事件

神奈川県鎌倉市で万引き犯が突然死!「やってない」は本当か?考えられる死因は?ハムスターおじいさん事件の悲劇を繰り返さないために知っておきたいこと。

鎌倉市万引き犯死亡事件

今日取り上げるのは、神奈川県鎌倉市で、万引きで連行された51歳の男が警察署内で体調を急変させ、搬送先の病院で死亡した事件についてです。

取調室に入った際、男の顔色が青ざめていることに同署員が気付き、声をかけても応答がないことから119番したのだとか。

この男性の身に一体何があったのか?取り調べのあり方に問題はなかったのか?

事件の概要についてまとめると共に、考えられる死因や突然死のリスクを回避する方法について見ていきます。

最後までお付き合いください!

神奈川県・鎌倉市 51歳万引き犯人 突然死事件の概要は?

読売新聞の報道内容を元に、事件の概要についてまとめます。

2020年11月21日の未明、職業不詳の男(51)が鎌倉市内のスーパーで万引きをしたとして逮捕され、神奈川県警大船署に連行された。

取調室に入った際、男の顔色が青ざめていることに同署員が気付き、声をかけても応答がないことから119番した。

男性は搬送先の病院で死亡した。

同署の藤本修副署長は「取り扱い状況を確認した上で、適切に対応したい」と話した。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/8b4cad400899b8894cb672ab53e3dac190ea72b6

別ソースの報道によれば、この男性は「やってない」と否認し、スーパー内にて複数の店員に押さえつけられる場面があったとのこと。

その際にどこかぶつかってしまって、打ちどころが悪かったのか?

ネットでも様々な憶測の声が上がっていました。(Yahoo!ニュース コメント欄より引用)

この事件、亡くなられた男性は
スーパーで万引きを疑われた際「やっていない!」と否認したところ
スーパーの店員数人に押さえつけられていたらしい。
真偽の程はわからないが、防カメ等でハッキリするのだろうが、
本当に窃盗をしていなかったとしたら、、、。
他人の自由を実力を以て奪い拘束し数人で押さえつけて
結果死亡してしまったとしたら大変だよ。
ハムスターおじいさん事件を忘れてはいけない。
何故、万引きをしたのか分からない
取り抑えられた時、暴れて何処かを打ち付けたか
元から何か疾患が有ったかも分からない
司法解剖等で判明するしかないと思いますが
取調室まで元気?で最悪の事態…
警察の方も、さぞ驚いたと思いますが。
今年、店頭で暴れている客を店員が抑えつけて、駆け付けた警官に対しても抵抗したため、警官5人ぐらいで更に抑え付けたら動かなくなった姿をたまたま見てました。その数時間後亡くなったとニュースで見たときには大変びっくりしました。神奈川県内で正月明けのことです。明らかな正当防衛でしょうけど、こういうことは結構あるみたいですね。

ちなみに、一つ目のコメントにある「ハムスターおじいさん事件」とは三重県四日市市で2004年に発生した誤認逮捕事件です↓↓

イオンかジャスコか忘れましたが、ハムスターの餌を買いに来たご老人が万引き犯だと疑われたあげく、店員数名に取り押さえられて亡くなるという事件がありましたね。確か当時民主党の幹事長かのお膝元ということで、一瞬で一切報道されなくなりました。

コチラのYahoo!知恵袋の解説が非常にわかりやすかったのでシェアしておきます。

現場について

事件は鎌倉市内にあるスーパーで起きました。

問われる罪は?

亡くなった男性は「窃盗」の容疑で逮捕されています。

(窃盗)

第235条
他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

(引用元:刑法第235条

死因はなんだったの?「突然死」の原因NO1は「虚血性心疾患」

上記で紹介した「ハムスターおじいさん事件」では、男性の死因は「高度のストレスによる高血圧性心不全と不整脈」と発表されました。

この「ストレス」とは、逮捕・制圧の際の精神的・肉体的苦痛によるものと推測されます。

防犯カメラ映像などの検証により、最終的にこの男性は「無罪だった」ことが判明。

四日市南警察署は後に誤認逮捕を認めています。

今回の事件も状況が似ているため、「ひょっとして誤認逮捕だったのでは?」と思った方が多かったのでしょう。

真相については今の段階ではなんとも言えませんが、少なくとも逮捕時のもみ合いがこの男性の身体に何等かのダメージを与えてしまったのは間違いないと思います。

では、このような「突然死」の原因としては何が考えられるのか?

調べてみたところ、突然死の大半は「虚血性心疾患」とのこと。

これは、臓器への血液供給が減少し、酸素や栄養がいきわたらない状態をいいます。

虚血性心疾患の症状(短時間に急変して死亡する場合)

仕事中、歩行中、乗車中、テレビを観ているときなどの安静時、用便中あるいはその直後、就寝中(まれに性行為中)に突然倒れて意識消失(失神)し、反応が無い状態となります。

時として甲高い鼾(いびき)や悲鳴のようなうめきを2、3回発したり、口から白色、時にはピンク調の泡(あわ)を出すこともあります。

甲高い鼾は、心停止による脳虚血により舌がのどに落ち込むため、終末呼吸が鼾のように聞こえるのです。

ちなみに脳出血(脳溢血)では鼾が長く続きます。口から泡を出すのは急性左心不全による肺水腫のために起こります。

引用 https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/smph/kansatsu/kiso/kyushi.html

取り調べを担当した警察官も、さぞや驚いたことでしょうね・・・。

では、この男性を助けることはできなかったのでしょうか?

また、「突然死」を予防する方法はあるのか?

患者を助けること(救命)が可能であったか

短時間での心肺停止の場合、実際に家族や知人らがそばにいて直ちに救急搬送してもほとんどの例で蘇生は稀ですので、助けることは極めて困難であるといわざるを得ません。

日常生活での予防
  • 会社などの定期健康診断は必ず受診すること
  • 年に数回は血圧測定をすること(特に30歳以上の人)
  • 塩分はできるだけ少なくする。肥満を防ぐ
  • 何か症状が出たら医療機関に受診する
  • 禁煙
  • ストレスをさける(特に競争心が強い努力家、性急、短気な人)
  • スポーツなどの趣味を適度に生活の中に取り入れ、睡眠を十分に取る

引用 https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/smph/kansatsu/kiso/kyushi.html

全身に酸素がいきわたらなくなるほど、男性はかなりの興奮状態にあったわけですよね。

もし、身の潔白を晴らそうとして必死になっていたのだとしたら・・・?

本当に万引きをしたのだとしたら、観念して指示に従っていたんじゃないか・・・とも思ってしまいます。

いずれにしても、今の段階では彼の無実は証明できません。

今後の捜査に注目していきましょう。

まとめ

鎌倉市で、万引きの疑いで逮捕された男性が取調べ室にて急死した事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 2020年11月21日、51歳の男性が鎌倉市内のスーパーで万引きをしたとして逮捕された
  • 男性は神奈川県警大船署に連行されたが、その後、急死した
  • 過去にも同じような事件が起きており、誤認逮捕だったことが証明されている

2019年の万引きによる検挙人数は55,337人。

グラフからもわかるように、昨今は未成年よりも高齢者による万引きが問題視されています。

万引きの件数推移

引用 http://www.garbagenews.net/archives/2064626.html

一言で「万引き」と言っても、イジメの延長で「やらされている」というケースもありますし悪意のない痴呆によるケースも増加しているとか。

いろんな背景があるので、対応する店側や警察も大変だろうなと思います。

「拘束できるのは警官のみ。スーパーの店員が押し付けて取り押さえたのが原因だとすると、業務上過失致死になる」という情報もありますので、今回のようなケースは判断が難しいでしょうね。

もし本当に誤認逮捕だとしたら、同じような状況(疑われて、暴れて、打ちどころが悪くてorストレスで急死する)に陥る可能性は誰にでもあるわけですから決して他人事ではない事件です。

また新しい情報が入りましたら追記していきます。

改めまして、亡くなった男性のご冥福をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました!