親、そして自分と娘もいつかこんな風になってしまうんじゃないか・・・」と不安になったりもします。

というのも、私自身も親や子供との関係性に悩み、決定的な解決策を得られずにいるからです。

おそらく、同じようなことで悩んでいる方は少なくないのではないでしょうか。

どうすれば、子供と良い関係性を築いていけるのか。

将来的に、「家族間殺人」なんてことにならないためには、子どもとどう関わっていけば良いのか・・・。

悩み多き日々を過ごしていたところ、「なるほど!」「今日から試してみよう」と思える動画に出会えましたのでシェアします!↓↓

将来的に自立できる人間に育てるためには、子どもの頃からの関わりにおいて、子どもを一人の人間として「尊敬」する姿勢がとても大事。

「どうせできないだろう」「どうせ失敗するだろう」

そう思っても、あえて「いや、もしかしたらできるかもしれないじゃないか」と信頼して任せてみる。

そんなスタンスで関わっていくことが大切なのだそうです。

・・・正直なところ、筆者も、ついつい子供に対して余計なおせっかいを焼き過ぎているところがあるなと反省させられました。

それって結局、子どものことを信用していないからなんですよね。

たとえば、みなさんもこんなこと↓↓に心当たりはありませんか?

例えば、親元から離れて働いている子供に対して、インフルエンザが流行っているときに、親は子供にどんな注意をするかを考えてみます。

  1. 「インフルエンザが流行っているから、気を付けてね」→ 親の気遣いが伝わります。
  2. 「インフルエンザが流行っているから、うがいを忘れないで!ちゃんとご飯食べるのよ。部屋の暖房は大丈夫なの?栄養のあるものを送るからちゃんと食べてね・・・・・」→ 「わかっているよ!もう、うるさいな~」となりかねません。

離れて暮らしているので心配になることは分かりますが、すでに1人で暮らす程に自立している子供に対して、少し親の過干渉になっていないでしょうか?

引用 https://www.syougai.metro.tokyo.lg.jp/sesaku/communication/list/21.pdf

これはまさに、うちの母親ですね。

母親のお節介や過干渉が、そのまんま私にも継承され、同じことを娘にもしてしまっているんです・・・。

こういう連鎖に気付き、直したほうが良いなと思う部分は改善していく。

そんな小さな努力の積み重ねが、子供との間に強い信頼関係を築き、自立して食べていける人間を育てることにつながっていくのでしょう。

早苗容疑者と房子さんの関係性がどうだったのかはわかりませんが、お互いに一人の大人として自立した存在として向き合うことができていれば、このような事件は回避できたのではないかと思えてなりません。

まとめ

秋田県由利本荘市で、40歳の女が母親を刃物で殺害した事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 2021年1月15日夜、秋田県由利本荘市鳥海町で、大友房子さんが自宅1階の居間で倒れているのが見つかり、死亡が確認された
  • 長女である大友早苗容疑者が殺人の容疑で緊急逮捕された
  • 家族間殺人の多くは、お互いに自立できていない親子関係が原因であるケースが多い

個人的には、ヤフコメにあったこんなコメントが印象的でした。

こういう事件があると、すぐに親の育て方うんぬんに
直結する人がいますが、一生懸命に育てたとしても、
生まれ持った気質の影響も多大だと思います。
殺人者にしようと思って育てる親はいないのだから。

本当にその通りで、、誰もが子どもに対しては「幸せになって欲しい」という想いをもって関わっていると思います。

ただ、その愛情がまっすぐ届かなかったり、違った受け止め方をされてしまったりするから、関係性はこじれてしまう。

改めて、親子関係の難しさを痛感させられる事件でした。

亡くなった房子さんのご冥福をお祈り申し上げます。

詳しい情報が入り次第、更新していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

RELATED POST