自殺

女優の芦名星さんが自宅で死去。考えられる動機は?気になる恋人との破局報道と、今だからチェックしたい芦名さんの代表作

芦名星

今日、取り上げるのは、女優の芦名星さん(本名・五十嵐彩=いがらし・あや)が自宅で亡くなっていた事件についてです。

現場の状況から、警察は自殺とみて捜査を進めているとのこと。

人気女優だった芦名さんに何があったのか。

事件の概要をまとめると共に、考えられる動機、そして芦名さんの過去作についても見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

東京・新宿区 女優・芦名星さん自宅で死亡の概要は?

事件について報じたスポーツ報知の報道内容を元に概要をまとめます。

遺体が発見された状況
  • 2020年9月14日午前6時30分頃、東京・新宿区内の自宅マンションの寝室で女優の芦名星さん(36)が死亡しているのが見つかった
  • 連絡が取れず、様子を見に行った兄が発見した
  • 親族は13日から連絡がつかなかったと話しており、死後1~2日が経過していたとみられる
  • そばにロープがあり、現場の状況から首をつって自殺を図ったとみられるが遺書とみられるものは見つかっていない
これから公開・出演予定だった作品
  • 9月14日発売の週刊プレイボーイのグラビアにて、水着や下着姿などを披露していた
  • 10月からは、水谷豊(68)が主演するテレビ朝日系ドラマの新シリーズ「相棒 season19」(水曜・後9時)に準レギュラーとして出演予定だった
関係者談:
  • 「暗いそぶりは全くなかった」
  • 「仕事も順調で、これからドラマや映画作品への出演を控えていたようです」
  • 「演じたことのない役をもっと積極的にやってみたい」と語るなど、いつも明るい印象だった

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/0d4fe4595821bf7ef7ffa8eff1cc79bf0beae7d2

参考動画はコチラ↓↓

個人的には、今年1月から放送されたドラマ「テセウスの船」(TBS系)に出演されていたことが印象的でした。

一見クールでミステリアスに見えて、実はおしゃべり好きでお茶目な一面もあったという芦名さん。

「クールビューティー」という言葉がぴったりのルックスですが、笑う時はチャームポイントの白い歯を輝かせて思いきり笑う方なんだなーという印象がありました。

そんなギャップに魅せられていたファンは多かったのではないでしょうか。

突然の訃報に、ネット上もザワついています。

芸能界では、三浦春馬さんが7月に自宅で自殺するという悲しいニュースがあったばかり。

なぜ?三浦春馬さんが自宅で死亡。真面目過ぎる性格も要因?今だから振り返りたい名作もチェック!

皮肉なことに二人には共通点も多く、今回の訃報を受け、「ブラッディ・マンディの呪いではないか」とツイートしている方もいました。(ちょっと不謹慎ですが・・・)

三浦さんがそうだったように、芦名さんも仕事の面では順風満帆。

コロナで仕事がなくなったことを苦にして・・・ということではなさそうです。

今後の捜査に注目していきましょう。

事件現場について

芦名さんは、東京・新宿区内の自宅マンションで亡くなりました。

芦名星に何があったのか?考えられる動機は・・・?

周囲の人は「変わった様子はなかった」と語る一方、「精神的にはあまり強くなく、思いつめるところがあった」という証言もある芦名さん。

一体、何が彼女を死に追い詰めてしまったのか。

今となっては推測でしかありませんが、考えられる理由をまとめてみます。(※死者のプライベートを詮索するような内容なので、不快に思われる方はスルーしてください!)

小泉孝太郎との別れ(失恋のショック)
  • 俳優の小泉孝太郎(42)との交際が報じられており、2019年ゴールデンウイークの最終日、愛犬を連れて散歩し、そのまま孝太郎の自宅マンションへと帰っていったことが報じられている
  • 犬の散歩にはすっぴんで出かけていたことからも、孝太郎にはかなり心を許していた様子がうかがえる
  • ゴールインするのでは?という説もあったが、破局したことがわかっている
芸能プロ関係者談:

「少なくとも昨年秋ごろまでは交際していた。ただ、その後、別れたのは間違いない。本人の失恋ショックが大きく、恋愛関係の話になると落ち込むから、周囲はそういう話をしないようにしていた」

プロ意識の高さ故の挫折
  • 仕事に対しては人一倍ストイックな面を持っていた
  • 芸能プロ関係者:「10代のころから女優に憧れ、つらいことがあっても、女優になれたことをすごく幸運だと喜んでいた。仕事のことで挫折はないと思うが…」

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/2f1f0655ca3a5a0ce11fa99dec3a0a611f7af321

以前受けたインタビューでは、「女優としての自信は一生持てないと思うが、辞めたいと思ったことは一度もない」と語っていたとのこと。

忙しいほうが自分に合っていると思う、とも語っていたそうですから、多忙を苦にした自殺でもなさそうです。

そうなると、やはり失恋のショックか?

あるいは、14日に発売されたグラビア写真に対してなにか個人的に思うところがあったのか・・・。

いずれにしても、芦名さんが非常に気の利く女性で周りからの評価に敏感、そして非常に完璧主義なところがあったことが生きづらさにつながったのかな・・・と個人的には感じました。

世界が認めた日本ビューティー!芦名星さんの代表作をチェック!

芦名星さんといえば、日本・カナダ・イタリアの合作映画『シルク』(2008年公開)が有名ですね。

参考動画↓↓

「期待の新人」として大抜擢されたという芦名さんは、セリフが一つもない何役を非常に美しく、新人とは思えない堂々たる演技で好演されています!

シルク 芦名星

女優としてはなかなか芽が出なかったという芦名さんですが、この役のために日本舞踊や茶道を習って立ち振る舞いを磨いたそうです。

そんな根性のある女優さんだったのですから、やはり「仕事の挫折を苦にした自殺」では絶対にないでしょう。

この映画の詳細、そして芦名さんの女優としての魅力についてはコチラのサイトがとてもわかりやすくまとまっていましたのでシェアしておきます!

ぜひご覧になってみてください。

三浦さんが亡くなった時にも感じましたが、残された私たちにできることは、亡くなった方のことを忘れないでいること。

こうして過去の作品を見て、その素晴らしさを称えること、感動することがなによりの供養になるのではないでしょうか。

まとめ

以上、女優の芦名星さんが亡くなった件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 2020年9月14日、女優の芦名星さんが東京・新宿区の自宅マンションで亡くなっているのが発見された
  • 警察は自殺とみて捜査を進めている
  • 仕事は順調で、周囲の人の証言によれば思い悩んでいる様子はなかった

三浦さんもそうだったように、芦名さんはとてもお酒好きでお酒に強い女性だったそうです。

2人に共通するのは、周りからの評価が非常に高い俳優さんだったということ。

「また一緒に仕事をしたい」

「また、この人の作品を見たい」

そんな風に多くの人に愛される存在だった人を、このような形で失うのはとても悲しいことですね・・・。

悲しい連鎖はこれでおしまいにして欲しいと思います。

また詳しい情報が入り次第、追記していきます。

ここまでお読みいただきありがとうございました!