事件

埼玉県・朝霞市で殺人未遂事件発生!29歳の男が父親を包丁で数か所刺す。動機は?憎まれる親のチェックリストと「毒親」の対極にある言葉

朝霞市殺人未遂

今日取り上げるのは、 埼玉県朝霞市で29歳の男が父親を刃物で刺した事件についてです。

父親が「息子が包丁を持って暴れている」と110番通報したことから事件が発覚。

事件前、母親と口論となり男が台所の包丁などを持ち出したため、父親が仲裁に入ったとのことです。

子が親を傷つける事件が立て続けに起きていますが、なぜこのような事件が起きてしまうのか。

事件の概要をまとめると共に、「毒親」のチェック項目と「ほどよい母親」の基準についても見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

埼玉県・朝霞市 父親殺害未遂事件の概要は?

埼玉新聞の報道内容を元に、概要をまとめます。

2021年1月6日午後8時55分頃、埼玉県朝霞市膝折町2丁目、会社員男性(57)方から「息子が包丁を持って暴れている」と110番があった。

朝霞署員が駆け付けたところ、血だらけになった男性が無職の長男(29)を、馬乗りになって押さえていた。

長男が刃物で男性を刺したことを認めたため、同署は殺人未遂容疑で長男を現行犯逮捕した。

男性は文化包丁と果物ナイフで腹や胸など数カ所を刺され、病院に搬送されたが、命に別条はない。

男性方は妻(51)と長男の3人暮らし。

事件前、母親と口論となり、長男が台所の包丁などを持ち出したため、男性が仲裁に入っていた。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/6f55833cbe8321085f6fe21faee09405cb7d77bc

成人した息子が親に刃を向ける事件が続いています。

下和田康尊 Facebookは?大阪府・吹田市で殺人事件発生!37歳の男が「顔や胸や腹部を思いっきり蹴ったり殴ったり」で父親を殺害。動機は?子どもに憎まれる親の特徴とは。

宮川宗士 Facebookは?名古屋市・中区で殺人未遂事件発生!22歳の男が「ケンカして」母親を包丁で突き刺す。根っこにあるのは毒親問題?どうすれば殺されない親子関係を築けるのか。

刃といえば『鬼滅の刃』ですが、彼らにとっては親こそが「鬼」なのか。

ネットではこんな声が上がっていました。(Yahoo!ニュース コメント欄より引用)

無職の息子が親を殺そうとする事件が止まらないが、マスコミの影響が大きい様に感じる。親を毒親と称しメディアを使い誇らしげに親を批判するタレント等。それを見て、「その通りだ」と喝采する人達。親や先生より子供の方が威張っているおかしな状況を作り出している。
最近、このような事件が多く感じる…
何が原因で、このような事になったのだろう…
親子喧嘩は、どの家もあると思いますが、暴力、刃物を振り回すなど、自分の感情を止められない人が増えている…
今回は、父親が母親を守り、息子を殺人犯にさせなかっただけでも良かったと思う…
まぁ29で無職、想像できるわな。
どうせ、親に仕事しろとか言われたんだろうな。
普通は20歳ぐらいで、このままいけば自分の人生はダメだと気付くんだけどな。
29まで家に置いていた親、それに甘んじて仕事もしなかった本人にも問題があるでしょうね。
やっぱり自立して有り難みを与えないとダメでしょうね。

現場について

事件は埼玉県朝霞市膝折町2丁目の住宅で起きました。

問われる罪は?

長男は「殺人未遂」の容疑がかけられています。

(殺人)
第百九十九条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

(未遂罪)
第二百三条 第百九十九条及び前条の罪の未遂は、罰する。

(引用元:刑法 第203条

脱・毒親!「ほどよい母親」とは?

このご家庭の親子関係がどうだったのかはわかりませんが、親子喧嘩で刃物を取り出してくるというのは普通はあまりあり得ない状況ではないかと思います。

明らかに殺意があったとみなされても仕方ないでしょう。

なぜここまでこじれてしまうのか。

もしかしたら、この長男にとっては「毒になる親」だったのかもしれません。

改めて、「毒親」の基準を見ていきましょう。

  • 特徴1:子どもを管理する
  • 特徴2:子どもを支配する
  • 特徴3:「あなたのため」と押し付ける
  • 特徴4:必要以上にしてあげる過保護
  • 特徴5:過干渉になってしまう
  • 特徴6:子どもへ呪いの言葉をぶつける
  • 特徴7:子を抑圧し、罪悪感をうえつける
  • 特徴8:就職や進路にまで口を出す
  • 特徴9:恋愛や結婚にまで口を出す

引用 https://allabout.co.jp/gm/gc/479721/

このリストを見て、「ひえー。私のことだ」と青ざめている方も多いのではないでしょうか?(筆者もです・・・)

でも、世間に迷惑をかけないようにある程度は子供を管理することも必要だし、子のことを想うからこそ「あなたのため」という言葉が出てしまう。

事故や事件に巻き込まれはしまいかと心配になるから。後悔したくないから過保護・過干渉になることもあるでしょう。

あまりにも子供の反抗がひどかったら「出ていけ!」という言葉も出てしまうかもしれない・・・。

それらが全て「毒親だ」と責められてしまうのだとしたら、もう誰も母親になんかなりたくないと思うのではないでしょうか。

個人的には、「毒親問題」というのは客観的に見てどうかよりも「その子供がどう感じていたのか」が重要だと思います。

他の人から見て「いい親じゃないか」「こんな子供思いのお母さんに刃物を向けるなんて、親不孝だ」と思われても、息子本人が「毒になる親だ」と思っていたらやっぱりそこにも「毒親問題」が成立してしまうでしょう。

逆に、周りから見て「怖いお母さんだね」と思われても、息子が「いやいや、うちの母ちゃんは根は優しいんだよ。ちょっと短気なだけだよ」と思えていたなら毒親ではないのでは?(※もちろん、暴力など明らかな虐待行為がある場合は別です

毒親の基準はあってないようなもので、親と子の性格の相性や関係性によっても違ってくると思います。

しかし、その言葉の呪縛に囚われて子供を産むことを避ける女性が増えてしまうのだとしたら・・・、改めて言葉の持つ力って怖いなあと思います。

では、どんな親を目指せば「毒親」と言われるリスクを避けられるのか。

目指すべきは、何事も”ほどほど”な親。

適度に子供を心配し、適度にコントロールして、適度にほったらかす。

そんな「ほどほどな親」になるためには、自分も子供に対しても「完璧主義」を課すことなく、適度な「ゆるさ」を意識することが大事ですね。

まとめ

埼玉県朝霞市で29歳の男が父親を包丁で刺した事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 2021年1月6日夜、埼玉県朝霞市で、無職の長男が父親を包丁で刺し、殺人未遂容疑で逮捕された
  • 事件前、男は母親と口論となり、父親が仲裁に入っていた
  • 子供に殺されない親になるためには、何事も「ほどほど」にしておくのが良い

三人暮らしだと、親の注意は全て息子に向けられていた可能性もあり、息苦しさを覚えていたのかもしれません。

無職とのことなので金銭的な問題もあったかもしれませんが、親がお金を貸してでも一人暮らしをさせたほうが良かったかもしれませんね。

親子であっても、距離が近すぎると関係はうまくいかないことは過去の事件を見ても明らかです。

人も動物ですから、「自立」は絶対必要ですね。

ケガをしたお父様の1日も早い回復をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました!