自殺

愛知県刈谷市で18歳の女子高生が飛び降り自殺!原因は?いじめはあったのか

愛知県刈谷市女子高生自殺

えびてん速報です。

今日取り上げるのは、愛知県刈谷市のマンションで、18歳の女子高生が頭から血を流して倒れているのが見つかった事件についてです。

女子高生は同マンションの11階と12階の間の踊り場から飛び降りたとみられ、病院に搬送されましたが全身を強く打っていて亡くなりました。

未来ある女子高生が、なぜ自ら命を絶たなければならなかったのか。

事件のいきさつや考えられる原因についての情報を見ていきますので最後までお付き合いください。

事件の概要は?

事件については東海テレビが報じました。

報道の内容は↓↓の通りです。

16日夜、愛知県刈谷市のマンションで、女子高校生が血を流して倒れているのが見つかり、まもなく死亡しました。警察は自殺の可能性が高いとみて調べています。

16日午後10時ごろ、刈谷市のマンションの駐輪場で、女子高校生が頭から血を流して倒れているのを住民の女性が見つけ、消防に通報しました。

倒れていたのは、このマンションに住む高校3年生の18歳の女子生徒で、病院に搬送されましたが全身を強く打っていておよそ2時間後に死亡しました。

調べによりますと、マンションの11階と12階の間にある階段の踊り場に、女子生徒のものとみられるサンダルが並べて置いてあり、警察は飛び降り自殺の可能性が高いとみて調べています。

また、これまでに学校でのいじめなどの話は出ておらず、遺書も見つかっていないということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200317-00027322-tokaiv-soci

このような報道がされました。

11階から飛び降りるには、相当な覚悟が要るはず。

夢もあったであろう少女にそこまで固い覚悟をさせた要因とはどのようなことだったのでしょうか。

原因は?いじめはあったのか

いじめがあったかどうかについては、今のところ明らかにはなっていません。

今後、学校側からの発表などにも注目していきたいですね。

亡くなった生徒について今わかっている情報を↓↓にまとめます。

学年 高校3年生

年齢 18歳

住所 愛知県刈谷市

状況

自宅マンションの11階と12階の間の踊り場にサンダルを残し、飛び降りて自殺。全身を強く打って死亡。

今の段階ではわからないことばかりですが、少なくとも、この女子高生に強い自殺願望があったことは間違いなさそうです。

前途ある少女の身に何があったのかはわかりませんが、周りの大人が誰も気づけなかったこと、少女が一人で大きな問題を抱えていたことを想うと胸が痛みます。

3月は要注意月!自殺者が多い理由とは?

コチラの記事で詳しく解説されていますが、3月は年間を通じて見て最も自殺者が多い月です。

⇒ 参考:ヘルスUP日経Goody「医師が語る 自殺する人と、踏みとどまる人の違い」

理由としては、以下のようなことが考えられます。

  • 3月は年度末で、いろんなことが追い立てられるように進んでいく
  • そのため心境的にも追い詰められ、「死ぬしかない」と思ってしまう
  • 残業や土日出勤が多くなり、心身を休める時間が減ってしまう
  • みんながみんな忙しく、家族や友人とのコミュニケーションが取りにくくなる
  • (自営業の場合は)支払いや借入の返済を迫られ、心理的に追い詰められる

今回の場合、直接的な原因はまだわかっていませんが、高校3年生ですから進路について何か緊迫した悩みを抱えていたのかもしれません。

しかし、年度末にコロナパニックも重なって、周りにゆっくり相談できる大人が誰もいなかったのかもしれませんね。

休校などで友達にも会えていなかったとしたら、孤独感に押しつぶれされて「もうダメだ」と将来を絶望視してしまった可能性もあります。

彼女もまた、このコロナパニックの犠牲者の一人と言っても過言ではないでしょう。

事件現場について

現場は、愛知県刈谷市のマンション。

女子高生は、11階と12階の間にある踊り場から自ら飛び降りたと見られています。

ネットの反応は?

ネットの反応はどのようなものがあるでしょうか?

高3でこの時期なら
授業が打ち切りになったことにより留年や推薦入試をしくじったか。
若しくは進路自体が決まらなかった場合も。
あと一般的なのが異性関係ですかね。
留年・入試絡みなら親の言動や態度も関わるかも。
式はやっていないが事実上卒業している状態で
学校生活やいじめが原因というのは考えられない。

普通の人はあまり理解できないのだが、
就職同期で個人的な思想で飛び降り自殺した人がいる。
宗教とか全く関係無しで
「自分は25歳で死ななければならない」という個人的な使命感が有って自殺した。
10代の時からそう考えていたようでそれ関係の遺書が残っていたらしい。
研修を通じて比較的親しかったがそういうそぶりや発言、
全く無かったよ。

体調不具合で自殺する人もいるからね、色々な人がいる。

私の知人も奥さん、小さい子供がいるのに命を断ちました。本当に明るく、いい人でした。会社である事がきっかけで自殺をしました。多分、周りの人に迷惑かけたという気持ちだけで自殺してしまったと思う。人の心は壊れやすく、傷つきやすいものなのだと思います。それと性格や過去の生き方で色々な事を抱え込んでしまう事があると思う。周りにいる人がいい人ばかりでないから、だから他人がその傷や悩みに気づき助けてあげることは難しいと思う。でも、気づいたら助けてあげたい。そして、命を断つ前に一度開き直ってほしい。学生だったらあと少し頑張って大人なったら自分で開ける道があるから負けないでほしい。悩んでいる人は食べることも寝ることも出来ないと思う。一度誰もいない広い所で大声で倒れるまで叫んでみて、必ずチャンスや希望が見えるから。負けないで。
結局は本人しか分からないことですが、
様々な過程の中で、
『死ぬこと>>生きること』になってしまったのではないかと。

逃げたら『甘えるな』
辛いと言えば『みんなも辛い思いしてる』
と、相談しても無意味だって思ってしまうのかもしれません。

ただ、死んだら『逃げても良かったのに』『辛いことあったのかな』
と暖かい言葉を掛けてくれる。

上記が全てでは全くありませんが、こういう思考もありえるという話です。、

この手の話題だと、
『生きてれば良い事あるのに』というのは無責任な発言かなと。
価値観は人それぞれ故、”あったかもしれない”ならまだ適切だと思いますね。

生きやすい世の中になればと思いますが、まだまだ厳しいと思ってます。

家族にも友達にも相談できずに一人で抱え込むのは、本当に辛い。他人は、誰も助けてくれない。見て見ぬふりだ。みんな自分のことで精一杯で心配などしてくれない。
自殺は、逃げではない。逃げられなかったんだ。
私の家庭は、母子家庭で毎日が食パンばかり、貧困なのだ。当然、そんな生活を続けているから便秘ぎみ。仕事にも身が入らなくて迷惑ばかり掛けて、休んでばかり。
そんな私を会社は、見捨てない。首にしない。
それは、家庭事情を知っているから。
私も毎日が嫌になる。幸せな家庭を見ると嫉妬してしまう。そんな自分がいやになる。
お金はない。愛もない、私は、なにをよすがに生きればいいのやら?しにたくてもしねない
生きるしかないのだ。辛かったら逃げてもいい。他人にどうおもわれてもいい。
またそこからさいすたーとできたらいいんだけどね、、、、なかなかうまくいかない。
はあ、人生ってなんなんだろうか?

・・・こういった意見がありました。

まとめ

今回もそうですが、自殺関連のニュースのコメントは他の事件よりも長文の方が多いような印象を受けます。

それだけ、「他人事ではない」という危機感のようなものがあるのかもしれませんね。

さきほど紹介したサイトにも書かれていましたが、日本では「自殺は自分が決めたことだからしょうがない」と、ある種の諦めのような、同情のような感情を持つ方が少なくありません。

しかし、自殺者の多くはうつ状態になっていたというデータもあり、周りのサポートがあれば救うことができた命なのです。

「本人が決めたことだから」「これはもう、どうしようもなかった」

と物わかり良くあきらめてしまうのはなく、「救えなかったこと」にもっとフォーカスして社会全体が自分のこととして責任を感じる社会にしていかなければならないのだと思います。

亡くなった女子高生のご冥福をお祈りいたします。

また何か情報が入りましたら随時更新していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。