事件

東京・目黒区のタワーマンションで強盗事件発生!AV女優 里美ゆりあの自宅から600万円が奪われる。逮捕された10代少年たちの動機は?立ちはだかる少年法の壁とは。

目黒区タワマン強盗

今日取り上げるのは、東京・目黒区のタワーマンションの部屋に宅配業者を装った2人組が押し入り、現金600万円を奪った事件についてです。

警視庁は、強盗の容疑で17歳から19歳までの少年3人を逮捕しました。

セキュリティが完備しているはずのマンションでもこんな事件が起きるんだ・・・という驚きと共に、現金600万円が自宅にあるという状況にピックリした方も多かったでしょう。

その後の調べで、被害に遭ったのは人気セクシー女優の里美ゆりあ(35)さんだったことが判明!

犯人たちは、計画的に里美さんのマンションを狙ったのか?それとも偶然だったのか?

事件の概要をまとめると共に、こういった事件が起きる度に議論される「少年法」の壁とはどのようなものかについても改めて見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

東京・目黒区 タワーマンション強盗事件についての概要は?

事件について報じた東スポWEB、日本テレビの報道内容を元に概要をまとめます。

2020年10月26日、東京・目黒区のタワーマンションの部屋に宅配業者を装った2人組が押し入った。

2人は、この部屋に住む30代の女性(その後の調べで、人気セクシー女優の里美ゆりあ(35)さんだったことが判明)を脅し、現金およそ600万円を奪って逃走した。

この事件について警視庁は、17歳から19歳の少年3人を強盗などの疑いで逮捕した。

3人と里美さんの間に面識はなく、調べに対し、3人はおおむね容疑を認めている。

奪われた現金600万円のうち400万円は逃走の際に使用した車の中から見つかったが、残りの200万円は不明。

里美ゆりあさん談:「ちゃんと税理士をつけ、コツコツと貯めていたのに…。命があるだけ良かったと思うしかない」

※里美さんは2014年6月に東京国税局から2億4500万円の所得隠しを指摘され、1億7000万円の追徴金を課された。

里美ゆりあ

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/72d6c1938e7cd81d2877e37ad65bc45e31351fb4

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/a396a0b8aeeb4aad581973df68094358029bcf4b

参考動画はコチラ↓↓

このタワーマンションには、コンシェルジュが駐在し、1階には中目黒駅前交番も設置されていたとのこと。

なんとも大胆な犯行ですよね。

普通に考えたら自宅に〇百万円もの現金なんて置いていないでしょうし、彼らはあらかじめ以下のことを知っていた可能性も考えられます。

  • このマンションに里美さんが住んでいたこと
  • 彼女が自宅に大金を自宅に置いていたこと

素人とは思えない大胆な犯行に、ネットではこんな声が上がっていました。

事件現場について

事件は東京・中目黒駅前の高級タワーマンションの一室で起きました。

問われる罪は?

少年3人は「強盗」の容疑で逮捕されています。

(強盗)
第二百三十六条 暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した者は、強盗の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。

(引用元:刑法第236条

なぜ、10代の犯罪は実名報道されないの?少年法の壁とは?

今回のように、10代の若者が犯罪を犯した時に必ず話題に上がるのが「少年法」です。

こんな大きな事件でも少年法が適用されているという日本の法律に疑問を持つ。

具体的にどんな法律なのか?

どんな点が問題視されているのか。

改めて、その内容を見ていきましょう。

まずはそのベースにある考え方です。

少年法のベースにある考え方

たとえば誰かを殴ってケガをさせたという場合、中学生がやったのと、30代の成人がやったという場合では、両者の精神的な成長度合いも異なりますし、今後の人間性の変化の大きさも違いますから対処の方法も変わってくるべきと考えられています。

成人へは罰を負わせることで罪の大きさを知らせることで再発を防ぎますが、少年の場合は、罰を与えるだけではなく、教育的機会を設けることを通して再発を防ごうという考えです。

このことから、通常の刑事事件と別の法律が作られています。

それが少年法です。

引用 http://vict-keiji.com/その他のよくある質問/q90/

罰を与えるのではなく、「教育」して「更生」させる。

そのために少年法があるんですね。

さらに、コチラの事件↓↓の時にも解説しましたが、「14歳」は罪を犯した人間を裁くうえで一つ大きな区切りとなる年齢です。

「マークイズ福岡ももち」で殺人事件発生!自称15歳の少年が20代の女性を包丁で刺殺。二人の接点は?少年に課せられる罪は?通り魔 殺人 心理から見えてくる動機とは?

少年法が適用される少年とは、20歳未満の者をいいます。

少年法は長く16歳以上を適用範囲とされていましたが、神戸市連続児童殺傷事件などの影響で適用される年齢が引き下げられ、現在では14歳以上が少年法の適用範囲となっています。

14歳未満の場合は児童相談所に送られ、そこで児童自立支援施設での教育や、親の子育て支援などによって更生をさせることになります。

ただし重大事件の場合は、14歳未満であっても14歳以上のケースと同様に、家庭裁判所へ送られる場合もあります。

引用 http://vict-keiji.com/その他のよくある質問/q90/

悪質な犯行の場合は、成人の刑事事件と同じ様に検察官送致となります。

しかし、大人なら死刑が適当とされる場合は無期懲役に、無期懲役は15年以下、10年以上の懲役刑に緩和されるなど、やはり未成年が「少年法」に守られていることは確か。

それを盾にとって凶悪な犯罪も増えているため、「もっと厳しく罰したほうがいいんじゃないか」という声が高まっているのです。

今回の犯行も、上に成年の”指示役”がいるのだとしても、17歳はもう善悪の判断がつく年齢ですよね。

こんな厳しいご意見もありますし、近い将来に再び少年法が見直されるのは間違いないと思います。

子供たちだけの犯行ではないにせよ、やっている犯罪は大人顔負けなんだから、少年法を適用する理由がない。

まとめ

東京・目黒区のタワーマンションで、600万円の現金が奪われた強盗事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 2020年10月26日、東京・目黒区のタワーマンションで、人気セクシー女優の里美ゆりあ(35)さん宅に宅配業者を装った2人組が押し入った
  • 2人は現金およそ600万円を奪って逃走した
  • この事件で、17歳~19歳の3人が強盗の容疑で逮捕された
  • 現状では「少年法」があるため未成年の犯罪を厳罰化するのは難しく、この状況を問題視する声も多い

この少年たちだけで計画した犯行にしてはちょっと出来過ぎている感じもありますし、おそらくその上には指示役の”オトナ”がいるのでしょう。

その人物は、里美さんがこのマンションに住み多額の現金を持っていることをなぜ知っていたのか。

また、この少年たちはどうやってこの犯行組織とつながったのかも気になりますね。(今流行りのSNS経由の闇バイトの可能性も無きにしも非ずですね)

なにはともあれ、里美さんが無事だったのが不幸中の幸いでした。

犯行の経緯など、新しい情報が入り次第、追記していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!