事故

岐阜県羽島市の名鉄竹鼻線で人身事故!6歳の女の子が普通電車にはねられて亡くなる。「一人で線路を歩いていた」という目撃情報の真偽は?小学生 自殺 統計データから見る現実とは・・・

名鉄竹鼻線 人身事故

今日、取り上げるのは岐阜県羽島市の名鉄竹鼻線で6歳の女の子が列車にはねられて死亡した事故についてです。

亡くなったのは近くに住む女の子で、踏切から30メートルほど離れた線路内にいたところをはねられたとのこと。

事故直前、「女の子は1人で線路を歩いていた」という目撃情報もありますが、一体何があったのでしょうか。

事故の概要をまとめると共に、小学生の自殺の統計データについても見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

岐阜県羽島市 名鉄竹鼻線人身事故の概要は?

事故について報じた東海テレビの報道内容を元に事件の概要をまとめます。

  • 2020年10月13日午後4時半頃、岐阜県羽島市の名鉄竹鼻線で、6歳の女の子が普通列車にはねられて死亡した
  • 現場は、羽島市正木町曲利の名鉄竹鼻線で踏切から30メートルほど離れた線路内
  • 女児はその場で死亡が確認されたが、列車の乗客らにケガはなかった

付近の住民談:

事故直前に女の子は1人で線路を歩いており、「(線路にいた女の子に)そんなこと歩いてたら危ないよ!」と声をかけた

Q.声をかけた時女の子は?

「何にも。下向いてた」

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/a5c75cc87b7e6b8e12e4ab9be29766e640dd594f

参考動画はコチラ↓↓

同じくらいの年齢の子どもを持つ身としては、胸がザワつく事故です・・・。

当初は、「母親と一緒だった」という報道もあり、ネットでは母親に対する批判の声も上がっていました。

しかし、その後の報道で「事故の直前、女の子は一人でいた」という目撃情報も出てくるなど情報は錯綜しています。

ネットでも、様々な声が上がっているようです。(Yahoo!ニュース コメント欄より引用)

家の近所でもありました。夜9時くらいに一人で歩くまだ未就学くらいの女の子の姿を。
たまたま見つけて話を聞けばママと喧嘩しておばあちゃんの家に行く途中だったとか。その後警察に連絡して保護してもらいましたが、小さな子供の起こす行動は危険だとかまだまだ考えられません!!大人が守らないと!!
自分がもし、直前に声を掛けた人間だったら、声だけじゃなくて無理矢理にも引きずり出せばよかったと、後悔で頭がおかしくなりそう。
この件に限らず、そのような立場の人が自分を責めることのないように、その方のフォローもされるような仕組みがほしい。あるのかな。
どうしたんだろう?何があったのか…?
私の娘も今、6歳。同じ年だと思うと本当に胸が痛い…
うちの子も、兄とケンカしたり私に注意されてすごく機嫌が悪くなって、家出する!って家を飛び出す事がある。
すぐに追いかけるし、本人も追いかけてきてもらえるとわかってやってるアピールだからせいぜい2軒先くらいまでしかいかいかないけど、でも毎回心配になってすぐに追いかける
何かそういう感じのボタンの掛け違いみたいな事があったのかなぁ…
たまたま線路の近くでイザコザしちゃったのかなぁ…
わからないけど、胸の痛む事故です

事故現場について

事故は岐阜県羽島市正木町曲利の名鉄竹鼻線で踏切から30メートルほど離れた線路内で起こりました。

「そんなはずはない」で流せない!知っておきたい小学生の「死」の現実

個人的には、ヤフコメにあったこんなコメントがとても気になりました。

ほかの方のコメントの中で、「6歳の子が自殺を考えるわけがない」という書き込みがありますが、本当にそうでしょうか? 自分の記憶と経験で申し上げますと、決してそう断言できないと思います。5、6歳のころ、かなり深刻に「死」を見つめる瞬間が何度もありました。身近にいる子供たちにもっと寄り添って一緒に考えてあげてほしいです。

確かに、筆者にもそんな時期がありました。

学校で友達と喧嘩した、先生に怒られた、テストで悪い点数を取った、家で親とイザコザがあった・・・そんな些細なことでも、子供は時に絶望的な気持ちになってしまうことがあるのです。

今回の女児がどのような事情で死に至ったのかはわかりません。

たまたま悪い偶然が重なった事故だったのかもしれませんが、まだ幼いからといって「死」を選ぶことは絶対にありえないとは言い切れない。

・・・その証拠となるようなデータを見つけましたのでシェアします。

自殺者数統計 自殺者数統計

引用 https://www.mhlw.go.jp/content/H30kakutei-01.pdf

こちらは厚生労働省と警察庁がまとめている資料ですが、10~19歳の年齢層だけで年間の自殺者数は650人を超えています。

そのうち小学生がどれだけの割合なのかはわかりませんが、「まだ小学生だから」「人の生死のことなんてよくわかっていないから」と油断できない数字であることは確かです。

続いて、その動機について見てみましょう。

自殺の動機

引用 https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiakiko/20200118-00159347/

小中学生は「家族からのしつけ・叱責」「親子関係の不和」などの家庭問題が多く、中学生以降になると「学業不振」「学友との不和」などの学校問題が多くなる傾向にある・・・そんなことが読み取れる資料ですね。

10代は家と学校+塾の往復のみという子が多く、世界が狭くなりがち。

それで家にも学校にも居場所がないとなれば、「どこかに消えてしまいたい」と思ってしまっても無理はありません。

ついつい日々の忙しさにかまけて、子供が話しかけてきても「ごめん、今忙しいから後でね」なんて言ってしまいがちですが・・・、私たち保護者は意識して見守ってあげなければいけませんね。

まとめ

以上、岐阜県羽島市で6歳の女児が普通電車にはねられて亡くなった事故についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 2020年10月13日午後4時半頃、岐阜県羽島市の名鉄竹鼻線で、6歳の女の子が普通列車にはねられて死亡した
  • 「母親と一緒だった」という報道もあれば、直前に一人で線路を歩いていたという目撃談もあり、情報は錯そうしている
  • 統計データを元にすると、「こどもの自殺が絶対にありえない」とは言いきれない

不慮の事故だったのか、それとも何か悩みを抱えていたのか。

詳細はわかりませんが、このような形で娘を亡くしたご両親の胸中を思うとかける言葉も見つかりません。

追い打ちをかけるようなSNSでの批判などは絶対にやめて欲しいです。

また、もしいじめなどの問題があったのだとしたら、早急に究明して欲しいですね。

改めまして、亡くなった女の子のご冥福をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました!