事件

三重県桑名市で殺人死体遺棄事件発生!木曽川の川岸で40代の女性の遺体が見つかる。考えられる犯人像は?遺体の身元を特定する方法についても知っておこう

桑名市遺体発見事件

今日取り上げるのは、三重県桑名市を流れる木曽川の川岸で女性の遺体が発見された事件についてです。

遺体の身元はまだ特定されていませんが、司法解剖の結果、死因は頸部を圧迫されたことによる窒息死であることがわかりました。

女性の身体的な特徴なども公開されていますが、そもそも遺体の身元特定とはどのような方法で行われるのでしょうか?

事件の概要や考えられる犯人像、見つかった遺体の身元を特定する方法についても見ていきますので最後までお付き合いください!

三重県桑名市 木曽川女性遺体発見事件の概要は?

事件について報じた三重テレビ放送の報道内容を元に、概要をまとめます。

  • 2020年7月30日朝、三重県桑名市を流れる木曽川の川岸で顔から血を流した女性の遺体が発見された
  • 第一発見者はシジミを取りに来た男性で、「人が倒れている」と警察に通報した
  • 女性の特徴は、40代、身長160㎝の中肉、左の手首に5㎝ほどの手術の痕がある、黒い半袖のTシャツに黒のズボン
  • 司法解剖の結果、死因は頸部を圧迫されたことによる窒息死とわかった
  • 警察は殺人死体遺棄事件と断定し、捜査本部を設置して捜査を進めている

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/0f7825c7dce8232c63670ddace4094e5336ada00

参考動画はコチラ↓↓

他局の報道によれば、女性は口と鼻から出血しており、靴は履いていなかったとのこと。

当初は事件と事故の両方の可能性を視野にいれて捜査が進められていましたが、司法解剖の結果を受けて「事件」と断定されたようです。

つまり、「首を絞められて殺されてから川に捨てられた」という可能性が高いですよね。

「川に流してしまえばバレないだろう」という短絡的な犯行だったのでしょうか。

三重県では、過去にも同じような事件が発生しています。

加藤淳也 顔画、Facebookは?三重県川越町で殺人事件発生!同僚女性を川につきおとして殺害 動機は?二人の関係は?

今回も男女がらみの殺人事件なのでしょうか。

川なので防犯カメラがないかもしれませんが、木曽川のライブカメラもありますし、川近くのコンビニなどの防犯カメラ画像をたどれば手がかりはつかめそう。

男女がらみであれば、女性の身元さえわかればその交友関係からすぐに犯人は特定されるでしょう。

問われる罪は?

今回は「殺人罪」および「死体遺棄」の容疑が課せられます。

(殺人)
第百九十九条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

(引用元:刑法第199条

(死体損壊等)
第百九十条 死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する。

(引用元:刑法第190条

事件現場について

女性の遺体は、三重県桑名市長島町松ヶ島の木曽川の川岸で発見されました。

遺体の身元はどのようにして特定されるのか

このように身元がわからない遺体が発見される事件は度々起きています。

しかし、数日後にはほぼ必ず特定されていますよね。

一体、「身元特定」とはどのような方法で行われているのでしょうか。

一般的な身元確認の方法
  • 面確(顔をみて確認する)
  • 身分証明書、所持品、着衣
  • 身体的特徴
  • 指紋
  • 歯科所見(歯や口の中の状態)=歯は遺体が腐敗しても永く残る
  • DNA型

引用 https://www.jda.or.jp/park/dentistwork/dentistpolice.html

ここで注目したいのは、「歯」です

遺体の歯科所見から推測できること
  1. 歯や顎の大きさから、男女が推測できる。
  2. 歯のすり減り方や劣化の状況から、年齢が推測できる。
  3. 治療の痕跡から、治療した歯科医師の年齢階層やクセが推測できる。
  4. 同じく、技工物(かぶせ物や義歯など)にも特徴がでる。
  5. 一般に、歯科医師は治療した歯のことを、よく記憶している。

引用 https://www.jda.or.jp/park/dentistwork/dentistpolice.html

「歯の治療履歴で身元が特定される」という話は聞いたことがありましたが、緻密な照合作業があるのですね。

歯の特徴から遺体の身元を特定する

引用 https://www.jda.or.jp/park/dentistwork/dentistpolice.html

個人的には⑥にプロの魂を感じました!

大人になると歯科を受診する機会も減ってしまいます。

しかし、定期的に健診を受けていればお住まいの地域の歯科医師のところにその履歴が残るわけですし、「万が一」の時に「この歯は私が治療した○○さんかもしれない」と思い出してもらえるかもしれません。

また、今回のような事件性のある場合だけではなく、災害時の身元特定にも歯の治療履歴が有効に利用されています。

引っ越しをしてから一度も歯科医を受診していないという方も多いかもしれませんが、万が一のためにも一度は転居先のエリアで歯の検査を受けたほうが良いかもしれませんね。

ネットの反応は?

今回の事件についてネットではどのような声があったでしょうか。

まとめ

以上、三重県桑名市で起きた女性遺体遺棄事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

まとめ
  • 三重県桑名市を流れる木曽川の川岸で顔から血を流した女性の遺体が発見された
  • 司法解剖の結果、死因は窒息死とわかり、警察は殺人死体遺棄事件と断定した
  • 遺体の身元特定には歯の治療履歴が非常に役立つ

どのような事情があったにせよ、人を殺してその遺体を川に捨てるというのは残忍な犯行です。

行方不明届などが出ていないのであれば、この女性は一人暮らしだったのかもしれませんね。

離れて暮らしている家族は、まさか娘(あるいは母親、姉、妹・・・)がこんな事件に巻き込まれているとは夢にも思わず過ごしているでしょう。

もしこの遺体が自分にとって大切な”誰か”だったらと思うと、胸がざわつきます。

いずれにしても、一日も早くこの女性の身元が特定されますように。

新しい情報が入りましたら追記していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!