事件

行方不明の女子中学生が池袋で無事に保護!携帯電話を自宅に残した意図は?SNSがらみ?10代 行方不明 傾向についても確認!

習志野市女子中学生行方不明

今日、取り上げるのは、千葉県習志野市で中学3年生の女子生徒が行方不明になっていた事件についてです。

不明になっていたのは、斉田悠紀恵(ゆきえ)さん(14)。

2020年9月10日の夕方から足取りが分からなくなっていましたが、9月19日の昼頃、東京・池袋で無事に保護されました!

事件の詳細は明らかにされていませんが、近年、小中高校生もSNSがらみの事件に巻き込まれるケースが多発しています。

事件の概要をまとめると共に、過去にあった似たような事件、10代の行方不明事件の傾向についても見ていきます。

最後までお付き合いください!

千葉県習志野市 女子中学生行方不明事件の概要は?

事件について報じた産経新聞の報道内容を元に概要をまとめます。

  • 2020年9月18日、千葉県警は、習志野市の中学3年生、斉田悠紀恵さん(14)が10日から行方不明になっていると発表した
  • 事件や事故に巻き込まれた可能性もあるとみて、顔写真などを公開して行方を捜している
斉田さんの足取り
  • 9月10日午後5時頃 母親に「行ってきます」と言って家を出た
  • 6時ごろに市内の駅から電車に乗り、6時半ごろに京成西船駅で上野行きの電車に乗車
  • 7時20分ごろ、京成日暮里駅の東口を出て東日暮里方面に歩いている姿が確認された

→→9月19日昼頃、東京・池袋で無事に保護されました!

気になる手がかり
  • 当日は6時10分から塾の授業があったが、出席していない
  • 家族と共有していた携帯電話は自宅に置かれていた

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/a788a799859de530b52a3f8c21cea6442a546735

参考動画はコチラ↓↓

携帯電話は、単に忘れたのか、それとも意図的に置いていったのか。

また、行くはずだった塾に向かっていないのも気になりますね。

誰かとどこまで待ち合わせをしていたのかのでしょうか?

それとも、家出か・・・。

小中高校生が行方不明になる事件は過去に何度も起きており、ネットでも心配するコメント無事を祈る声が多く寄せられていました。

事件現場について

斉田さんは、9月10日7時20分ごろ、京成日暮里駅の東口を出て東日暮里方面に歩いている姿が確認されて以降、足取りが分かっていませんでした。

SNSがらみ?10代の行方不明事件の傾向は?

こちらの記事でも書きましたが、10代の家出事件の多くには、家出希望の少女にSNSで声をかける「泊め男」が関与していることがあります。

茨城県境町で未成年者誘拐事件発生!「小遣い毎日1500円」で女子高生を自宅に住まわせた男が逮捕。家出少女と”泊め男”の危うい依存関係とは?

今回の事件がどうなのかわかりませんし、そうでないことを祈りますが、「家出したい」「居場所が欲しい」とさまよう少女と、「若い子と接触したい」「助けて優越感に浸りたい」という泊め男にとってSNSが一つの出会いの場になっていることは確かです。

SNSを通じた行方不明事件の傾向についてわかりやすく紹介されている記事をみつけましたのでシェアします!

  • 警察庁によると2018年にSNSを通じて事件に巻き込まれた18歳未満の子どもは1811人で、統計を取り始めた2008年以降で2番目に多かった
  • 近年は小学生の被害が増えている
  • スマホなど携帯電話でSNSを使った子どもが1632人と全体の9割を占めた。
SNS犯罪
被害者が使ったSNS
  • Twitter 718人
  • 学生限定のチャット型交流サイト「ひま部」 214人、
  • LINE 80人
  • チャットアプリ「マリンチャット」78人
  • 動画配信サービス「ツイキャス」46人

引用 https://www.asahi.com/articles/ASMCS44YTMCSUTIL00H.html

有害な情報閲覧できないようにするフィルタリングについては、約9割近くが利用していなかった等、無防備な利用状態も問題視されています。

筆者も子を持つ親として他人事ではないデータですが、なぜ子供は全く知らない大人と軽々しく会う約束をしてしまうのでしょうか?

その背景には、やはり泊め男の事件と同じように「寂しさ」「孤独」「誰かに分かって欲しい」という気持ちがあるのでしょう。

子どものネット利用に詳しい藤川大祐・千葉大教授(教育方法学)談:

「SNSで知り合った大人と実際に会うのは危ないと思っていても、スマホで遊ぶゲームなど共通の趣味があれば『信頼関係』はできてしまう」

「不安や不満を家族には打ち明けられないとき、頼れそうな大人を探せる環境がSNS上にはある。スマホを使う場所や時間をルール化するなどまずは保護者が関心を持つことが大切だ」

引用 https://www.asahi.com/articles/ASMCS44YTMCSUTIL00H.html

また、テレビなどでSNSがらみの事件があった時などを利用して、「いかにSNSを通じた出会いが危険か」ネット犯罪のリスクについても教え込んでおくことが大切ですね。

SNSの注意点

引用 https://www.asahi.com/articles/ASMCS44YTMCSUTIL00H.html

まとめ

以上、千葉県習志野市の中学3年生女子生徒が行方不明になっていた事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 千葉県習志野市の中学3年生、斉田悠紀恵さん(14)が9月10日から行方不明になっていた
  • 7時20分ごろ、京成日暮里駅の東口を出て東日暮里方面に歩いている姿が確認された後、足取りが途絶えていた
  • 警察は事件や事故に巻き込まれた可能性もあるとみて、顔写真などを公開して行方を捜していたが、19日に池袋で無事に保護された
  • 背景にはSNSが絡んでいる可能性もあり、今一度、子供に対してネット犯罪のリスクを教える必要がある

携帯電話を置いて行っていることから、誰かと待ち合わせをしていたというのは考えにくいようにも思います。

こうして顔写真やプライベートな情報まで公開することは家族にとっても勇気が要ることだったはず。

それでもどうにかして戻ってきて欲しい、見つけて欲しい!というお気持ちが痛いほど伝わってきます。

事件にも事故にも巻き込まれず無事に保護されて本当によかったですね!親御さんもホッとしていることでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

RELATED POST