事件

金泉修容疑者はなぜ死にきれなかったのか。妻は自殺?息子の寝込みを襲った夫婦に何があったの?思いつめる前に試して欲しい、夫婦関係を変えるアサーショントレーニングとは

金泉修

今日、取り上げるのは、新潟県長岡市の住宅で高校生の息子を殺害しようとしたとして父親が逮捕された事件の続報です。

この事件では、長岡市中之島の無職・金泉修容疑者(51歳)が殺人未遂容疑で逮捕されています。

妻・早苗さん(51歳)、その母親のフミ子さん(80)が遺体で発見されたことから、「無理心中を図ったのではないか?」と見られていました。

その後の調べて、現場からひものようなものが見つかり、亡くなった二人の首にも絞められたような跡があったとのこと。

やはり、逮捕された金泉修容疑者が一家心中をしようとした可能性が濃厚になってきました。

その背景には、金銭や仕事を巡る家庭内のトラブルがあったようです。

今回は、事件に関して新たにわかった情報をまとめると共に、家族関係を良好にするアサーショントレーニングについても見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

やっぱり無理心中?妻・早苗さんに関する、気になる噂

事件についての概要はコチラの記事でまとめています。

金泉 修 Facebookは?新潟県長岡市で殺人事件発生! 51歳の父親が10代の息子を殺害しようとして逮捕。亡くなった妻と義母の死因は?無理心中 動機 防ぐ方法について

今回は、新たにわかった事実を整理してみましょう。(参考:NST新潟総合テレビ、新潟放送)

事件の概要

  • 2020年10月7日、長岡市中之島の無職・金泉修容疑者(51)は高校生の息子(10代)を殺害しようとした疑いで逮捕された
  • 金泉容疑者の自宅からは妻・早苗さん(51)と、早苗さんの母親のフミ子さん(80)の遺体が見つかった
  • その後の調べで、二人の首にいは絞められたような痕があり、現場にはひものようなものがあったことが分かった
  • 金泉容疑者は「妻と共謀して息子を殺害しようとした」と供述している
  • 警察は、早苗さんは自殺した可能性もあるとみて調べている
長岡 一家心中相関図

息子の証言

「寝ているときに、両親に殺されそうになった」

近所の人の証言

「(金泉容疑者は)お祭りや町内の行事があると出てきて手伝ってくれて、終わると慰労会でお酒を酌み交わした。非常に町内の仕事も積極的にやってくれて、すごくいい人だという印象が強い」

椿さんの知人の証言

「(金泉容疑者が)仕事を休んでいるとか、仕事ばっかり変えていたということは分かる。早苗さんも旦那にもっと稼いでもらい、(金泉容疑者は)遊んでばかりいて(息子の)進学にお金がいるのに休んでばっかりいるとかで口論をしょっちゅうしていた感じ」

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/a36d585898b382df19d5776aea4e683841393380

 

亡くなった早苗さんとフミ子さんの死因はなんだったのか?という点について世間の関心が寄せられていましたが、早苗さんは自殺した可能性も出てきたとのこと。

金銭的に苦しい状況にあったようですし、コロナが追い打ちをかけたのかもしれませんね・・・。

それでも、金泉容疑者が自分に対してとどめを刺せなかったのは、やはり息子さんに対しての責任感や罪悪感によるところが大きかったのかもしれません。

この続報について、ネットではこんな声が上がっていました。(Yahoo!ニュース コメント欄より引用)

最近こういうニュース増えてませんか?
まぁ家族も小さな「社会」だから、自動的に円満に暮らせるわけではないんだけど、個々を大事にして欲しい。それ基本。
でも、人を殺めるぐらいの精神状態の人には届かないだろうな。
色んな事情があってこんな事になったのかな。家族の事は解決できない事が多いからこんな結末に。
息子さんは生きているならメンタルが心配ですね。。
消費税とコロナでの個人消費の減少で、金の無い人が多く出ているので、将来を悲観しての犯行でしょう。

「家族のことは当人たちにしかわからない」としつつも、「息子さんのことを思うと自分勝手だ」「息子さんが不憫だ」という声が多かったです。

問題は夫婦関係にあったのかも?夫婦関係が劇的に変わる「伝え方」とは

別報道によれは、妻の早苗さんは親しい人に「自殺」をほのめかしていたとのこと。

金泉容疑者の仕事について悩んでいた様子もうかがえますし、「口論をしょっちゅうしていた」という証言があることからも、夫婦関係は良好とは言えなかった可能性が見て取れます。

しかし皮肉にも、最後の最後、「息子を殺して一緒に死のう」というところだけは意見が一致したようですね・・・。

そうなる前に、もっと別のところで夫婦が”一緒に”笑い合えるような場面があれば良かったのに、と思うと残念です。

では、夫婦関係を良好に保つためにはどのようなことに気を付けたら良いのでしょうか?

一つ、参考になる動画をシェアします!↓↓

 

この動画で出てくる「アサーショントレーニング」に、夫婦関係改善のカギがありそうです。

アサーションとは?
  • 自分も相手も大事にして、主張はしっかり行うものの、相手は傷つけない、絶妙なコミュニケーション方法
  • コミュニケーションにおいて、自分と相手双方を大切にするという「円滑さ」に焦点を合わせた概念である
アサーショントレーニングとは?

相手の気持ちをしっかり考えながら、自分の気持ちや考えや信念を、いかにその場にふさわしい方法で表現するかの練習

引用 https://www.kaonavi.jp/dictionary/assertion/

上記の記事では、

  1. アグレッシブ(攻撃タイプ) :ジャイアン
  2. ノン・アサーティブ(非主張タイプ):のび太
  3. アサーティブ(攻撃的タイプと非主張タイプの黄金比):しずかちゃん

と、わかりやすいたとえを用いて解説されています。

要は、「俺の物は俺の物、お前の物も俺の物」と主張するジャイアンでもなく、言いたいことを我慢して家でドラえもんに泣きつくのび太でもなく、主張するところは主張し、引くところは引けるしずかちゃんのような伝え方を目指しましょうね!ということですね。

仕事をコロコロ変えてしまったりする夫に対して、妻がどれだけアサーティブに自分の気持ちを伝えられるか。

「口論」ではなくもっとアサーティブな関係を築けていれば、今回の事件は防げたのかもしれません。

まとめ

以上、新潟県長岡市で起きた一家心中未遂事件についての続報でした。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 亡くなった妻・早苗さんと母・フミ子さんの首には絞められたような痕があった
  • 無事だった息子は、「寝ている間に、両親に殺されそうになった」と証言している
  • 近所の人の証言などから、金泉容疑者と早苗さんは仕事やお金に関することでよく口論をしていたとみられる
  • 夫婦関係を良好に保つにはコミュニケーションスキルを高めるトレーニングが必要な場合もある

生きていれば色々ありますし、夫婦で揉めることもあるでしょう。

アサーティブでなんかいられないくらいに余裕がないことだってあります。

しかし、最後に力を合わせてしようとしたことが無理心中だったというのは残酷過ぎます。

そのエネルギーがあれば、二人でもう一度、人生を仕切り直すこともできたのではないか・・・と思えてなりません。

息子さんの寝顔を見て、何か思うところはなかったのでしょうか。

改めて、亡くなった早苗さんとフミ子さんご冥福をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました!