事件

福岡県筑紫野市で殺人事件発生!64歳の娘が90歳の母親の首を絞めて殺害。動機は介護疲れ?親の介護は義務なのか。介護できない場合はどうすれば良いの?

福岡県筑紫野市美しが丘南 殺人事件

今日取り上げるのは、 福岡県筑紫野市美しが丘南で、64歳の娘が90歳の母親を殺害した事件についてです。

逮捕されたのは、牧瀬啓子容疑者(64)。

年齢から考えると、介護疲れの末の犯行だったのでしょうか。

事件の概要をまとめると共に親の介護義務についての法的な定めや、介護できない場合の対処法について見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

福岡県・筑紫野市 90歳母親殺害事件の概要は?

日本テレビの報道内容を元に、概要をまとめます。

福岡県筑紫野市美しが丘南の無職・牧瀬啓子容疑者(64)は、2021年1月8日の夜から9日未明までの間に、自宅で母親の堤雅子さん(90)を布製のひものようなもので首を絞め殺害した疑いがもたれている。

別居の家族が寝室で倒れている堤さんを発見し、警察に通報して発覚した。

牧瀬容疑者は容疑を認めており、警察が殺害に至ったいきさつなどを調べている。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/0c4b826ddad3a9a2ddc06ca4703f39df94089867

参考画像はコチラ↓↓

介護疲れの末、思いつめて・・・という犯行であれば、これは誰にでも起こり得る出来事だと思います。

正直、個人的には「容疑者」と呼んでしまうことも抵抗を感じますね・・・。

ネットでも娘に対して同情的な声が多く寄せられていました。

うちは認知症の母89歳、私は64歳。認知症の父92歳は施設にお世話になっています。
私の収入は0で、両親の蓄えで施設費用や生活費を賄っています。これで母まで施設にお世話になったら金銭的にやってゆけなません。だから、今の生活から逃げ出したいけれど、どうしようもない。
父母には若い時から苦労かけたので、もっと優しく介護しなければと毎晩反省しているけれど、朝一から訳のわからない事をずっと言い続けられたら理性が壊れてしまう。黙らせるために思わず首をしめた事も数回ある。叩いた事も数えきれない。
それにこの事件、私の住まいの割と近い所で起きた事件だった。明日は私が記事になっているかもしれませんね。

こういうケースは、通常の殺人と罪をわけてほしい。
みんなわかってると思う。
介護の末の殺人ということ。
苦労して介護してきて辛い思いをし、最後の選択をした結果、自分の人生奪われるって。

親が一番辛いのは、自分が殺される事よりも子どもを殺人犯にしてしまう事だと思います。

自分も昔身内の介護経験がありますが、はっきり言って壮絶でした。早くお迎えが来て欲しいと呟かれる度に、どうして良いのか分からず俯いていました。
そして危篤になるたび、懸命になられるお医者さんを見て複雑な思いになった事もあります。

とてもとてもお世話になった方でした。かなりの人格者で、今も会いたいと強く思いますがそれは、元気だった頃の故人なのです。
介護は、する方もされる方も変わってしまいます。

自分は、皆が同意できるならば安楽死も決して否定は出来ません。

(Yahoo!ニュースコメント欄より引用)

現場について

事件は福岡県筑紫野市美しが丘南の住宅で起きました。

問われる罪は?

牧瀬容疑者は、刑法第199条(殺人罪)で逮捕されています。

(殺人)
第百九十九条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

(引用元:刑法第199条

親の介護は義務なの?どうしてもできない場合はどうすれば良いのか。

ここ数年、「介護疲れ」の末と思われる殺人事件が増えています。

今回、なぜ牧瀬容疑者がこのような犯行に及んだのかまだ動機はわかっていませんが、年齢的なことを考えると「介護」の問題があったのではないかと推測できます。

苗字が違うことから、おそらく牧瀬容疑者は結婚していて家庭があるのでしょう。

家庭生活と介護の両立に悩んでいた可能性もありますよね。

そもそも、「子供が親の介護をする」というのは絶対的な義務なのでしょうか?

専門家は次のように語っています。

法律専門家の見解①

法的に親の介護をする義務はありません。

扶養義務はありますが、扶養義務者に余裕がない場合にはその扶養義務もありません。

あなたが、諸事情から介護をしたくないのであれば、しなくても法的責任を言われることはないでしょう(高齢者が虐待などにならないように注意して下さい)

後は、周囲からの道義的非難をどう見るか、ご自分の親に対する責任の取り方というあなたの心の問題が残るのみです。

法律専門家の見解②

確かに民法上親子間では扶養義務はあります(877条1項)。

ただ,あくまで相談者に余裕がある場合です。

相談者の生活を差し置いてまで扶養する義務はありませんし,介護となるとそれなりの労力を必要としますから,そこまでの義務はないと思います。

引用 https://www.bengo4.com/c_3/c_1150/b_274860/

なるほど・・・、「扶養」とは「生計を営めない者の生活を他者が援助すること」ですから、極端な表現をすれば経済的な援助だけでOKだということです。

では、扶養義務があるのに全く面倒を見なかったとしたらどうなるのか?

これは、刑法第218条の「保護責任者遺棄等」で罰せられる可能性があります。

(保護責任者遺棄等)
第二百十八条 老年者、幼年者、身体障害者又は病者を保護する責任のある者がこれらの者を遺棄し、又はその生存に必要な保護をしなかったときは、三月以上五年以下の懲役に処する。

(引用元:刑法第218条

ただし、経済的な事情でどうしても親の介護ができないという場合は、次のような対処法もあります。

  • 生活に余裕がない意思表示をする
  • 親のお金で介護施設に入居してもらう
  • 親の生活保護を検討する

引用 https://www.unimat-rc.co.jp/media/nursingcare-obligation

何をもって「余裕がある」と判断するかは、人によっても基準が違うのでかなり難しい問題のように思われるでしょう。

しかし、それは家庭裁判所が審判しますので、本気で「今の私には親の生活を背負うのは無理だ」と思うのであれば市町村の窓口で相談してみましょう。

無料の法律相談など開催しているはずなので、的確なアドバイスをもらえるはずです。

一人で解決するしかない場合は、とにかく一人で抱えずに誰かに相談することが自分の生活や心を守ることにもつながります。

自治体の介護相談窓口、親のかかりつけ医など、積極的に「外の誰か」に対してアプローチすることをおススメします。

まとめ

福岡県筑紫野市で64歳の娘が90歳の母親を殺害した事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 福岡県筑紫野市美しが丘南の牧瀬啓子容疑者は、2021年1月8日深夜、自宅で母親の堤雅子さんの首を絞め殺害した
  • 母親は、寝室で布製のひものようなもので首を絞められた状態だった
  • 親の介護は「義務」ではなく、できない場合は対処方法もある

寝室での犯行だったこと。

また、犯行の後、逃げも隠れもせずに牧瀬容疑者も自宅にいたことなどから考えても、やはり「介護の末の・・・」という可能性が高いのではないでしょうか。

介護を経験したことがある方でなければわからない苦悩、心の葛藤などあったのかもしれません。

少子高齢化が加速する日本では、今後も同じような事件は後を絶たないでしょう。

正直、自分も同じ立場に置かれたら同じことをしてしまうかもしれません。

高齢の親が健在なら、誰にとっても他人事ではない事件だと思います。

今後の捜査に注目し、新しい情報を追記していきます。

改めまして、亡くなった雅子さんのご冥福をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました!