Uncategorized

東京・新宿の55階建ての高層マンションで男子中学生が飛び降り自殺!原因は?若年層の自殺の動機は「いじめ」が1位ではない!

新宿区男性生徒飛び降り
  1. 今日、取り上げるのは、東京・新宿区の55階建ての高層マンションで中学生とみられる男子生徒が血を流して倒れているのが見つかった事件についてです。

警察は、男子生徒が自殺を図ったものとして調べを進めています。

つい先日も、八王子で15歳の男子生徒が拳銃で自殺を図った事件がありましたが、何が彼らを死に追い詰めたのでしょうか。

現場の状況や、事件にあると考えられる背景、若年層の自殺の理由についてまとめましたので最後までお付き合いください。

東京都・新宿区 男子中学生高層マンション自殺の概要は?

事件について報じたANNニュースの報道内容を参考に、概要をまとめます。

  • 2020年6月15日午前8時頃、東京・新宿区富久町にある55階建ての高層マンションで、「ひさしに人が血を流して倒れている。飛び降りたみたいだ」と110番通報があった
  • 中学生とみられる男子生徒が血を流して倒れているのが見つかった
  • 男子生徒は白いワイシャツにズボンの中学校の制服姿で、その場で死亡が確認された
  • 警視庁は男子生徒が高層階から飛び降りて自殺を図ったとみて調べている
  • 当時、自宅には親族もいて遺書などはいまのところ見つかっていない

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/4d7cb44b588e68c859ad183eb9f914e986fd8f0c

参考動画はコチラ↓↓

自宅が何階にあったのかは明らかにされていませんが、たとえ何階であったとしてもコンクリートの地面をめがけて飛び降りるというのは強い覚悟が要るはずです。

中学校の制服を着ていたということですから、朝は普通に学校にいくつもりで家を出たのでしょうか。

それとも、親を安心させるためのカモフラージュで、最初から自殺を図るつもりで家を出たのか。

先日も東京・八王子で、15歳の男子生徒が拳銃で自らを撃って自殺を図るという痛ましい事件があったばかりです。

東京・八王子市で高1男子が拳銃自殺!使用したのは米国社製の真正品。動機は?考えられる入手経路とは

コロナ渦で自殺が増えるのではないか、と懸念する声もありますが、それは大人だけの話ではないのかもしれません。

事件の現場について

事件は、東京都新宿区富久町にある55階建ての高層マンションで起こりました。

若年層の自殺の主な原因は「いじめ」ではなかった!

10代、特に小中高生の自殺は、「学校でいじめがあったのではないか」と考えられることが多いです。

今回の自殺の理由は明らかにされていませんが、制服を着て出かけたのは確かですから、学校関連での悩みを抱えていたのかもしれません。

しかし、こちらの厚生労働省の資料を参考にしてみると、若年層の自殺の動機は「家族からのしつけ」「親子関係の不和」が非常に多いことがわかります。

自殺の理由
引用 https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/jisatsu/19/dl/2-3.pdf

性別にもよりますが、小学生男子・女子の自殺の原因はほぼ半数が家庭問題。

中学生になると学校問題や学業不振などの割合も上昇してきますが、それでもやはり親子関係の問題を苦にして自殺を図る少年・少女が多いことが見て取れます。

一方、「いじめ」を苦にして自殺している子は全体の割合からすれば少ない傾向にありますよね。

このことから、少々乱暴ではありますが、このようなことが考察できるかと思います。

  1. 過去の事件の反省点を生かし、学校でのいじめ対策は進歩している
  2. 一方で、学校側が踏み込めない家庭問題は深刻化している

コロナの影響で職を失い、なおかつ自粛生活で家で過ごす時間が増えたことで、親のイライラが子供に向かっていると危機感を募らせている専門家も多いです。

実際に、厚生労働省が全国の児童相談所を対象として実施した調査では、「児童虐待件数は前年に比べて1~2割強の増加となった」というデータもあります。

  • 新型コロナウイルスの感染拡大による休校や外出自粛で、子どもの虐待が増えるとの懸念が高まっていた
  • 厚生労働省は全国の児童相談所が1~3月に訪問や一時保護などの対応をした児童虐待件数(速報値)をとりまとめてところ、いずれも、前年に比べて1~2割強の増加となった
  • 1月は1万4974件(前年同月比22%増)、2月は1万4997件(同11%増)、3月は2万2503件(同12%増)だった

引用 https://www.asahi.com/articles/ASN5D3CWWN5CUTFL008.html

虐待件数は、厚労省が調査を始めた1990年度から毎年増える傾向が続いており、「1~3月の増加と新型コロナの関連は不明確」とされていますが、景気が大幅に落ち込んでいる今、経済的な困窮で生じた親のイライラが子供たちに向けられるというシナリオは全くあり得ない話ではありません。

今回の場合は、状況から見ても学校問題が絡んでいる可能性が高そうなので、ご両親も悲痛な想いを抱えていることでしょう。

しかし、ケースによっては家庭問題が絡んでいることもあります。

若年層の場合、何が原因だったのか?というのは見極めが難しいと思います。(学校はいじめの事実を隠したいでしょうし、親は自分の虐待を隠そうとするでしょう)

自分のことでも、他所のお宅のことでも、「これはもしかしたら虐待ではないだろうか」と感じた場合は、早めに児童相談所虐待対応ダイヤル「189」に連絡しましょう。

あなたにも、私にも救える命があるかもしれません。

ネットの声は?

今回の事件について、ネットではどのような声があったでしょうか。(Yahoo!ニュースのコメント欄から引用)

不登校経験者です。

当時、本当に学校に行きたくなかったけど、どうして学校に行きたくないのか自分でもわからず、説明できませんでした。
今振り返れば、様々なストレスの要因が思い当たり、限界だったんだと思います。

しかし、大人達は、どうして学校に行きたくないの?と聞いてきて、理由を答えられないならズルだと決めつけ、学校に行かせようとしてきました。
それに抗うのは本当にエネルギーがいることで、周りの人は学校に行けと言っているのに、私はその期待に添えない出来損ないなんだと更に強く思わされました。

この事件が不登校に関わることなのかは分かりません。しかし、もしお子さんが学校に行きたくないと言ったら、お子さんが大切なら、まずは休ませてカウンセリングに連れて行ってあげてほしいです。お願いします。

コロナで休校になって、学校に行けずに
友達と会えない、勉強が遅れると嘆く
子供たちがいる一方、休校になって
「休校になって助かった」と思っている
子供たちも一定程度いる。
感染が怖いからという虚偽の理由をつけて
でも休む、ある意味ズルい考えも持って欲しい
学校に行くつもりで着替えたのかな。
ストレスを抱えつつも登校する周りの子たち。もし我が子が休みたい。と言い出した時、どこまで突き放し、どこまで寄り添えばいいのかとても難しい。
元気に学校に行って欲しい。楽しい毎日を過ごしてほしい。でも死ぬ程辛いならば休んでいいんだよ。
親もどこまでそれを汲み取ってあげたらいいか迷う。小1の息子が学校に行くのを嫌がっているから人ごととは思えない。今朝もどうしてあげたらいいかわからずに無理矢理連れていってしまった。これでよかったのかな。
学校は休んでもいいと言う選択肢を与えるべき?でも学校は本来は毎日行くところ。
こんな高いところから…怖かったよね。

まとめ

以上、東京都・新宿区で起きた男子中学生の自殺についてまとめました。

ポイントを整理します。

  • 東京都・新宿区の55階建ての高層マンションで、中学校の制服を着た男子生徒が血を流して死亡しているのが見つかった
  • 警察は、男子生徒が飛び降り自殺を図ったものと見て調べを進めている
  • 自殺の背景には、いじめ、学校でのトラブルに加えて「家庭問題」などの可能性も考えられる

コロナが終息に向かいつつある今、「やっと学校に行ける」と楽しみにしている子供たちもいる中で、「ずっとコロナが流行り続ければいいのに」「このまま、学校がなくなってしまえばいいのに」と呪うような気持ちでいる子供たちもいるのかもしれません。

親の立場としては、「やっと学校に行ってくれる!」「やっと日常が戻ってきたー」と喜びたくもなりますが、子供はそんな親の態度にもプレッシャーを感じて傷ついているのかもしれません。

いつも以上に子供の様子に注意を払ってあげなければいけませんね。

亡くなった男子生徒のご冥福を心からお祈り申し上げます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。