自殺

パナソニック産機システムズでパワハラ事件発生!人事課長が、内定学生にSNS交流サイトへの書き込みを強要。入社2ヶ月前の男子学生が自殺

パナソニック子会社パワハラ事件

えびてん速報です。

今日取り上げるのは、パナソニックの完全子会社「パナソニック産機システムズ」で起こったパワハラ事件についてです。

人事課長によるSNSへの投稿の強要や脅しとも受け取れるような言葉の暴力を苦に、同社に内定が決まっていた22歳の男子学生が入社2ヶ月前に自ら命を絶ちました。

事件が起こった状況やパワハラの加害者となった課長についての情報を見ていきますので最後までお付き合いください。

事件の概要は?

事件については朝日新聞デジタルが報じました。

報道の内容は↓↓の通りです。

就職が内定している企業の人事課長からパワーハラスメントを受け、大学4年の男子学生(22)が入社2カ月前にみずから命を絶ったとして、遺族の代理人弁護士らが9日、記者会見した。人事課長は、入社時の配属への決定権をちらつかせながら、内定者でつくるSNS交流サイトに毎日書き込むよう強要していたという。会社側も取材に「行き過ぎた行為があった」と認めた。

会見した川人博弁護士によると、死亡した男子学生は2018年春にパナソニックの完全子会社「パナソニック産機システムズ」(東京)から新卒採用の内定を得た。同社では内定者への研修の一環として、SNS交流サイトに内定者20人を全員登録させていた。人事課長(当時)は、このサイトに毎日ログインして投稿にコメントすることや、課題として出された本の感想を投稿することなどを求めたという。

「誰がいつサイトに入っているかは人事側で見えています」

「毎日ログインしていなかったり、書き込まない人は去ってもらいます」

川人弁護士によると、18年7月ごろから人事課長がSNSに投稿するこうした言葉で次第に追い込まれていった。書き込みが少ないといった理由で内定者をSNSから排除したり、「無理なら辞退してください、邪魔です」などと内定辞退に言及したりしたほか、「ギアチェンジ研修は血みどろになるくらいに自己開示が強制され、4月は毎晩終電までほぼ全員が話し込む文化がある」などと入社後の過重労働を示唆したりしていたという。

男子学生は2019年1月以降、就職について迷いを口にするようになり、同年2月に自殺したという。直前には、人事課長からの投稿について「きつい」「つらい」「死にたい」と吐露していた。当時22歳の大学4年生で、同年4月に入社する予定だった。弁護士らは約1年にわたり調査をしてきた結果、人事課長のハラスメント行為で精神疾患を発病し、自殺につながったとみている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200409-00000043-asahi-soci

このような報道がされました。

大手パナソニックの子会社ですから、内定を勝ち取るのもハードルは高かったはず。

精一杯努力して手に入れたであろう内定だったのに、「辞退して」などと言われてしまったら未来に希望を持てなくなるのも当然です。

正式に入社する前にこのようなことになってしまい、親御さんも本人もさぞや無念だったことでしょう。

別のサイトの報道で、遺族が発表したコメントが掲載されていましたが、

「ここなら自分が成長できる」「ステップアップできるかもしれない」

という期待に胸を膨らませて同社を就職先に決めたとのこと。

人材不足が深刻な問題になっている日本で、希望に満ちた気持ちで入社してくる若者を裏切ったというのはとても罪の重いことではないでしょうか。

パワハラをした上司ってどんな人?なぜそこまで新入社員を追い詰めたの?

今の段階で分かっている人事課長についての情報は以下↓↓の通りです。

年齢 不明

部署 人事課

役職 課長

状況
内定者に対して、同社のSNS交流サイトへの書き込みを強要。

書き込みが少ないと「無理なら辞退してください。邪魔です」などと内定辞退を促すような発言をしていた。

また、入社後の過重労働などを示唆する発言も繰り返しており、内定者を精神的に追い詰めた疑いが持たれている。

同社では、入社後に本当にそのようなスパルタな労働が待っているのでしょうか?

もしもそうなのだとしたら、この事件は企業の体質を変える絶好のチャンスですね。

パワハラは”罪”になるの?

こういったパワハラ事件が報じられる時は、加害者となった人物の名前は公表されませんし、「~の罪で逮捕」みたいなことも書かれていませんよね。

では、パワハラは法律上の「犯罪」にはならないのでしょうか?

これについては、コチラの記事↓↓がとてもわかりやすくまとめられていましたのでぜひ参考にしてみてください。

⇒ 参考:リーガルマガジン 「Q&A パワハラが法律上の犯罪となることはありますか?」

この記事によれば、やはり「パワハラ」と呼ばれる行為の中には法的な刑事責任を問われるケースもあるようです。

パワーハラスメントとは、厚生労働省によると、「職場のパワー・ハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と定義されています。この定義によりパワーハラスメントとされる行為の中には、犯罪行為も含まれています。

引用:https://www.legamaga.com/812/

今回の場合、肉体的に暴行や傷害を加えているわけではありませんが、「脅迫」や「強要」に該当する行為はあったものと認められます。

それぞれの罪についてまとめます。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

(引用元:刑法222条・223条

引用:https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=140AC0000000045&openerCode=1#937

人の命まで奪った行為にしては、課せられる罪は軽いようにも思います。

会社側は、「パナソニックのロゴを見るだけでも怒りが湧き、裏切られた気持ちです。」という遺族の失意を重く受け止めるべきです。

事件現場について

事件は東京都墨田区押上のパナソニック産機システムズで起こりました。

ネットの反応は?

ネットの反応はどのようなものがあるでしょうか?

ナショナル、松下電器からパナソニックに変わってから
パワハラ案件をちょこちょこ聞くようになった。
社員は会社を出れば消費者でもあるし、社員を取り巻く
家族や友人、知人を合わせれば相当数が関係者だ。
そう考えれば、パワハラが横行する会社の製品を社員や
関係者が買うとでも思っているのか。
まぁ、これはパナソニックに限らない話だが。
だからパナは消費者対応も悪いんだね~
以前、チャリ用ナビ購入したら説明書に地図ファイルオンライン無料更新ありと記載あったのに、更新連絡ないから問い合わせたら有料しかなくなったとか。詐欺まがいのことやられたことあるからな~
だからパナソニックは一切買わなくなった。
社員ろくなやついないから今の体たらくなんだな。松下さん嘆いてるだろうな。
せっかく決まった就職、きっと楽しみにしてたでしょう。親御さんも喜んでくれたでしょう。だからこそ誰にも相談出来ず追い込まれてしまったんでしょうか…。あまりにも酷い。まつりさんの事件と言い、結局ブラックはブラックのまま変わらないんですね…それでも大手だからと皆が入りたがる…そして政府はこんな企業こそ救おうとする。意味わからないわ
ここの話じゃないけど、テレビで自己啓発合宿で追い込むだけ追い込んで洗脳状態にして最後感動の涙を流すみたいなのを美談的に流してるけど、あれもはた目には超絶ブラックでしかない。
業務をこなし続けることはたしかに社会人の責任ではあるけれど、仕事はあくまでもプライベートを守るための収入源に過ぎないことを、企業側は忘れてはならない。
社員は企業がどう扱おうと自由な所有物ではない。会社のためにある程度以上の犠牲を払い協力してくれている人々なのだ。それをわからない奴らは“お客さん”の事も正しく理解することは無理だろう。潰れるよ。
「嫌なら辞めりゃ良いじゃん」て声もあるけどさ。

不安な世の中でやっと内定を貰った会社でしょ。簡単には辞退なんて出来ない。だって、このタイミングを逃したら就職浪人決定だよ?そして「新卒」でなくなり、普通の就職活動は出来なくなる。
社会人経験のない学生にとってはもの凄い恐怖の筈だよ。

おじさんなら「何とかなるでしょ」って思えるけど、学生の見えてる狭い世界じゃ、もうこの世の終わりに思えたんじゃないか?

みんなこの経験をした筈。不安なのは誰でも知ってんのに、なんで入社前にいたずらに追い詰めるかな。

我々大人は、もっと想像力を働かせて、若者だった頃の気持ちを思い出さなきゃいけないんじゃないか?本当に残念だ。

・・・こういった意見がありました。

まとめ

コメントで書いている方もいますが、仕事はあくまでもプライベートを守るための収入源に過ぎません。

仕事はあくまでも人生のほんの一部。

そう思えていたら、命を落とすほど思い詰めることはなかったでしょう。

追い詰めた人事課長はもちろんのこと、「ブラックな会社に入ってしまった=もう俺の一生は終わったようなものだ」と思わせてしまう社会の風潮にも問題があるのではないかと感じます。

私たち大人が、「仕事は大変だけど、人生はそれだけじゃないしね」と気楽に構えてプライベートを楽しんで生きる姿をもっと見せてあげられれば良いのですが。

それができない今の日本社会そのものにも責任がある事件なのではないかと感じました。

大人は、これから社会に旅立っていく若者たちにどんな姿を見せたら良いのか?自分の生きざまや働き方から、若い世代にどんなメッセージを伝えていくべきか。

そんなことを考えさせられた事件でした。

また何か情報が入りましたら随時更新していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。