事件

沢田光史 Facebookは?愛知県東海市で殺人未遂事件発生!21歳の男が祖母を果物ナイフで切りつけ深さ3センチの傷を負わせる。二人の関係性は?孫育て うまくいく考え方と行動のポイントとは

沢田光史容疑者

今日取り上げるのは、愛知県東海市で、21歳の男が祖母の首を果物ナイフで切りつけ殺害しようとした事件についてです。

愛知県東海市加木屋町、会社員沢田光史容疑者(21)が殺人未遂容疑で緊急逮捕されました。

幸いにも祖母の命に別条はないそうです。

近くに住んでいたようなので小さな頃から可愛がられていたのではないかと思いますが、なぜ孫は祖母を殺害しようとしたのか。

事件の概要をまとめると共に、お互いにうまくいく「孫育て」の考え方についても見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

愛知県東海市 21歳会社員 祖母殺人未遂事件の概要は?

読売新聞オンラインの報道内容を元に、事件の概要をまとめます。

2021年1月5日午後1時25分頃、愛知県東海市加木屋町、会社員沢田光史容疑者(21)は、近くの祖父母宅で、祖母(76)の首を果物ナイフで切りつけて殺害しようとした疑いが持たれている。

近所の家に逃げ込んだ祖母は首に深さ約3センチの傷を負ったが、命に別条はない。

沢田容疑者は車で逃走し、約1時間後、知多市内で身柄を確保。殺人未遂容疑で緊急逮捕された。

祖母を介抱した男性談:「チャイムが何回も鳴り、ドアも幾度もたたかれた。いつも優しいおばあさんが血まみれで、『孫に刺された』と聞き、通報して鍵を閉めた」

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/ba9d265696a96cb98c12397e5c572e0773f98825

続いて、容疑者についての情報です。

性別 沢田光史

年齢 21歳

住所 愛知県東海市加木屋町

職業 会社員

Facebook 該当するアカウントはありませんでした。

この祖母と孫が、普段どんな関係性だったのかがわからないのでなんともいえませんが・・・。

少なくとも「3cmの傷」は結構深いですよね。

そこに、沢田容疑者の中に潜む何かしら強い想いを感じます。

ネットでは「金目的だったのではないか」という声もあれば「祖母が何か言って地雷を踏んでしまったのではないか」という声もあり、様々なコメントが寄せられています。(Yahoo!ニュース コメント欄より引用)

孫にこのような事をされるなんて…
何が原因で、おばあさんを傷つけたのかな…
やっぱり、お金なのかな…
怖い世の中…
孫が祖父母に危害を加える事件がたまにあるが、そのほとんどが金目的。小さい頃から可愛がられて、こづかいをせびりに行ったらいつもくれたのだろう。でも孫が大きくなって、せびる額も大きくなれば、優しい祖父母だって断るよ。その腹いせに危害を加えるなんて、まさに恩を仇で返す。
いつも優しいと評判でも、実は他の人に分からないよう陰で巧妙に嫌味を言ってきたり、コントロールしようとしてくる人はいるよね。
このおばあさんは本当に優しくて孫がサイコパパスだったなら悲劇だけど、、、最近のジジババは出しゃばりが多い気がする。今育児中ですが、義父義母が近くに住んでて、口出しが激しく、こういうニュース見るとどうしてもジジババが出しゃばり過ぎたんじゃないか?と思ってしまう。刺すのは論外だけど。
孫が金せびりに、という見方が多いみたいだけど、孫にもネチネチ何かと口出ししてたんじゃないかと思ってしまう。もちろん、刺すのは論外だけど。
すみません、育児中母の愚痴でした。。。

現場について

事件は愛知県東海市で起きました。

問われる罪は?

沢田容疑者は「殺人未遂」の容疑で現行犯逮捕されました。

(殺人)
第百九十九条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

(未遂罪)
第二百三条 第百九十九条及び前条の罪の未遂は、罰する。

(引用元:刑法 第203条

そもそも「孫育て」がストレス?どうすればより良い関係を築けるのか。

たまーに会えば可愛い孫でも、近所に住んでいて、どっぷり頼られる関係性だと苦痛になるのではないでしょうか。

関わる時間が長ければ長くなるほど、祖父母の時間的・経済的・身体的・精神的負担は重くなっていきます。

夫婦そろってフルタイムで働いていたり、シングルで子育てしたりしている男女が増えた今は、どっぷり頼られて「孫育て」がストレスになっているシニア層も多いようです。

まだ詳細はわかりませんが、もしかしたら沢田容疑者も子供の頃から祖父母の家によく預けられていて、何かしらギスギスした関係が生じていたのかもしれません。

それが今回の事件の根本原因である可能性は十分に考えられますよね。

では、衝突を避けて穏便に孫育てをしていくためにはどんなことに気を付けたら良いのか。

  • 孫のお世話をする祖父母は、自分の「お金・心・時間」を守ることが大原則!
  • 推奨される育児のやり方はかなり変わってきているため、「私の時代はこうしていたのに」は地雷ワード
  • 子育ての方針や細かい取り決めは、出産前に両世代で話し合っておくのが理想的
  • 頼まれる前に祖父母の側から、『保育園のお迎え、してあげようか』などと切り出すことはやめておくほうがいい
  • “ババ友・ジジ友”など、同じ境遇の友人を見つけておく

引用 https://fujinkoron.jp/articles/-/542?page=5

「私の時代は・・・」というのは、孫に対してもNGワードな気がします。

それを言ってしまうと、それまでどんなにいいおばあちゃんだったとしても、その瞬間に「頭の固いくそババア」になり下がってしまいますので・・・。

どう頑張っても100%親の代わりになることはできないのですから、「時給○○〇円のアルバイト」くらいに思っておいたほうが気がラクかもしれません。

これは私の知人が言っていたことですが、「バイトだと思えば責任感も出るから目を離してケガをさせることもなくなるし、いい意味で子や孫を客観的に見られるようになるので余計なことを言ったりしたりしなくなる」とのこと。

そのくらい、クールに割り切った関わり方をしていかないと、過度な甘えを許していつか命を奪われることにもなりかねません。

まとめ

愛知県東海市で21歳の男が祖母を果物ナイフで切りつけた事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 2021年1月5日午後、愛知県東海市で、沢田光史容疑者は近くに住む祖母(76)の首を果物ナイフで切りつけて殺害しようとした
  • 祖母は首に深さ約3センチの傷を負ったが、命に別条はない
  • 孫育ての問題が世代間のトラブルにつながるケースもあり、悩むシニア世代が増えている

「ばあちゃんにはお金もないし、もう年をとっていくことしかない。でも、○○とこうしてのんびり過ごす時間ができて良かったなあ。ばあちゃんが近くにいたことを覚えててな」

以前、私の祖母が言っていたことです。

老いて、だんだん小さくなって、最後は子供に還ったようになって死んでいく。

頭では分かっていても、実際に目にしてみなければ「死」というものが何なのかを本当の意味で理解することはできません。

祖父母やペットなど、自分より先に逝く人々は、その老いていく姿を見せることで最期の「仕事」を果たしているのかもしれません。

だとしたら、昨今の「孫育て」の任務はあまりにも求められるものが多過ぎてハードすぎやしないか?と思ってしまいます。

無理なものは無理、できないことはできないと、孫が小さいうちから子にも孫にもハッキリ意思表明することがお互いを守ることにつながるのではないでしょうか。

改めまして、被害に遭われたおばあちゃんの1日も早い回復をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました!