事件

佐々木久江 Facebookは?横浜市のアパートに白骨化した男性の遺体!「お金がないのでそのままにしていた」内縁の妻の供述がリアル過ぎる!死後 かかる費用 抑える方法ってあるの?

横浜 佐々木久江容疑者 死体遺棄

今日取り上げるのは、神奈川県横浜市で、同居する男性の遺体を自宅アパート内に放置したとして48歳の女が逮捕された事件についてです。

逮捕されたのは、佐々木久江容疑者(48)。

佐々木容疑者は「自分は内縁の妻」「亡くなったが、お金がないのでそのままにしていた」と供述しているとのこと。

昨年12月に亡くなったそうなので、約1年も遺体と暮らしていたことになりますね・・・。

事件の概要をまとめると共に、死後にかかる費用を抑える方法についても見ていきますので最後までお付き合いください!

横浜市・神奈川区 白骨化遺体放置事件についての概要は?

事件について報じた神奈川新聞社の報道内容を元に概要をまとめます。

2020年10月23日午後、横浜市神奈川区入江1丁目、無職の女(48)の元をケースワーカーの女性職員が訪問した。(女は事前に生活保護の申請をしていた。)

女が「昨年12月中旬に同居していた人が亡くなったが、誰にも相談できず、そのままにしていた」と話し、異臭もしたため、職員が110番通報した。

遺体は成人男性と見られ、洋室のソファベッドの上にあおむけに倒れており、服を着た状態で毛布や布団が掛けられていた。

神奈川署によると、女は男性と2人暮らしだったとみられ、「自分は内縁の妻」と話しているという。

署は、死体遺棄の疑いで女を逮捕した。

遺体は白骨化しており、署は司法解剖して死亡の経緯について調べる。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/f3479985b2e5b2b1831affa327bda5ef902c7115

続いて、容疑者に関する詳細です。

名前 佐々木久江

年齢 48歳

職業 無職

Facebook 同姓同名のアカウントが複数ありましたが、本人のものと特定できるアカウントは見つかりませんでした。

「お金がないから遺体を放置した」

このような事件がここ最近、じわりと増えてきましたね。

亡くなったことを隠して年金を不正受給していた、なんて事件もありました。

菊地進、菊地明 Facebookは?秋田県由利本荘市で死体遺棄事件発生!母親の遺体を自宅に放置。目的は年金の不正受給?その実態と制度上の問題点

保険に入っていれば葬儀・火葬をするくらいのお金はどうにかなるんじゃないかと思うのですが、全く保険に入っていないとそれも難しいのでしょうか。

しかし、まずは役所に相談してみようと思うのが一般的な感覚ではないかと感じます。

ネットでは同情的な声も多かったことが印象的でした。(Yahoo!ニュース コメント欄より引用)

役所で相談出来る、おみとり課が必要な時代になりました。長生きすれば、貯金もなくなり、1人暮らしになり、
誰にも相談出来ない。死んだとき安い料金で後始末してくれる、制度が必要です。安心して死にたい。
こんな事件は過去にも度々ありますが
やはり葬儀費用も沢山かかりますから、
金銭面で悩んで祖のまま放置の気持ちも
わからないでもない。なんでもかんでも
全て金。密葬で他人に参列させずに家族
身内だけで行いたいね。そのほうが簡素化
されて費用も安い。近年の日本は昔みたい
に人との親身な付き合いなどないし他人
よりか自己身内が大事ならば、他人の参列
などは全くいらない。
生活保護を受けに行くという知識だけはあったんですね。
それなら男性が亡くなった時にお葬式や埋葬をどうしようと役所を頼って欲しかったです。
こういうニュースは貧困や情弱に同情も買いがちですけど、自分はやっぱり都合の良い時だけ被害者にならないでほしい、と思う。

事件現場について

男性の遺体は、横浜市神奈川区入江1丁目のアパートの一室で見つかりました。

問われる罪は?

佐々木容疑者は死体遺棄の疑いで逮捕されました。

(死体損壊等)
第百九十条 死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する。

(引用元:刑法第190条

死後の費用ってどのくらいかかるの?安く済ませる方法は?

最近は「終活」なる言葉も生まれ、死んだ後に家族に迷惑をかけないようにとせっせと身辺整理に励むシニアも増えています。

実際、筆者の母親も「エンディングノート」なるものを作り、銀行別の貯金残高などをまとめているようです。

「いつ死んでもあなたに迷惑がかからないように」

と言われたりもしますが、正直、子どもとしてはどんな顔をして聞いていれば良いのか対応に困ります。

しかし、いつ何があるかわからない時代ですから、老いも若きも「万が一」に備えて身辺を整理しておくのは大事なことかもしれません。

今回の事件で、佐々木容疑者は「お金がなかった」という理由で遺体を放置したそうですが、人の死後にかかる費用とは一体おいくらくらいになるのでしょうか。

葬儀費用の全国平均は200万円、首都圏の「家族葬」は100万円以下

【火葬・収骨までの流れを踏まえた最低限の費用の内訳】

  • 死亡診断書 (5,000円~1万円)
  • 死後処置(0~1万円)
  • 遺体搬送(4万円~6万円)
  • 棺(2万円~)
  • ドライアイス(必要な場合は1万5千円~)
  • 火葬費(0~6万円)
  • 骨壺(1,000円~)

引用 https://sobani.net/articles/okaneokakenai-sougi

「死んだらお金がかかる」と思いがちですが、大規模な「葬儀」をしなければ10万円~20万円でどうにかなりそうですね。

最近は、葬儀や告別式など行わず火葬のみを執り行う「火葬式」と呼ばれるスタイルで済ませる方も多いとのこと。

その場合の費用は以下の通りです。

葬儀社に支払う費用

  • 棺(桐風の場合):30,000円~80,000円
  • 寝台車|病院~自宅(安置場所等):13,000円~
  • 枕飾り:10,000円~15,000円
  • ドライアイス(1日分):8,000円~10,000円
  • 人件費:30,000円~100,000円
  • 遺体安置保管料:3,000円~20,000円

火葬場に支払う費用

  • 火葬費用(公営):数千円~50,000円
  • 火葬中待合室使用料0~10000円前後
  • 骨壷4000円前後
  • 火葬費用(民営):48,500円~150,000円
  • 火葬中待合室使用料:20,000円前後
  • 骨壷:12000円前後

引用 https://souzoku-pro.info/magazine/13/#:~:text=火葬を行う場合の,思って良いでしょう。

葬儀社や火葬場によって金額には幅があります。

しかし火葬料が無料の火葬場(公営)もあるようなので、費用を抑えようと思ったら10万円以内も不可能ではありません。

火葬式なら相場が20~30万円で高くても40万円くらいなので、頑張ればどうにかかき集められる金額ではないでしょうか?

「葬式をしなければビックリするような金額にはならない」ということを多くの方に知っておいていただきたいと思います!

まとめ

横浜市で、内縁の夫の遺体を放置した女が逮捕された事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 神奈川県横浜市の佐々木久江容疑者は、内縁の夫の遺体を約10カ月にわたって自宅に放置し死体遺棄容疑で逮捕された
  • 佐々木容疑者は「お金がなかったから放置していた」と供述している
  • 葬儀には様々なスタイルがあり、本当に簡素に済ませようと思えば費用を10万円以下にも抑えられる

佐々木容疑者は生活保護の申請をしていたとのことですから、本当に困窮していたのでしょう。

今年は年明けからコロナ騒動もあったので、お金に困る状況に追い打ちをかけられていたのかもしれません。

「お金がなくて(遺体を)放置した」というのは、非常に重みのある言葉だったなと感じます。

しかし、しかるべきところに相談すればどうにかなります。

佐々木容疑者の場合は、お金がないことよりも周りに気軽に相談できる親族や友人がいなかったことのほうが不運でしたね・・・。

改めまして、亡くなった男性のご冥福をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました!