事件

川崎市中原区で兄が妹を殺害!「借金苦で妹と飼い犬を殺した」と110番。無理心中?あおむけの妹の近くに小型犬。過去の事件との比較で見えてくる男の心理とは・・・

愛犬道連れ無理心中

今日取り上げるのは、川崎市中原区で、59歳の男が借金を苦に妹と飼い犬を殺した事件についてです。

男は、妹の首を両手で絞めた疑いがもたれています。

中原署員が室内に入った際、男はベッドの上で自分の腹に包丁を当てていたとのこと。

無理心中するつもりだったのでしょうか・・・。

事件の概要をまとめると共に、過去にあった愛犬を巻き添えにした無理心中事件についても見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

川崎市・中原区 59歳男性 妹・犬殺害事件の概要は?

読売新聞オンラインの報道を元に、事故の概要をまとめます。

2020年12月22日午後8時5分頃、川崎市中原区のマンションの一室から「妹と飼い犬を殺した。借金苦で殺した」と110番通報があった。

神奈川県警中原署員が駆けつけると、この部屋に住む無職の女性(55)が倒れており、病院で死亡が確認された。

中原署は、110番してきた同居する無職の兄(59)を暴行容疑で逮捕し、女性の遺体を司法解剖して死因を調べる。

兄は妹の首を両手で絞めた疑いがもたれている。

中原署員が室内に入った際、あおむけに倒れた妹の近くで小型犬が死んでおり、兄はベッドの上で自分の腹に包丁を当てていた。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/a51576cdee9a73cfbf6db15a518d7b0c47ed5cef

状況から見ると、一家心中するつもりだったものの急に怖くなって警察に電話したといったところでしょうか。

妹や愛犬は亡くなっていることから、ネットのコメントは非常に厳しい声が多かったです。

何故、犬と妹を巻き込む。
犬は無関係だろうに。人間の問題は人間が解決しなければならない。人間の問題で犬が犠牲になった。可哀相だ。
借金を苦に心中を考えていたのでしょうか?
何かしら事情があるのでしょうが、働ける年齢の兄妹が無職…
でも兄はこれから家賃もかからず、ご飯が食べられるところに行くとなるとなんだかなーと思います。
詳しく分かりませんが、このような一般の人間には想像がつかない環境の人は一定数確実にいます。

周りから異変に気が付かれない場合もあるし、周りが気が付いても一線引いて付き合っている場合もあります。

同じような事件が起こらないよう、周りの人間は自分の事だけを考えるのではなく、何か出来る事があれば行動し、何も出来なくても普通に接するべきだと思います。

現場について

事件は川崎市中原区のマンションの一室で起きました。

問われる罪は?

兄は「暴行」の疑いで逮捕されています。

(暴行)
第二百八条 暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、二年以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

(引用元:刑法 第220,221条

自殺するとき、愛犬はどうする?過去にあった悲しい事件を振り返る

あまり想像したくはなことですが、もし、本当にどうしても生きていくのが苦しくなってしまったら、ペットはどうすれば良いのでしょうか。

事前に保護施設に相談し、新しい里親を探すというのが王道の方法のように思いますが、死を考えている人がそんな現実的な行動ができるでしょうか?

実は、愛犬を犠牲にした無理心中事件は過去にも起きています。

⇒ 参考:《東京板橋》愛犬も道連れ親子3人無理心中、玄関の鏡に書かれた口紅文字

東京板橋区で2018年に起こったこの事件では、母親の介護を苦にした44歳の男性が、「疲れた」という言葉を残し母親と犬を道連れにして亡くなりました。

犬は、首に結束バンドが結ばれていたそうです。

また、海外(タイ)ではこんな事件も。

タイのテレビ報道によると、17日、タイ中部ナコンパトム県の民家で、住人のタイ人男性(39)とペットのダルメシアン種のイヌが銃で撃たれ死亡しているのがみつかった。

警察は男性がイヌを道連れに無理心中を図ったとみて詳しい状況を調べている。

事件があったのは約1600平方メートルの敷地に立つ2階建て家屋。

男性は玄関先で拳銃で胸を撃ち倒れていた。

近くには凶器とみられる拳銃が落ちていた。

イヌは庭で死んでいた。

調べによると、男性は4カ月前に肝臓がんと診断され、闘病生活を続けていた。

引用 http://www.newsclip.be/article/2013/12/19/20156.html

自分が亡き後のことを考えて保護施設に相談したり、新しい飼い主を探すために出かけたり・・・こういったアクションは、まともな精神状態だからこそできることでしょう。

本当に思いつめてしまったら、きっとそんな余裕はないはずです。

実際に新しい引き取り先を探すくらいの余裕があったなら、見つかるまでの間に「死にたい」という考えは薄まってくるのではないでしょうか。

そう考えると、ぺットを道連れにして無理心中する人は計画的だったわけでは決してなく、瞬間的な衝動に突き動かされるようにして家族やペットを犠牲にしてしまったんだろうなということがわかりますね。

コロナ渦による閉塞感の影響もあるのか、ここ数ヶ月自殺者が急増していますし、無理心中のニュースも多くなっています。

群馬県・片品村で殺人未遂事件発生!無理心中?27歳の母親が車中で練炭に火をつけるも、友人に送ったメールが命を救う。自殺 ほのめかす人への適切な働きかけ方とは?

生きるのが辛いと感じたら、まずは自分の呼吸に目を向けてみてください。

そういう時は、たいてい、息を吸うほうばかり多くなっていて、しっかり息を吐くことができなくなっているものです。

時間をかけて、ゆっくり、しっかり、身体の底から息を吐き出して。

これを繰り返していると、不思議なほど気持ちが落ち着いてきます。

この方法に限らず、イザという時に自分を落ち着けられる方法を一つ準備しておくことを意識してみましょう。

まとめ

川崎市中原区で起きた無理心中事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 2020年12月22日夜、川崎市中原区のマンションの一室で、59歳の男が妹と飼い犬を殺害した
  • 男は「借金苦だった」と語っている
  • 愛犬を道連れにする行動から、非常に衝動的な無理心中だったことがうかがえる

この事件で個人的に気になったのは、「午後8時5分」という時間帯です。

昨日の記事でも書きましたが、電車の人身事故もこの時間帯がピークだそうです。

JR総武線 新検見川-稲毛駅間で人身事故!年齢も性別も不詳、成田エクスプレスにはねられ死亡。電車飛び込み人身事故の気になる傾向は?データで分析!

午後8時前後というのは、人の心がすとんと闇に落ちやすい時間帯なのでしょうか・・・。

ならばなおさら、何か悩みを抱えている人、抱えがちな人は夜の過ごし方を見直す必要がありますね。

改めまして、亡くなった妹さんと愛犬のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました!