事件

浅野正 顔画、Facebookは?埼玉地裁前で殺人事件発生!准教授の夫が国家公務員の妻を刺殺!動機は?

埼玉県庁前殺人事件

えびてん速報です。

今日取り上げるのは、埼玉県庁近くの歩道で女性が刺された事件についてです。

近くにいた男性が殺人未遂で逮捕されています。

通り魔的な犯行なのか、それとも怨恨か?

事件が起こった状況や逮捕された犯人についての情報を見ていきますので最後までお付き合いください。

※その後の報道で、逮捕されたのは浅野正容疑者(51)であることがわかりました。

また、刺された女性は浅野容疑者の妻、法代さん(53)です。

法代さんは間もなく死亡が確認されたとのことです。

事件の概要は?

事件についてはテレビ朝日が報じました。

報道の内容は↓↓の通りです。

埼玉県庁近くの歩道で女性が刺され、男が現行犯逮捕されました。

16日午後6時すぎ、さいたま市浦和区の歩道で「刺された女性がいる」と通報がありました。女性は病院に救急搬送されましたが、詳しい容体は分かっていません。警察が現場に駆け付け、近くにいた男を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。男女トラブルとみられ、警察が事件の経緯を調べています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200316-00000044-ann-soci

このような報道がされました。

近くにいた男を逮捕したとのことですから、この男性は犯行後も逃げずに現場に留まっていたのでしょう。

だとしたら、通り魔的な犯行ではないように思われます。

逮捕された男は何者?二人の間に何があったの?

今の段階で分かっている犯人についての情報は以下↓↓の通りです。

※犯人の顔写真と名前が公表されました。

埼玉県庁前殺人事件 浅野正容疑者

名前 浅野正

年齢 51歳

職業 大学准教授(文教大人間科学部臨床心理学科の准教授。公益社団法人「埼玉犯罪被害者援助センター」の理事を務めていることも明らかになりました。)

Facebook 同姓同名のアカウントを発見しましたが、本人のものと断定できるようなアカウントはありませんでした。

状況
埼玉県庁近くの歩道で、妻を複数回刺して死亡させた。容疑を認めている。

続いて、亡くなった女性についての情報です。

名前 浅野法代

年齢 53歳

職業 さいたま少年鑑別所に勤務する国家公務員

今の段階では動機などはわかっていませんが、「別居していた」という情報がありますので夫婦の間になにかしらのトラブルがあったのは間違いなさそうです。

新しい情報が入ってきましたら追記していきます。

殺人罪とは?

今回の殺人の罪について調べてみました。

殺人罪は人を殺した時に成立する犯罪で、場合によっては死刑にもなりうる極めて重い犯罪です。

構成要件

(殺人)
第百九十九条 人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。

(引用元:刑法203条

引用:https://keiji.vbest.jp/crime/murder/

事件現場について

事件はさいたま市浦和区高砂3丁目のさいたま地裁前で起きました。

ネットの反応は?

ネットの反応はどのようなものがあるでしょうか?

埼玉地裁って横に検察庁あるよね
そんなとこでやれば確実に現行犯なりで捕まる
県庁も目の前にあってそこそこ車通り多いから目撃者も多いだろうし、すぐに救急車呼ばれる
恨み辛みがあったり、通り魔としてもなんでそんなところでやったのか
逮捕されたかっただけなのか
裁判中の男女なのかな?
男女関係で裁判中の人は気をつけないとね。
警備は無いものと思って、自分の身は自分で守る覚悟で細心の注意を払わないとですね。

そもそも男女関係で会ったらヤバいことくらい裁判所も分かってるんだから、期日をずらすとか、テレビ会議を積極的に使うとか面と向かわないで済む方法を考えろよ、って話だよね。
いつまでも古い体質で戦後間もない判例に縛られるとか、アホみたい。
時代に合わせていかないと、誰も司法を信じられなくなる。

私も経験上、親権問題、子の面会交流で いがみ合った。相手を殺めたいと よぎった時も 正直あったが、そんな事をしたら 息子の手本にならないし、生産性が何もない。 10年近くたった今は、相手方と息子と 三人で会食するまでになりました。 裁判官も 簡単に離婚させないで、恨まれない成敗をしてくれ!。
女性を刃物で刺すなんて
なんとも、男らしい・・・まさに、男の中の男ですね。
昔は「女は刃物を使うから・・・」なんて言われてたけど
最近の事件では、完全に逆になってるよね。
ここに傍聴しに行った時に元反社の証人とエレベーターで一緒になってちょっと気まずい空気になった
民事だと被告と原告が一緒になる事もあるだろうし
そのうちトラブルが起こるだろうなと思った事がある
今回はどうだったか分からないが

・・・こういった意見がありました。

まとめ

コメントにもありますが、「別居中」とのことなので裁判中の夫婦だったのかもしれません。

准教授と国家公務員。

世間的には「エリート夫婦」と言われるであろう二人の間にどのようなトラブルがあったのか。

言葉の能力にも長けているであろう二人が、なぜ冷静な話し合いで問題を解決できなかったのか。

また何か情報が入りましたら別記事で更新していきます。

亡くなった浅野法代さんのご冥福をお祈り申し上げます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。