事件

藤田啓文 顔画像 Facebookは?京都府亀岡市で殺人事件発生!30歳の男が25歳の元妻の首を絞めて殺害。夫婦げんかをめぐって110番通報も?離婚後も同居していた理由とは。DV男 ハマる女性の心理

京都府亀岡市元妻殺害事件

今日取り上げるのは、京都府亀岡市の集合住宅で女性の遺体が発見された事件についてです。

遺体は松池ひなのさん(25)であることが明らかとなり、元夫で無職、藤田啓文容疑者(30)が殺人の容疑で逮捕されました。

12月には夫婦げんかをめぐって110番があり、警察が駆け付けたこともあったとか・・・。

DVなどの事実は確認されていないということですが、本当に暴力はなかったのでしょうか。

事件の概要をまとめると共に、DV男にハマる女性心理についても見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

京都府・亀岡市 25歳元妻殺害事件の概要は?

産経新聞の報道内容を元に、事件の概要をまとめます。

藤田啓文(ひろふみ)容疑者(30)は2021年1月上旬、京都府亀岡市下矢田町の集合住宅で元妻の松池ひなのさん(25)を殺害した疑いがもたれている。

松池さんの首にはひもで絞められたような痕があり、死後数日が経過しているとみられる。

1月15日午前9時45分頃、藤田容疑者が京都府警亀岡署を訪れ、「妻を殺した」と申告。

署員が集合住宅を確認したところ、寝室のベッド上で遺体を発見した。

昨年12月5日には松池さんから夫婦げんかをめぐって110番があり、署員が駆け付けたが、同署はドメスティックバイオレンス(DV)などの事実は確認していないとしている。

2人は当時は結婚していたが、その後離婚し、同居を続けていたとみられる。

※その後の調べで、藤田容疑者は、「自分も死のうと思った」と供述していることがわかりました。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/99fde62633bfe0a35df803ef7d03c4c76796c11a

続いて、藤田容疑者についての情報です。

京都府亀岡市元妻殺害事件 藤田容疑者

名前 藤田啓文

年齢 30歳

職業 無職

住所 京都府亀岡市下矢田町

Facebook 本人のものとおもわれるアカウントは見つかりませんでした。

警察が駆け付けるレベルの激しい喧嘩をしていた二人。

本当にDVはなかったのでしょうか?

また、そこまで関係がこじれていたのに離婚後も一緒に暮らしているというのも不可解です。

コロナの影響で離職してしまって金銭的に余裕がないなどの事情があったのかもしれませんね。

ネットではこんな声が上がっていました。

大抵、離婚したら出て行くもんだろ。
でも、殺害は許されないな。
自首だろうが何だろうが、厳しい罰を。
自首しても罪を軽くするのを辞めろ。
日本政府には出来ないか。犯罪者の味方だから。被害者何か可哀想とは思わないもんな。

偽装離婚って事?

無職が平気な野郎と結婚なんかしたりすると、
大変だ。

(Yahoo!ニュースコメント欄より引用)

現場について

事件は京都府亀岡市下矢田町の集合住宅で起きました。

問われる罪は?

藤田容疑者は殺人の容疑で逮捕されています。

(殺人)
第百九十九条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

(引用元:刑法 第199条

なぜ?DV男にハマる女性の心理

今回、DVの事実は確認されていなかったとのこと。

しかし、警察沙汰になるような夫婦喧嘩をし、その数週間後には首を絞めて殺しているのですから、やはり藤田容疑者に暴力的な傾向があったのは間違いないでしょう。

では、なぜひなのさんは彼から離れられなったのか。

離婚してもなお一緒に暮らしていたのはなぜなのか。

そこには、DV男にハマる女性ならではの心理が見て取れます。

DV男にハマる女性の特徴
  • なんでも自分が悪いと思ってしまう
  • 情にほだされやすい
  • 嫌われることを異様に恐れている
  • 世話好き
  • 口喧嘩が弱い
  • 友達がいない

引用 https://renai-sippai.info/dv-women-tokucho/

ひなのさんはどうだったかわかりませんが、一般的に、DV男にハマる女性は自己評価(自己肯定感)が低い傾向があります。

「自分に釣り合う男なんてこんなもんだろう」と自分を低く評価してしまうため、DVするような男とばかり付き合ってしまう。

そして、そのネガティブなループは一度陥るとなかなか抜け出せなくなってしまうのです。

また、友達がいない女性も、DV男に依存しがち。

暴力から逃れるよりも、別れた後ひとりぼっちになることの方が恐怖に感じてしまうのです。

だから、たとえ相手がDV男だったとしても、自分と繋がっている縁を切りたくないと思ってしまうのでしょう。

では、どうすればDV男にハマってしまうループを断ち切れるのか。

  • 証拠を残しておく
  • 親しい人に相談する
  • 専門機関に相談する
  • 関係を断ち切る覚悟を決める
  • 日々の暮らしで「自己コントロール感」「自己効力感」を高める

引用 http://www.boraxx.org/escape-domestic-violence/

最も大事なことは、「自分がDV男にハマりやすい気質だ」と気づいて認めることです。

そのうえで、「多少のリスクを伴っても絶対に別れる」と心に誓うこと。

住居も仕事も、なんなら人間関係の全てを変えるくらいの覚悟が必要かもしれません。

「もうこんな恋を繰り返したくない」という覚悟がブレると、また同じことを繰り返してしまいます。

「あなたは、幸せになってもいいんだよ」「もっと自分を大事にしてくれる人に出会えるよ」

と、何度でも自分に言い聞かせて、自分自身に対して「幸せになる許可」を与えてあげることが大事ですね。

まとめ

京都府亀岡市で、30歳の男性が元妻の首を絞めて殺害した事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 藤田啓文容疑者は2021年1月上旬、京都府亀岡市の自宅で元妻の松池ひなのさんの首を絞めて殺害した
  • 約1ヶ月前には、夫婦げんかをめぐって110番があり、警察がかけつけていた
  • 2人は離婚後も同居を続けていた
  • DV男にハマる女性には「自己評価が低い」という特徴がある

DV男は、暴力をふるった後に優しくしたり泣いて謝ったりと”情”に訴える行動を取ることが多いです。

だから女性側は、別れを決意しても結局許してしまう・・・。

そうやってだらだらと関係が続いてしまうことが多いようです。

ある意味では女の扱いがとても上手いので、ついつい離れられなくなってしまうのかもしれません。

ひなのさんも、だから離婚後も藤田容疑者から離れられずにいたのでしょうか。

詳しい動機など、詳細な情報が入り次第追記していきます。

改めまして、亡くなったひなのさんのご冥福をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

RELATED POST