事件

梁競心 Facebookは?同志社大生が友人に殴る蹴る、熱湯かけるなど暴行を加え全治2週間のケガ!動機は「資料のできが悪い」? キレやすい人の10の特徴と、今すぐ距離を置くべきヤバい人の見分け方

同志社大学 女子学生傷害事件

今日取り上げるのは、京都市中京区で、同志社大学に通う女が、友人に熱湯をかけるなどの暴行を加えけがをさせた事件についてです。

中国籍の梁競心容疑者(26)が傷害の容疑で逮捕されました。

梁容疑者は、同じ大学に通う日本人女子学生(22)の顔面を殴ったり蹴ったりし、さらに首元に熱湯をかけるなどの暴行を加えたとのこと。

動機は「頼んでいた資料の完成度が低い」ということだったようですが、二人は本当に”友人”だったのか?

事件の概要をまとめると共に、キレやすい人の特徴、そして距離を置くべき人間関係の見分け方についても見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

京都市・中京区 女子大生傷害事件の概要は?

ABCニュースの報道内容を元に、事件の概要をまとめます。

同志社大学に通う中国籍の梁競心容疑者(26)は、2020年11月、京都市中京区にある自宅で、同じ大学に通う日本人女子学生(22)の顔面を殴ったり蹴ったりし、さらに首元に熱湯をかけるなどの暴行を加え、全治2週間のけがをさせた疑いが持たれている。

警察は、傷害の疑いで梁容疑者を逮捕した。

梁容疑者はこの女子学生に大学院進学のための資料の作成を依頼していたが、完成度が低いことに不満を持ち、暴行に及んだとみられている。

梁容疑者は警察の調べに対し「やっていません」と容疑を否認している。

警察はトラブルの経緯などを詳しく調べている。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/fb94cf1f478a893722d6a4e76385dc7638faba39

続いて、梁容疑者についての情報です。

名前 梁競心

年齢 26歳

国籍 中国

職業 大学生(同志社大学)

住所 京都市中京区

Facebook 本人のものとおもわれるアカウントは見つかりませんでした。

そもそも大学院進学の資料作成を他人に頼むという時点でアウトですが、さらにその完成度が気に入らないという理由で暴行するというのはちょっとヤバい人なんじゃないか・・・という気がします。

普通に考えたら、ちょっと完成度がイマイチでも「ありがとう」という言葉が出てくるのではないかと思うのですが、一体二人はどんな関係性だったのでしょうか。

この記事の情報から判断すると、ちょっとした主従関係ができていたようにも感じ取れます。

ネットでも、二人の関係性について疑問視する声が多く上がっていました。

中国籍の26歳の学部生というツッコミどころの多い犯人に目が行きがちだが、気になるのは被害者との関係性だ。
たまたま手伝って貰った時にブチ切れたのか、それとも主従関係が常態化していたのか、この記事だけでは判別がつかない。

もし後者だとしたら、事態の改善がされないままついに暴力を受けてしまったことになる。
同志社は「良心教育」を建学の精神として標榜しているが、良心に任せるままとはいかない事件が起こったことをどう思っているのだろうか。

友人に熱湯って、友人じゃないよね。人に願書を作らせて、大学院に入って何をしようというのか。勉強の前に人間として一からやり直した方がいい。

いったいどういった関係なのか全く理解ができない。日本人の学生もなぜこんなやつと一緒にいて、資料作成を手伝って?いるんだか。小さな皇帝(女子だけど)状態のひとなんでしょうね。自分の思い通りにならないとすぐ切れるっていう・・。

(Yahoo!ニュースコメント欄より引用)

現場について

事件は京都府中京区のマンションの一室で起きました。

問われる罪は?

梁容疑者は傷害の容疑で逮捕されています。

(傷害)
第二百四条 人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

(引用元:刑法 第204条

すぐブチ切れる人の心理とは?今すぐ距離を置くべきヤバい人の特徴もチェック!

残念ながら、他人と過去は変えられません。

変えられるのは自分と未来だけです。

なので、こういった事件に巻き込まれないためには、ある程度「人を見る目」を鍛えておく必要があります。

梁容疑者のようにちょっとヤバいキレ方をする人にはどんな心理や行動傾向があるのでしょうか。

まずは、キレやすい人の10の特徴をチェックしてみましょう。

  1. 驚くほどすぐに熱しやすく冷めやすい・・・すぐにキレる人は、思うようにならないとすぐに怒鳴るものの、忘れるのも早いという特徴があります。
  2. プライドが高いのでメンツを保とうとする・・・自分のメンツを大切にしているため、体面を保つことに必死です。
  3. とにかく自分がかわいいナルシスト・・・自分大好き人間であり、自分が人にけなされることや、人より劣ることは耐えられない!だから先にキレるのです。
  4. 自分の考えが常に正しいと思っている・・・視野が狭く、自分の物差しでしか世の中を推し量ることができません。
  5. 事前に報告や相談をすることを求める・・・基本的に自分が話題の中心にいないと怒るタイプですので、事前に報告や相談がないとないがしろにされたと考えてキレます。
  6. 少しでも自分に不利益なことが許せない・・・自分にとって有利か不利かに敏感な人は、少しでも自分が不利益となる状況が許せません。結論を先に伝えると、キレられて説明できる状態ではなくなることが多いものです。
  7. ふつうは気づかない細かなことが気になる・・・「そんなこと?」と他の人が思うようなことでもキレやすいです。
  8. まわりの人からの評価が気になる・・・横暴な振る舞いをしながらも、まわりの人の自分に対する評価を気にしています。自分がどう見られているか、意外と気になっているのです。
  9. 強そうに見えても意外に実は小心者・・・自分を大きく見せたいと思いながらも、実は小心者。先に自分がキレるという手法に出がちです。キレやすい人で、強い人にも構わずキレる人はなかなかおらず、弱い人にキレやすい傾向があります。
  10. 怒ることで自分の立場をつくりたい・・・自分が職場やグループ内で上の立場にいることを示す目的でもキレます。

引用 https://tabi-labo.com/204773/go-ballistic-ppl

すぐキレる人は、ある意味では「キレること」で自分を守っているとも言えるのかもしれません。

「受け流す」「毅然とした態度をとる」「相手に迎合しない方法でキレても無駄と思わせる」というのがベストな対処法のようですが、今回の二人のように関係性が一度固定してしまうとそれを覆すのはなかなか難しいと思います。

なるべくなら、「コイツ、ちょっとヤバいな」と思ったら早いうちに距離を置くのが賢い生き方ではないでしょうか。

メンタリストDaiGoさんのコチラの動画もとても参考になりました!↓↓

  • マキャベリスト・・・他人を操って自分の利益につなげる
  • ナルシスト・・・いわゆる”自己中”
  • サイコパス・・・共感性が極端に低い
  • サディスト・・・他人が苦しんでいるのを見て喜ぶ

この4つの傾向がある人物との付き合い方は、要注意です!

また、「もしかして自分ってヤバいやつなんじゃないか?」と我が身を振り返ってみることも大事ですね。

まとめ

同志社大学に通う中国籍の女性が、同じ大学に通う友人に暴行を加えケガをさせた事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 中国籍の梁競心容疑者は、2020年11月、同じ大学に通う日本人女子学生の顔面を殴ったり蹴ったりし、さらに熱湯をかけるなどの暴行を加え、全治2週間のけがをさせた
  • 女子学生に依頼していた大学院進学のための資料の作成の完成度が低いことに不満を持ったことが犯行の動機とみられる
  • すぐキレる人の心理や特徴を知り、なるべく近づかないようにするのが最善の自己防衛法である

キレやすい人は、他人の些細な言葉に敏感に反応してしまいます。

うまくやっていくには、不用意な発言に気を付けたり、「私はあなたの敵じゃありませんよ」と行動で示したり・・・と、こちらがかなり頭を使わないといけません。

この女子学生も、神経をすり減らすような思いで付き合ってきたのではないでしょうか。

しかし、もっと引いた目線で考えてみれば、そんな関係を続けていても全く意味がありません。

ぜひ、早い段階で相手の本質を見極め、上手に距離を置くことをおススメします。

なにはともあれ、女子学生の1日も早い回復をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました!