事件

冨澤進 Facebookは?福井市で殺人事件発生!86歳の祖父が16歳の孫を刺殺。2人の間に何があったの?考えられるトラブルは?抗認知症 副作用 リスクについても知っておきたい!

福井 女子高生殺害

今日、取り上げるのは、福井市の住宅で16歳の女子高生が死亡しているのが見つかった事件についてです。

亡くなったのは冨沢友美さん(16)で、祖父の無職冨澤進容疑者(86)が逮捕されました。

86歳の祖父が10代の孫を殺害するという非常にショッキングな事件です。

2人の間に何があったのでしょうか?

事件の概要をまとめると共に、一つの可能性として考えられる抗認知症薬の副作用とリスクについても見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

福井市 女子高生殺害事件の概要は?

事件について報じた共同通信の報道内容を元に、事件の概要をまとめます。

  • 2020年9月10日午前0時10分ごろ、福井市の住宅で「娘が倒れていて動かない」と父親から110番があった
  • 2階建て住宅の室内で高校2年の冨澤友美さん(16)が死亡しているのが確認された
  • 友美さんの上半身には複数の刺し傷があり、警察は殺人事件と見て捜査していた
  • 福井南署は同日、殺人の疑いで、祖父の無職冨澤進容疑者(86)を逮捕した
  • 友美さんは普段、福井市内の別の住宅で両親やきょうだいと生活しており、2カ月ほど前から進容疑者宅に身を寄せていた。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/570b38f609f9fb920aec7fce14deb4a9483b59d8

参考動画はコチラ↓↓

続いて容疑者についての情報です。

名前 冨澤進

年齢 86歳

職業 無職

被害者との関係 祖父

Facebook 本人のものと思われるアカウントは見つかりませんでした

近隣の方に証言によれば、冨澤進容疑者は一人暮らしで、友美さんやその両親が時々訪れて食事を作るなどお世話をしていたとのこと。

それが、7月頃から友美さんが同居するようになった・・・ということなので、そのあたりにも何か事件につながる事情があったのではないかと推測されます。

それにしても、86歳の祖父から見たら16歳の孫はただただ可愛い存在であったはず。

写真でもわかる通り、客観的に見ても、色白で笑顔の可愛いお嬢さんです。

被害者 友美さん

何を言われても許してしまう・・・そんな存在であってもおかしくないと思いますが、二人の間に何があったのでしょうか。

86歳という年齢、そして家族が気にかけていたことを考えると、認知症などの症状があった可能性もありますね。

この衝撃的なニュースについて、ネットもザワついています。

普通の感覚だと、娘が動かなくなっているのを見つけたらまずは119番で救急車を呼ぶと思うのですが、今回の事件では父親が110番して警察を呼んでいます。

ということは、素人が見ても明らかに事件性があるとわかる状況だったのか、それとも祖父が「俺がやった」と言ったのか。

いずれにしても謎の多い事件です。

今後の調べを待って追記していきます。

問われる罪は?

今回、冨沢容疑者は「殺人」の容疑で逮捕されています。

(殺人)
第百九十九条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

(引用元:刑法第199条

事件現場について

事件は福井市黒丸城町の民家で起こりました。

なぜ祖父が孫を?家族間トラブル?もしかしたら「薬」の副作用という可能性も!

86歳というと、体力的にも認知機能的にも個人差が大きい年齢ですよね。

ものすごく元気でしっかりしている方もいれば、認知機能の衰えから通常の判断ができない方もいます。

これはあくまでも一つの推測ですが、もし富澤容疑者が認知症で薬を飲んでいたのだとしたら「薬の副作用」という可能性も否定できません。

「夫に殴られ 73歳妻死亡」
  • 兵庫県姫路市内に住む76歳の無職の男性が自宅で妻(73歳)を殴って死なせてしまったという事件があった
  • 動機は「妻がぶつぶつ言っていたので腹が立って素手で1発殴った」というもので、単なる夫婦喧嘩の延長にも見えた
  • しかし、実際は男性がアルツハイマー型認知症の患者で、「ガランタミン臭化水素酸塩/レミニール」という薬の副作用によるものだった
  • レミニールの添付文書の副作用欄には「激越」「怒り」「攻撃性」などの精神障害が記されており、この男性が妻を殴打したのは、副作用の疑いがあると報告された
  • 独立行政法人・医薬品医療機器総合機構(PMDA)が発表している副作用事例にも、「副作用/有害事象」の欄に「殺人」と記載されている

引用 https://toyokeizai.net/articles/-/325933

抗認知症薬には「激越」「易怒性」などの攻撃性だけでなく、「せん妄」「幻覚」「不眠」のほか、「徘徊」などの精神神経障害の副作用があり、添付文書でも注意が促されているとのこと。

富澤容疑者が認知症の治療を受けていたかどうかはまだわかりませんが、一つの可能性として「薬」が考えられるのは事実です。

この記事では、私たちがなにげなく飲んでいる胃薬「ガスター」のリスクについても警鐘を鳴らしていて、非常に興味深いです。

ぜひチェックしてみてください。

まとめ

以上、福井市で女子高生が殺害された事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 2020年9月10日午前0時10分ごろ、福井市の住宅で高校2年の富澤友美さん(16)の遺体が見つかった
  • 友美さんの上半身には複数の刺し傷があり、警察は祖父の富澤進容疑者(86)を逮捕した
  • 一つの原因として、認知症治療薬の副作用の可能性も考えられる

第一発見者は友美さんの父親だったということで、その胸中を思うとやりきれません。

深夜に家を訪ねたということは、何かを察知したのか、友美さんが助けを求めたのか、それとも富澤容疑者が電話して呼んだのか?

いずれにしても、未来ある若い命がこのような形で失われるというのはとても残念なことです。

改めまして、亡くなった友美さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

新しい情報が入り次第追記していきます。

ここまでお読みいただきありがとうございました!