事件

愛知県豊橋市の住宅で男女3人の遺体が発見。目立った外傷なく、心中の可能性も?背景にあるのは7040問題か。その支援策はどうなってるの?

豊橋市一家心中

今日取り上げるのは、豊橋市牟呂大西町の住宅で、30代~70代の男女3人が死亡しているのが見つかった事件についてです。

遺体に目立った外傷はなく、心中の可能性もあるとのこと。

夫婦と息子、3人暮らしだったというこの家族に一体何があったのでしょうか。

事件の概要をまとめると共に、「7040問題」「8050問題」の現実と支援策についても見ていきますので最後までお付き合いください。

愛知県豊橋市 男女3人遺体発見事件の概要は?

事件について報じた東海テレビ、テレビ朝日の報道内容を元に、概要をまとめます。

  • 2020年8月25日午後5時前、豊橋市牟呂大西町の杉浦寛教さん(72)の住宅で男女3人が死亡しているのを訪ねてきた知人の男性が発見
  • 「玄関のガラス越しに首をつった人が見える」と119番通報した
  • 住宅では30代から40代位の男性が首をつって死亡していて、その両脇に60代から70代位の男女2人が床に倒れて死亡していた
  • 床に倒れていた男女に目立った外傷や着衣の乱れ、部屋が荒らされた形跡はなく、3人は死後数日経っているとみられている
  • この住宅には杉浦さんと妻、息子の3人が住んでいて、警察は心中した可能性もあるとみて詳しい状況を調べている

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/9a378ef634118ec6eb5300e1c3e0e1e42e56d842

引用 https://news.tv-asahi.co.jp

参考動画はコチラ↓↓

コロナの影響もあるのか、このところ、家族関係の事件が続いているように思います。

中村茂 Facebookは?長野市丹波島で放火事件発生!自宅に火をつけて母と兄を殺害。動機は家族トラブル?自宅 放火 心理に注目!

今回は、状況から見てやはり心中の可能性は高いのではないでしょうか。

争った形跡はないようなので、家族間で刺し合ったとかそういうことでもなさそうです。

一体、原因はどのようなことなのか。

ネットでも様々な憶測を呼んでいます。(Yahoo!ニュース コメント欄から引用)

訪問した23歳の男性は首を吊っていたこの家の息子の友人かな‥ガラス越しに見た光景が頭から離れないでしょう‥ショックですよね‥
生きていれば必ずいい事があるって自殺しようとする人に言いますが生きている事が死ぬ程辛い人に
頑張ってって言えない世の中になってきている‥
悲しいですね‥
7040問題やな。
格差が広がり、税金という名の搾取が進めば、こんな事が当たり前になるかもしれない。もっと問題視されるべき。週5日で働いても、貯金も難しい様な収入の人は増えてます。テレビに出ている有名人や局の人間には、この辛さは理解出来ないでしょうから、報道も討論も少ないですけど。

事件現場について

遺体は、愛知県豊橋市牟呂大西町の住宅で発見されました。

7040問題、8050問題とは?解決策はあるの?

亡くなった杉浦さんは72歳。

おそらく妻も同じような年齢でしょうし、その息子なら30代~40代でしょう。

ヤフコメで指摘している方もいますが、いわゆる「7040問題」が原因だった可能性も否定できません。

7040(8050)問題とは?
  • 「80」代の親が「50」代の子どもの生活を支えるという問題で、背景にあるのは子どもの「ひきこもり」
  • ひきこもりという言葉が社会にではじめるようになった1980年代~90年代は若者の問題とされていましたが、約30年が経ち、当時の若者が40代から50代、その親が70代から80代となり、長期高齢化
  • こうした親子が社会的に孤立し、生活が立ち行かなくなる深刻なケースが目立ちはじめている

引用 https://www3.nhk.or.jp/news/special/hikikomori/articles/crisis_07.html

今回の家族が7040問題を苦に心中したという証拠はまだありませんが、同じような家族構成で同じような問題を抱えて苦しんでいるご家庭も少なくないでしょう。

なぜ7040(8050)問題はかくも深刻化してしまったのか。

そこには、日本の社会構造の脆弱性もあるようです。

  • 必ずしも、不登校の延長だけではなく、誰でもひきこもりの状態になり得るという状況が今ある
  • 1つには、一度レールから外れるとなかなか戻れない社会の構造になっているということが挙げられる
  • 履歴書社会で雇用関係も大きく変わってきて、コスト競争などが激しくなり、非正規や派遣の数も増大している
  • そういう中で、非常に職場の環境自体がブラック化していて、そこで傷つけられる
  • 自分がこのまま職場にいたら壊されてしまうという危機感から、防衛反応としてひきこもらざるを得ない人たちが増えているという現状がある

引用 https://www3.nhk.or.jp/news/special/hikikomori/articles/crisis_07.html

では、7040問題を解決するにはどのような政策、支援が必要なのか。

専門家は、「必ずしも就労をゴールにしないことが大事だ」と指摘しています。

長期高齢化するひきこもりの対策として、就労ありきという考え方を見直すべきと専門家は指摘する

ジャーナリスト 池上正樹さん:

「支援のメニューの選択肢が少なすぎると思います。就労というのが1つのゴールになっていて、就労ありきの支援というものしか事実上なかったと思うんです。実態調査を行って、課題が何なのか、何を当事者たちが求めているのかを知った上でメニューを構築していかなければならないと思います。」

引用 https://www3.nhk.or.jp/news/special/hikikomori/articles/crisis_07.html

働きたいと思っても、様々な壁にぶつかって思うように職場になじめない人もいます。

職に就けることは当たり前のことではありませんし、普通に会社に行って普通に仕事をするという、その「普通」がとても困難に感じる方もいるのです。

コロナ渦で社会の分断が進んでいるのではないかと指摘する声もありますが、こんな時代だからこそ、私たち一人ひとりが「当たり前」を疑うべきではないでしょうか。

自分と価値観や生き方が違う人、自分にとっての「当たり前」を当たり前にできない人を排除することは絶対にしてはいけないことだと思います。

杉浦さん家族にこのような問題があったのかどうか、今の段階では全て推測に過ぎません。

詳細な情報が入り次第、追記していきます。

まとめ

以上、愛知県豊橋市で起きた一家心中とみられる事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 豊橋市牟呂大西町の杉浦寛教さん(72)の住宅で男女3人が死亡しているのをが発見された
  • 亡くなったのは、杉浦さんとその家族と見られ、一家心中した可能性が高い
  • 背景には7040(8050)問題があった可能性もあり、同じような事件を防ぐためにも支援の拡充が課題である

「ひきこもりは怠け者」と言う人もいますが、実際は過度に完璧主義過ぎたり、人の気持ちに敏感過ぎて、自分を守るために引きこもりになっている方も多いです。

誰もが自分のことで精いっぱいの今は難しいのかもしれませんが、みんなほんのひと雫、誰かに優しくできればそれだけでも社会はもっと温かい場所に変わっていくのではないでしょうか。

優しい人、繊細な人が命を絶つような社会現象を加速させてはいけません。

7040でお悩みの方は、都道府県や政令指定都市の「ひきこもり地域支援センター」、あるいは「生活困窮者支援窓口」へご相談を。

「生活困窮」という名前ではありますが、ひきこもっている本人や家族の相談・支援も行っています。

亡くなった杉浦さんのご冥福をお祈り申し上げます。

ここまでお読みいただきありがとうございました!