事件

JR岡本駅(宇都宮市)で強盗致傷事件発生!女子高生が若い男にカッターで切り付けられる。目的はお金?強盗 通り魔 対処法を確認しておこう

宇都宮強盗致傷

今日、取り上げるのは、JR岡本駅(宇都宮市)で女子高校生が何者かに右手を切りつけられた事件についてです。

女子高生は右手の薬指を切りつけられ病院に運ばれましたが、けがの程度は軽いとのこと。

容疑者とみられる若い男は現場から逃走していて、警察が行方を追っています。

※9月19日、宇都宮市の会社員の男(23)が逮捕されました。

若い女性を狙った通り魔的な事件は過去に何度も起きています。

事件の概要をまとめると共に、通り魔や強盗に遭った場合の対処法についても見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

JR岡本駅(宇都宮市) 女子高生切りつけ事件の概要は?

事件について報じたとちぎテレビの報道内容を元に概要をまとめます。

  • 2020年9月17日午前8時20分頃、宇都宮市にあるJR岡本駅西口のトイレ付近で、16歳の女子高校生が若い男がカッターナイフのようなもので右手の薬指を切りつけられた
  • 男は、「金目の物を出せ」などと脅した
  • 女子高生は病院に運ばれましたが、けがの程度は軽い
  • 逃げた犯人は白色の半そでTシャツとカーキのズボンを着てサングラスをつけ手提げバッグを持っているという情報もある
  • 警察は強盗致傷事件として捜査している

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/28776ef9509702a3b0b80e0b480587a480190472

参考動画はコチラ↓↓

続いて、逃走中の犯人についての情報です。

宇都宮切りつけ事件犯人映像

年齢 不明(「若い」とのことなので、10代~20代くらいでしょうか)

服装 白色の半そでTシャツとカーキのズボンを着てサングラスをつけ手提げバッグを持っている

凶器 カッターナイフ

※9月19日、宇都宮市の会社員男性(23)が逮捕されました。

「金目のものを出せ」と要求していることから、通り魔というよりはやはり「強盗」ということになるのでしょう。

しかし、金品が目的なら女子高生ではなくもっとお金を持っていそうな年代の方を狙ったほうが良いと思うのですが・・・。

本当に目的はお金だったのか?

ネットでも疑問の声が上がっていました。(Yahoo!ニュース コメント欄から引用)

女子高生からお金を取ろうとするって、
一体女子高生がいくら位持ってると思っていたんだろう?
バイトした方がいいって普通の人は思うんだろうけど、そういう考えに及ばない人もいるからこういう事が起こるんでしょうけどね。
金目のモノを、女子高生に要求するか。

凶器はカッターナイフか(首とか切られれば絶命もありますが)

先日のタクシー強盗といい、犯罪のコスパが悪すぎる。

考えのない人間が、思い付きで犯罪を始めると、想定外の犯罪が起こり怖い。

女子高生(未成年、力が弱い)とか襲っている時点でもうある程度の人相は絞り込みやすいでしょう…。

場所柄、防犯カメラや目撃者も大勢いるし、逮捕も時間の問題かと…。

やった事の重さを充分にわからせる必要があります。
強盗傷害致傷…たしか、懲役8年〜の実刑が下るはず。

現場は駅ですから、防犯カメラの映像を解析すればすぐに犯人は特定されるでしょう。

今後の捜査に注目していきます!

問われる罪は?

警察は「強盗致傷」の容疑で犯人の行方を追っています。

(強盗致死傷)
第二百四十条 強盗が、人を負傷させたときは無期又は六年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。

(引用元:刑法第240条

事件現場について

事件は宇都宮市にあるJR岡本駅西口のトイレ付近で起きました。

強盗や通り魔からどうやって身を守る?

では、突然、今回のような事件に遭遇してしまったら、どう行動すれば良いのでしょうか。

福岡ももちで起きた通り魔殺人の記事でも書きましたが、まず大前提として押さえておくべきは「自分の力で犯人をどうこうしようと思わないこと」です。

福岡ももちの刺殺事件は「わいせつ目的」!逮捕された少年は更生保護施設から脱走していた?通り魔 身を守る 方法 自分と大切な人を守るために知っておくべき知恵とは

他の書籍やサイトをチェックしてみても、やはり同様のことが書かれていますね。

危機管理コンサルタントの屋久哲夫氏の話

「とにかく逃げることです。腕に覚えがある人間は自分で押さえ込んでやろうと考えがちですけど、まず逃げて安全なところに隠れてから110番するというのが基本です。

警察官が警察学校で最初に習うことは、路上や飲食店などで喧嘩などのトラブルがあった時に、ひとりで対応するな、その場を離脱して応援を呼び組織で対応しなさい、ということなんです。

警察官でさえそう教わるわけです。一般の方が、たとえ腕力に自信があったとしてもひとりで立ち向かうべきではありません

引用 https://www.excite.co.jp/news/article/Bizjournal_201907_post_109643/

今回のように犯人が凶器を持っている場合は、

  • バッグ
  • ジャケット

こういったものを振り回していると、それが犯人の手元に当たって凶器を落とすことに成功できるかもしれません。

被害者は女子高生とのことなので、通学のバッグや部活のバッグ、靴、傘などで対処することができたでしょう。

とはいえ、咄嗟の時は冷静な判断などできないものです。

これだけ物騒な世の中ですから、今後は学校でも、避難訓練の延長のような感じで「通り魔(強盗)に遭った場合の防御法」などを指導してもらえたら理想的ですね。

まとめ

以上、宇都宮市にあるJR岡本駅で女子高生が何者かに刃物で切り付けられた事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 2020年9月17日午前8時20分頃、JR岡本駅(宇都宮市)西口のトイレ付近で、16歳の女子高校生が刃物で手を切りつけられた
  • 金目当ての強盗と見られ、犯人は逃走している
  • 強盗や通り魔の被害に遭いそうになった時は、手元にある物を振り回してとにかく逃げることが大事

同じ様な事件で命を落とす方が後を絶たない中、今回は女子高生はケガはしたものの命は無事だったということで本当になによりでした。

犯人は逃走中とのことですから、また同じような犯行を繰り返す可能性もあります。

近隣の方には十分に注意していただきたいですね。

また新しい情報が入り次第追記していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!