事件

宇野綾 Facebookは?札幌市中央区で殺人未遂事件発生!同居中の彼氏を包丁で刺す。恋愛関係のもつれ?トラブルはどこに相談すれば良いの?

札幌市中央区殺人未遂事件

今日、取り上げるのは、札幌市中央区で、34歳の女性が一緒に住む交際相手の男性の腰を包丁で刺した事件についてです。

自称・東区役所職員の宇野綾容疑者(34)が殺人未遂の疑いで逮捕されました。

幸い、男性は命に別状はなかったとのことですが、刺しどころが悪ければ命はなかったかもしれません。

2人の間にどのようなトラブルがあったのでしょうか。

事件の概要と、恋愛関係のトラブルがあった場合の相談先について見ていきますので最後までお付き合いください。

北海道・札幌市 同棲相手殺人未遂事件の概要は?

事件について報じたSTVニュースの報道内容を参考に、概要をまとめます。

  • 2020年6月28日午前6時~7時半頃、札幌市中央区で、宇野綾容疑者(34)は一緒に住む交際相手の男性(20代)の腰を包丁で刺した
  • 宇野容疑者自らが「彼氏を傷つけてしまった」と消防に通報し、事件が発覚した
  • 男性は重傷で病院に搬送されたが、命に別条はなかった
  • 警察の調べに対して宇野容疑者は「今は何も話すことはありません」と話している
  • 過去にも宇野容疑者から2人の間のトラブルに関する相談が複数回、警察に寄せられていた

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/766d1a26c100279eb4ca20ef8aa5d148fff3c5cb

続いて、容疑者についての情報です。

名前 宇野綾

年齢 34歳

職業 自称・東区役所職員

Facebook 同姓同名のアカウントが多数ありましたが、本人のものと断定できるアカウントは見つかりませんでした。

つい数日前にも、静岡県で男女関係のもつれが原因と見られる殺人事件があったばかりですよね。

堀藍 Facebookは?静岡県沼津市で殺人事件発生!恋愛関係のもつれ?男子学生が女子大生をめった刺し!元カレがストーカーになった場合の対処法は?

また、暴力団の男性が元妻の交際相手の家族を殺害した事件もありました。

小沢翔、Facebookは?長野県坂城町で殺人事件発生!原因は男女トラブルか?無関係な若い姉弟を銃殺。暴力団関係者とトラブルになった場合はどこに相談すれば良いの?

今回は女性が加害者であること、また、以前から警察に相談していたことなどから、

「彼氏からのDVについて相談していたが、解決しなかった。事件当日もDV被害に遭い、過剰防衛で刺してしまった」

・・・このような可能性も考えられますね。

一方で、刺し傷は「重傷」だったとのことですから、

「金銭トラブル、あるいはDVで悩んでいて、相談していた。解決せず、積もり積もった感情が爆発して殺意を持って刺した」

という可能性も否定できません。

いずれにしても、今の段階では推測に過ぎません。

詳しい調べを待って追記していきます。

事件現場について

事件は、北海道札幌市中央区で起きました。

問われる罪は?

宇野容疑者は「殺人未遂罪」で逮捕されています。

(殺人)
第百九十九条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

(未遂罪)
第二百三条 第百九十九条及び前条の罪の未遂は、罰する。

(引用元:刑法第199条

男女関係のトラブル、まずは誰に相談すべき?

今回の事件では、宇野容疑者は以前から警察に相談に行っていたとのこと。

それでも、事件は起きてしまいました。

関連記事として挙げた長野県の事件でも、すでに警察は動いていましたが、直接関係のない家族が殺害されるという痛ましい結果に。

「警察はハッキリした証拠がないと動けない」という説もありますし、「困ったらとりあえず警察に相談に行けば良い」というほど単純なものでもありません。

では、男女関係でトラブった場合はまずどこに相談するのが正解なのか?

法律事務所に相談する

DVや金銭がらみの問題は、警察相談に加えて専門的な相談先を見つけることが早期解決の鍵です。

一番確実なのは、弁護士がいる法律相談所に相談すること。

「弁護士=お金がかかる」というイメージが強いかもしれませんが、最初の相談は無料というところが多いです。

なにしろノウハウが豊富ですから、相談だけでもしてみる価値はあります。

男女問題相談窓口

法律事務所とは別に、男女問題(DV、別れ話のもつれ、金銭問題、ストーカー問題など)を専門に扱う窓口もあります。

男女問題解決センター

男女問題相談窓口

探偵と法律事務所の間・・・といった位置づけですが、調査から慰謝料請求まで一つの流れとして対応してくれるのが心強いですね。

ただし、無料なのは相談だけで、実際に動いてもらうには費用がかります。

まずは見積もりをもらってみて、「これだけの金額を払ってでも、解決してもらえるならお願いしたい」と思えたなら利用してみると良いでしょう。

命はお金には代えられませんから!

市の窓口を利用する

「専門的な相談機関は、どこを信用したら良いのかわからない。費用も高くつきそうだし」

そんな理由で相談をためらっているようならば、お住まいの市町村窓口でも法律的な相談ができます。

日時はあらかじめ決まっているケースがほとんどですが、「毎週〇曜日 予約制」という感じで様々な問題について法律相談を受け付けているはず。

まずは市町村窓口を利用してみるのが一番確実で、安心かもしれませんね。

ネットの声は?

今回の事件について、ネットではどのような声があったでしょうか。(Yahoo!ニュースのコメント欄から引用)

交際トラブルで相手を殺そうとする心理、
分からなくもないけど、普通しない。
別れを受け止められないし、別れるなら
殺してしまうって終止符が多い。
昔は泣いて苦しんで別れを乗り越えてた。
「彼氏にDV受けている、逃げられない」と警察に相談
「その日もDV受け過剰防衛で包丁使用」

ってとこかな?私の妄想ですが。
それ以外が考え付かない・・・。

警察も民事だとなかなか相談しても
話しを聞くだけで動く事はないからな
刺すまで我慢してたんだろうな

まとめ

以上、札幌市中央区で起きた殺人未遂事件についてまとめました。

ポイントを整理します。

  • 北海道札幌市中央区で、宇野綾容疑者は同居中の交際相手の腰を包丁で刺して重傷を負わせた
  • 男性は命に別状はなかった
  • 男女交際のもつれが原因と見られる事件が相次いでいる
  • 相談先としては、警察の他にも法律事務所や男女問題相談窓口などがある

2人の間にどのようなトラブルがあったかはわかりませんが、状況から、友達や家族には相談できず一人で問題を抱え込んでいた宇野容疑者の孤独な姿が垣間見れます。

恋愛中はともすれば交友関係も狭くなってしまいがちですが、パートナーとの関係を良好に保ちたいのであればあえて交際範囲をどんどん広げて外の風を入れることも大事かもしれません。

なにはともあれ、大事に至らなかったことが幸いでした。

また何かわかりましたら追記していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。