科学

コロナ感染のネコ、回復後も肺に深刻なダメージ?東京大学医科学研究所の研究結果が興味深い!でもその動物実験はどうしても必要だったの?

動物実験の是非

今日取り上げるのは、 東京大学医科学研究所の研究チームが発表した新型コロナウィルスに関する興味深い研究結果についてです。

ネコを新型コロナウイルスに感染させた上で様々な調査を行った結果、回復したネコには無症状であるにもかかわらず長期間、肺にダメージが残ることが分かったそうです。

これは、人においても肺で後遺症が長期的に続いている可能性があることを暗示しています。

非常に興味深い結果ではありますがネコの健康を人為的に奪ってしまったというのは心が痛みますね・・・。

他にやり方はなかったのでしょうか。

概要をまとめると共に、動物実験の代替法についても見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

コロナ感染の猫 無症状でも肺にダメージの概要は?

日本テレビの報道内容を元に、概要をまとめます。

東京大学医科学研究所の研究チームは新型コロナウイルスに感染後、回復したネコには、無症状であるにもかかわらず長期間、肺にダメージが残ることが分かったと発表した。

ネコを新型コロナウイルスに感染させた上で、まず、全身の臓器を調べウイルスが効率良く増殖する臓器がどこか調査した。

結果、鼻や気管では感染6日目までウイルスの増殖が見られた一方で、肺ではウイルスの増殖が少ししか見られず、速やかにウイルスが排除されていることが分かった。

この間ネコは全く無症状だった。

しかし肺にはダメージが残っていて感染から4週間たっても、慢性化した炎症が見られた。

河岡教授ら研究チームの考察:
  • ネコが無症状であっても、新型コロナウイルスによって、知らぬ間に呼吸器に損傷を負っている可能性がある
  • 飼い主はその点を留意し、ネコは感染させないように飼育することが肝要だ
  • また、これらの結果から人においても同様に一度ウイルスに感染すると回復後でも、肺で後遺症が長期的に続いている可能性が考えられる

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/c74f4b4f03cbbee0f9c7f49595c6ab56c9e6768e

参考動画はコチラ↓↓

症状が出ていなくても、体内では確実にウィルスが臓器を蝕んでいるのですね。

非常に興味深い結果だと思います。

ただ、「ネコには感染させないように飼育することが大事」と言いながら、この猫は人為的に感染させたんだ・・・と、ちょっぴりツッコミたくなる要素もありました。

ネットでも、その点に反応した方が多かったです。(Yahoo!ニュース コメント欄より引用)

自然にコロナに感染した猫の話だと思って読んでたら、わざわざ感染させたと堂々と書いてあって背筋が寒くなった。
その猫ちゃんを責任を持って治療してあげてください。元の健康な体に戻してあげてください。
この様に動物実験の対象になる猫やそのために増やされている
マウスやモルモットなど全ての生き物に感謝します。
この肺に後遺症が出ている猫も最後まで普通に暮らして欲しいしと
思います。
感染してしまった猫の追跡かと思ったら、わざわざ感染させたのか…。なにも感染させなくても…と思う。

動物実験はどうしても必要なの?注目される代替方法とは?

ネコだけではなく、マウスやラット、モルモット、魚類、鳥類、豚、牛、サル・・・と、ありとあらゆる動物たちが私たちに命を提供してくれています。

世界では、毎年、約1億1530万頭以上の動物が「実験動物」として命を失っているそうです。

つまり、日本の国民のほとんどが1年の間に
いなくなってしまうような数字になりますね。

筆者も含めて、日本ではこの数字を知っている人は少ないかもしれません。

日本国内でどのくらいの数の動物が犠牲になっているのか、その数字さえはっきりわかっていないのだそうです。

背景にはこんな事情があります。

「EUやアメリカでは、施設の登録、査察が義務になっていますし、違反が見つかれば罰則があります。

一方日本では、兵庫県のみ条例で施設の届け出制があるだけで、国として実態を把握するシステムがなく、実験施設の場所はおろか、年間どのくらいの動物が実験に使われているかといった統計が一切出てこないのです。

なかには雑居ビルの一室で動物実験が行われていたという、驚くような例もありました」

引用 https://diamond.jp/articles/-/214088

筆者も学生時代には実験のために多くの命を犠牲にしました。

無事に卒業していまこうしていられるのも、彼らが命を提供してくれたおかげ・・・。

そう思うと、安易に命を捨てたり、道を踏み外すようなことをしてはいけないなと気持ちが引き締まります。

とはいえ、動物実験は減らしていけるのが理想的ですよね。

その代替法とはどのようなものか。

すべての分野で代替法があるわけではないが、特に化粧品開発に限っては、培養細胞、人工皮膚モデルなどを用いた代替法が確立しているものも多く、世界的に動物実験禁止に向かっている。

代替法は試験管やコンピューターで行うことで経費も時間も圧倒的に削減できる上、人間の細胞を使って、人間に対する安全性を調べられる。

また、有毒廃棄物を少量で抑えられるので、実験者の労働衛生や環境保護の点からも有益であることもわかっている。

引用 https://diamond.jp/articles/-/214088

このように、必ずしも動物実験をしなければ病気のことを解明できないわけではありませんし、薬が作れないわけでもありません。

ただ、新型コロナウィルスのようにまだまだ謎が多い病気はたくさんありますし、これからも私たちは未知なるウィルスや病気の脅威にさらされ続けることでしょう。

「少しでも良い治療法を開発したい」「少しでも寿命を伸ばしたい」

人間は欲張りな生き物だし、願望を叶えるためには手段を択ばないところもあります。

ですから、願いを叶えるためにはどうしても動物実験が必要になるケースもあるでしょう。

医療の発展の為に多くの動物が犠牲になっていることに対して我々はもっと自覚的になるべきだし、恩恵を受けている立場として動植物に対して感謝と畏敬の念を忘れてはいけないと思います。

まとめ

東京大学医科学研究所の研究チームがまとめた、新型コロナウィルスについての新しい研究結果についてご紹介しました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 新型コロナウイルスに感染後、回復したネコには、無症状であるにもかかわらず長期間、肺にダメージが残ることが分かった
  • ネコは、無症状であっても新型コロナウイルスによって呼吸器に損傷を負っている可能性がある。
  • 人間でも同じことが起こり得る

このネコちゃんはすでに回復しているとのことですが、それでもコロナの後遺症を背負ってしまったことには違いありません。

もちろんすでに適切な治療を受けているとは思いますが、これ以上の苦痛は与えず最後まで丁寧にケアしてあげて欲しいですね。

みなさんも、自分だけではなくペットの感染対策も徹底しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!