事件

中川真理紗 顔画像、Facebookは?東京都大田区でひき逃げ死亡事故発生!白い高級車を暴走して逃げだ理由は薬?薬物使用で事故った場合の罪とは

東京大田区ひき逃げ事件

今日取り上げるのは、東京・大田区で、白いベンツを運転していた31歳の女性が警察官の職務質問中に車で逃走し、34歳の女性をはねて死亡させた事件についてです。

会社員の高橋悠さん(34)が亡くなり、飲食店店員の中川真理紗容疑者(31)が逮捕されました。

中川容疑者は、事故を起こした後、マンションに逃げ込んでいます。

そこまでして逃げたかった理由とはなんだったのでしょうか。

警視庁は尿鑑定を行ったと発表していることから、薬物の使用も視野に入れて捜査を進めているとみられます。

事件が起こった状況や容疑者の情報、薬物を使用して事故を起こした場合に問われる罪についてまとめていきますので最後までお付き合いください。

東京・大田区 高級外車暴走ひき逃げ死亡事件の概要は?

事件について報じたFNNプライムオンラインの報道内容を参考に、概要をまとめます。

  • 2020年5月20日午後、東京・大田区で、中川真理紗容疑者(31)は警察官の職務質問中に白い高級外車で逃走した
  • 逃走している途中、高橋悠さん(34)をはねて死亡させた
  • 現場付近にブレーキ痕はなかった
  • 中川容疑者はその後、近くのマンションに逃げ込んで階段で上階に逃げたが、身柄を確保された
  • 調べに対して「薬を飲みすぎたことが原因なのかわかりませんが、何かに衝突するまでの記憶がありません」と話している
  • 警察は、尿鑑定を行い裏付け捜査を進めている

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200521-00144421-fnn-soci

参考動画はコチラ↓↓

中川真理紗容疑者について今の時点で分かっている情報はコチラです↓↓

中川真理紗容疑者名前 中川真理紗

年齢 31歳

職業 飲食店店員(川崎市)

Facebook 本人のものと特定できるアカウントは見つかりませんでした。

インスタグラム、Twitterでは 「矢崎マリサ」というアカウント名で登録されているようです。(ベンツのナンバーから特定されたようです)

マンションに駆け込んだ時の様子などから、何かよほど警察に知られたくない事情があるようにも感じました。

人をひき殺したことだけの動揺ではないように思います。

今は推測でしかありませんが、やはり薬物使用の可能性もあるのではないでしょうか。

今後の調べに注目していきましょう。

事件現場は?

事件は、東京都大田区南馬込で起こりました。

薬の影響?薬物で事故った場合に問われる罪とは?

中川容疑者は「薬を飲み過ぎた」と供述しているそうですが、そのような状態で事故を起こしてしまった場合はどのような罪に問われるのでしょうか。

危険ドラッグを使用して、正常な運転が困難な状態で、交通事故を起こして人を死傷させた場合、危険運転致死傷罪が適用され、最長で20年の懲役刑が科される可能性があります。

引用 https://keiji.home-one.jp/way/crime/yakubutsu.html

さらに今回は「ひき逃げ」の罪にも問われることになるでしょう。

(交通事故の場合の措置)
第七十二条 交通事故があつたときは、当該交通事故に係る車両等の運転者その他の乗務員(以下この節において「運転者等」という。)は、直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じなければならない。この場合において、当該車両等の運転者(運転者が死亡し、又は負傷したためやむを得ないときは、その他の乗務員。以下次項において同じ。)は、警察官が現場にいるときは当該警察官に、警察官が現場にいないときは直ちに最寄りの警察署(派出所又は駐在所を含む。以下次項において同じ。)の警察官に当該交通事故が発生した日時及び場所、当該交通事故における死傷者の数及び負傷者の負傷の程度並びに損壊した物及びその損壊の程度、当該交通事故に係る車両等の積載物並びに当該交通事故について講じた措置を報告しなければならない。

第百十七条 車両等(軽車両を除く。以下この項において同じ。)の運転者が、当該車両等の交通による人の死傷があつた場合において、第七十二条(交通事故の場合の措置)第一項前段の規定に違反したときは、五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
2 前項の場合において、同項の人の死傷が当該運転者の運転に起因するものであるときは、十年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

(引用元:道路交通法72条・117条

また、薬物の所持・使用などの罪に問われる可能性もあります。

(所持の禁止)
第十四条 覚せい剤製造業者、覚せい剤施用機関の開設者及び管理者、覚せい剤施用機関において診療に従事する医師、覚せい剤研究者並びに覚せい剤施用機関において診療に従事する医師又は覚せい剤研究者から施用のため交付を受けた者の外は、何人も、覚せい剤を所持してはならない。

(引用元:覚せい剤取締法第14条

これだけの罪が課せられるということからも、薬物に手を出すことの恐ろしさがお分かりいただけるかと思います。

こちらの記事でも書きましたが、昨今は10代、20代の間で薬物使用が広まっているようです。

東京・広尾で22歳の女子大生が覚醒剤を受け取って逮捕!実際は「泳がせ捜査」で中身は”ミント菓子”。大学生が薬物に手を染める理由とは?

中川容疑者が薬を使っていたのかどうかは今の段階ではわかりませんが、もしそうだとしたら、

「ドラッグは、人の命を奪ったことの罪の重ささえ認識できなくなってしまう恐ろしい物質だ」

ということを世間に知らしめた事件と言えるでしょう。

ネットの反応は?

今回の事件について、ネットではどのような声があったでしょうか。

・・・こういった意見がありました。

まとめ

以上、東京・大田区で起きた高級外車暴走ひき逃げ事件について見てきました。

ポイントを整理します。

  • 東京都大田区南馬込で、警察の職務質問から逃走した中川真理紗容疑者(31)が、白い高級外車で高橋悠さん(34)をはねて死亡させた
  • その後、中川容疑者は近くのマンションに逃げたが、身柄を確保された
  • 「薬を飲み過ぎた」と供述していることから、薬物使用の可能性も考えられる
  • 薬物を使用して事故った場合、「危険運転致死傷罪」が適用される

厚生労働省の啓蒙サイトにもあるように、薬物は人生を狂わせ、人間関係を破壊します。

薬物乱用啓もうサイト
引用 https://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/yakubuturanyou/dl/pamphlet_01a.pdf

「1回だけなら平気」では絶対にありませんので、甘い誘惑に乗せられないようにしましょう。

亡くなった高橋さんのご冥福をお祈り申し上げます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。