事件

蛭田静治 顔画像 Facebookは?東京都足立区で殺人事件発生!コロナでイライラ?騒音トラブルか

東京都足立区隣人殺人事件

今日取り上げるのは、東京都足立区入谷のアパートで60歳の男が隣室の男性を刃物で刺殺した事件についてです。

小林勝之さん(38)が出血性ショックで亡くなり、無職の蛭田静治容疑者(60)が逮捕されました。

「出てこい。ぶっ殺すぞ」などと叫びながら隣室の玄関ドアを叩いて犯行に及んだとのことですが、一体どのようなトラブルがあったのでしょうか。

現場の状況や容疑者の情報について見ていきますので最後までお付き合いください。

東京都足立区入谷 男性刺殺事件の概要は?

事件について報じた日本テレビの内容を元にして、概要をまとめます。

参考動画はコチラ↓↓

  • 2020年5月4日午後8時15分ごろ、東京都足立区入谷のアパートで、「男が『殺してやる』と叫び、もみ合いになっている」と通行人の女性から110番があった。
  • 1階の廊下で小林勝之さん(38)が腹部を刺されて倒れていた
  • 小林さんの父親も頭を殴られてけがをしていた
  • 警察は隣人の蛭田静治容疑者(60)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した
  • 勝之さんは搬送先の病院で失血性ショックで亡くなった
  • 動機については、「子供の声がうるさくて我慢の限界だった」と供述している

蛭田静治容疑者の情報はコチラ↓↓

足立区隣人トラブル蛭田静治容疑者

名前 蛭田静治

年齢 60歳

住所 東京都足立区入谷

Facebook 本人のものと思われるアカウントは見つかりませんでした。

小林さんは、妻と幼い娘さんをつれて両親の元を訪れていたそうです。

小さな子供がいると、どうしても騒音の問題がついてまわります。

コロナ渦で些細なことでイライラしてしまう気持ちはわかりますが、せめて話し合いで解決できなかったのでしょうか。

直接言わないまでも、管理会社に相談して注意してもらうなどもできたはずです。

周囲に配慮できなかった被害者側にも問題はありますが、「毎日」ではなかったわけですし、寛容に対処して欲しかったですね。

事件現場は?

事件は東京都足立区入谷のアパートで起こりました。

殺人罪とは?

今回の事件では「殺人罪」が適用されます。

構成要件

(殺人)
第百九十九条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

(引用元:刑法第199条

「イライラ」が原因の通報が増えている

産経新聞の報道によれば、ここ最近、「公園で子供がサッカーしているから注意して欲しい」「子供が公園で遊んでいる」「パチンコ店が営業している」など、些細なことで警察に通報する人が増えています。

コチラの記事とデータ↓↓を参考にすると、コロナ関連の「イライラ通報」は4月だけでも1000件を超えており(東京都内)、警察の業務に障害をきたしていることがうかがえます。

コロナ関連イライラ通報

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/94d3d1ebe91bd4b2b0156a25e0e9dd3aa1007ab6

このような行動に出てしまう背景には、以下のような心理が見て取れます。

  • コロナショックで先行きが見えないことに対する不安
  • ストレスやイライラで疑心暗鬼になっている
  • なにかと理由をつけて他人を攻撃したい

コロナに感染した人の行動履歴についてネットで批判する人々にも、共通して言えることでしょう。

確かに、我慢して自粛している人から見れば、外で笑って歩いている人を見ただけでも「不謹慎だ!」と思えるのかもしれません。

しかし、楽しそうにしている人を裁いたところで何の解決にもなりません。

そもそも、注意して口論になることも「密」になりますよね。

あまり他人のことに目くじらを立てず、今は自分ができることを粛々とやること。

そういった意味でも他者と一定のソーシャルディスタンスを取ることが大事なのではないでしょうか。

ネットの反応は?

ネットの反応はどのようなものがあるでしょうか?

・・・こういった意見がありました。

まとめ

以上、東京都足立区で38歳の男性が刺殺された事件についてまとめてきました。

ポイントを整理します。

  • 東京都足立区入谷のアパートで、小林勝之さん(38)が蛭田静治容疑者(60)に刺されて亡くなった
  • 小林さんは、妻と幼い娘をつれて、蛭田容疑者の隣室に住む両親の元を訪れていた
  • 蛭田容疑者は「子供の声や走り回る音がうるさかった。我慢の限界だった」と供述している

ネットの声として印象的だったのは、「子供の声がうるさいのは本当に迷惑」「子供がいる人には、いない人の気持ちがわからない」といった意見です。

蛭田容疑者の犯行は確かに身勝手で許されるものではありませんが、こういったトラブルを防ぐためにも、小さなお子さんを持つご家庭では周りに対する配慮も必要でしょうね。

筆者は、迷惑をかけられるほう/かけるほうの両方を経験してきたのでよくわかりますが、特にアパートやマンションなど集合住宅では様々な家族構成や生活スタイルの方が一緒に住んでいるわけですから、周りへの配慮は絶対に必要です。

個人的にはちょっと神経質になるくらいでないと騒音トラブルは避けられないと思います。

顔を合わせたら「いつもうるさくて申し訳ありません」とこちらから一声かけ、特に夜はドタドタ走り回らないように注意する。

これだけでも、相手への印象はずいぶんと変わってくると思います。

また、引っ越してきた時は必ず挨拶に行くように!(ちょっといいお菓子など持参すれば、多少のことは許してもらえるでしょう)

亡くなった小林さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。