事件

福岡ももちの刺殺事件は「わいせつ目的」!逮捕された少年は更生保護施設から脱走していた?通り魔 身を守る 方法 自分と大切な人を守るために知っておくべき知恵とは

福岡ももち刺殺事件

今日、取り上げるのは、福岡市中央区の商業施設「マークイズ 福岡ももち」で起きた女性の刺殺事件についての続報です。

この事件では、友達と一緒にこの施設を訪れていた吉松弥里さん(21)が包丁で複数個所を刺されて亡くなっています。

逮捕された15歳の少年は、その後の調べで「わいせつ目的で近づいた」と語っているとのこと。

6歳の女の子を人質にしようとしたことなども明らかになりました。

こういった通り魔的な事件に遭遇した場合、どのようにして対処すれば自分の身を守れるのか。

今回は、事件に関して新たにわかった情報をまとめると共に、通り魔に遭った場合に身を守る方法についても見ていきたいと思います。

最後までお付き合いください!

動機は「わいせつ目的」。少年院を仮退院して2日後の事件

事件についての概要はコチラの記事でまとめています。

「マークイズ福岡ももち」で殺人事件発生!自称15歳の少年が20代の女性を包丁で刺殺。二人の接点は?少年に課せられる罪は?通り魔 殺人 心理から見えてくる動機とは?

今回は、新たにわかった事実を整理してみましょう。(参考:TNCテレビ西日本、毎日新聞)

  • 2020年8月28日の午後7時半頃、福岡市中区の商業施設「マークイズ 福岡ももち」1階の女子トイレで、吉松弥里さん(21)が、左胸や首などを包丁で複数箇所刺されて死亡した
  • 近くで包丁を持っていた住所不定の15歳の男子中学生が銃刀法違反の現行犯で逮捕された
  • 動機については「わいせつ目的で近づき抵抗されたために刺した」という趣旨の供述をしていることが新たに分かった
  • 防犯カメラには、吉松さんの後を追ってこの男子中学生がトイレに向かう様子も映っていた
  • 現場から押収した包丁2本を鑑定した結果、包丁に付着した血液と吉松さんのDNA型が一致した
  • 逮捕の直前、男子中学生は逃走するための人質にしようと6歳の女の子にも馬乗りになり包丁を振りかざしたことが分かった
  • 女児は突差の判断で飛びかかった福岡市消防局の男性職員によって助けられ、命に別状はなかった
  • 救助した消防職員:「女の子が刺されると感じ、この状況で少年を取り押さえられるのは私しかいないという思いでとっさに行動した」

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/25fa80766a2f042484d90772410ecf3cc1925ae2

参考動画はコチラ↓↓

続いて、容疑者についての情報です。

名前 -

年齢 15歳

職業 中学生だが通学していない

住所 更生保護施設に「戻りたくない」という趣旨の供述をしているため住居不定

これまでの経緯
  • 九州出身で、幼い頃から児童福祉施設で暮らしていた
  • 施設内で職員や他の児童に対する暴力がたびたび問題となっていた
  • 少年院送致となったのは昨年だが、原因は施設内での暴力だった
  • 26日に仮退院して福岡県内の更生保護施設に移ったが、翌日失踪し、行方不明者届が出されていた。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/2453b19556049a7661095bf4edf9f4bb9a4516d82

当初から、犠牲になった吉松さんと容疑者の間には面識はなかったと報じられていましたが、やはり通り魔的な犯行だったようですね。

更生施設に戻りたくないと語っているようですが、そのためにこのような犯行に及んだのでしょうか。

15歳という年齢も考えると、自暴自棄になっていた可能性もありますね。

罪のない人の未来を奪った行為は、15歳という年齢であっても許されるべきものではありません。

しかし、彼の生い立ちや置かれている環境に目を向けて見れば、「人の命を大切に」と諭したところで本当の意味で理解するのは難しいのではないか・・・とも感じます。

ネットでも彼に対する厳しい批判が集まっていました。(Yahoo!ニュース コメント欄から引用)

15歳の犯行動機はそれか。
つじつまの合わない事を最初は言っていたらしいが、責任能力、ありそうですね。
少年法という名のもとに、いったい、いつまでこんな理不尽な事がまかり通るのだろう。

警察官でさえ、丸腰であったなら、ひるんだかもしれない厳しい状況で、自らの危険もかえりみず勇敢な行動をされた、この消防士のかたは、本当に、ご立派だと思います。

わいせつ目的で最終的に人を殺して
人質にするために幼児を襲う。
この少年は一体どういう大人に成長するんだろう。綺麗事ではなくて、世の中どうやっても更生できない人はいると思う。例えばそれが未成年でも。身勝手な理由の殺人に年齢なんて関係あるのかな。少なくとも被害者や遺族には関係ない。
15歳なら善悪の判断くらいできるはず。
何のための、誰のための法律なんでしょう?
少年院を出たばかりで再犯…
更生の余地は無いと思います。
実名報道し、成人同様に裁けばいいと思います。

やはり通り魔的犯行!身を守るためにはどう行動すれば良いの?

少年院を”仮退院”した少年の生活とはどのようなものだったのか。

更生施設とは簡単に抜け出せるような管理体制なのか?という点に疑問を感じます。

しかし、通り魔事件は前科がある人間ばかりが加害者になるわけではありません。

人はみな、何かのキッカケで発狂して自暴自棄な行動に出てしまう可能性ある・・・だからこそ、自分で自分を守る術を身に着けておくことが大事です。

もし今回のような通り魔事件に遭遇してしまったらどう行動すれば良いのか。

法律の専門家による見解を参考にしてみましょう。

「とにかく逃げること」が大事
  • 腕に覚えがある人間は自分で押さえ込んでやろうと考えがちだが、まず逃げて安全なところに隠れてから110番するというのが基本
  • もし、子どもたちが標的になるという場面に居合わせたら、ジャケットやブルゾン、持ち手の長い肩掛け鞄を振り回すというのが有効
  • それによって相手がナイフを落とす場合もあるし、そうならなくても絡んでナイフを使えない状態にすることができる
靴も使い方次第では武器になる!
  • ハイヒールのヒールの部分で刃物に応じる、ローファーのつま先の部分を持って相手に向ける
  • 鞄にあらかじめ厚い板(あるいは雑誌)を入れておいて、その鞄で刃物を防ぐということもできる
  • ※ただいずれの場合も、間違っても相手を倒そうなんて思わないこと!あくまでも、相手がひるんだ隙に逃げるため、助けたい人間を早く逃がすための行動です。

引用 https://biz-journal.jp/2019/07/post_109643.html

警察でさえも、こういった事件の時は「一人で対応するな」と教えられるそうです。

ましてや、防犯の知識が全くない素人ではなおさらのこと。

「なんとか力づくで警察に突き出してやろう!」などとは決して思わないことが大事ですね。

また、子供たちには次のように教えておきましょう。

『何かあったら逃げなさい』と普段から教えておくべき

ランドセルを背負って逃げるのは大変なので、『命のほうがずっと大事だから、逃げる時はランドセルなどは犯人のほうに放り投げて逃げなさい』と教えるべき

引用 https://biz-journal.jp/2019/07/post_109643.html

人は咄嗟の時には恐怖と動揺で声すら出ないことがありますし、思考も停止してまともな判断ができなくなってしまうかもしれません。

イザという時に適切な防犯行動をとるためには、日々の心がけと積み重ねが大事。

こういった防犯行動は”習慣”になっていないとなかなか行動に移すことは難しいでしょう。

子供に普段から言い聞かせておくことはもちろん、みなさん自身も普段から「今、この場で突然襲われたら、何を武器にして自分を守ったら良いだろうか?」と考えるクセをつけてみると良いでしょう。

まとめ

以上、福岡市の商業施設で起きた女性刺殺事件についての続報をまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 福岡市中区の商業施設「マークイズ 福岡ももち」で起きた15歳の少年による殺人事件の動機は「わいせつ目的」だった
  • 逃走するための人質にしようと6歳の女の子にも包丁を振りかざしていたが、消防局の男性職員によって助けられた
  • 通り魔事件に遭遇してしまった時は、「逃げること」を最優先にするべき

報道を背景すると、亡くなった吉松さんはとても明るく、その場をパッと明るく灯してくれる太陽のような女性だったようです。

きっと、彼女から元気や癒しをもらった人はたくさんいたことでしょう。

犯人となった少年も、そんな光に引き寄せられるように彼女の後をつけて行ったのでしょうか。

そうだとしたら、なんとも皮肉な結末です。

同じ様な事件が二度と起こらないように、私たち一人一人がイザという時に自分を、そして大切な人を守るためにどう行動すべきかを知っておくことが大事ですね。

改めて、亡くなった吉松さんのご冥福をお祈り申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました!