事件

滋賀県大津市の地下道で謎の焼死体。事件か自殺か?第一発見者の男性は午前2時に現場で何をしていたの?

大津市地下室焼死

えびてん速報です。

今日取り上げるのは、滋賀県大津市の地下道で10代~20代と見られる男性が焼死した事件についてです。

事件と事故、両方の可能性を考えて捜査しているとのことですが、この男性に何があったのでしょうか。

事件が起こった状況と第一発見者についての情報を見ていきますので最後までお付き合いください。

事件の概要は?

事件については京都新聞が報じました。

報道の内容は↓↓の通りです。

6日午前2時25分ごろ、大津市におの浜4丁目の地下道で、男性の焼死体を散歩中の男性(71)が見つけ、110番した。

滋賀県警大津署によると、遺体は10~20代とみられ、全身と着衣が焼け、目立った外傷はなかった。長さ約30メートルの地下道の中央付近に倒れていた、という。同署が身元を調べている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00280171-kyt-soci

このような報道がされました。

発見された時はまだ燃えていて、炎に包まれた状態だったという報道もあります。

深夜の地下道で人が燃えているのを発見するとは、第一発見者の男性もさぞや驚かれたことでしょう。

事件の第一発見者になってしまったらどうなるの?

この71歳の男性のように、不可思議な事件の第一発見者になってしまったらその人はどのような扱いを受けるのでしょうか?

特に、深夜2時という時間帯に現場付近をうろついていたということになると、犯人ではないか?という疑いをかけられてしまう可能性も考えられます。

これについては、第一発見者の”その後”をリアルに描いた漫画を見つけましたのでご紹介します。

⇒ オモコロ 「【漫画】ある事件の第一発見者になってしまった夜 」

初めて人の「死」というものに触れた戸惑いや恐怖がとても丁寧に描かれていますね。

そしてやはり、警察から何度も何度も根掘り葉掘り聞かれる羽目になるとのこと。

自分としては善意で通報したのに「まるで犯人扱い」ということで、人によってはブチ切れることもあるようです。

今回の場合も、「事件性」という面ではこの発見者に疑いの目が向けられてしまうかもしれませんね。

ちなみに、第一発見者には2時間で1000円程度の謝礼がつきます(捜査協力費として)。

上記の漫画に描かれているような恐怖や戸惑いを考慮すると、ちょっと安いようにも感じますが、謝礼を出すということは、それだけ警察が第一発見者の情報を重要視しているということですよね。

通報するのは勇気の要ることですが、通報がなければ救えない命もありますし、誰も通報していなければ犯人が遺体をどこかに隠してしまっていた可能性もあります。

ともすれば自分が疑われているようで気分の悪い思いをすることもあるかもしれませんが、やはり何かを目撃したり見つけたりしたらその場から逃げたりせずに通報することが大事ですね。

今後の調べに注目していきたいと思います。

事件現場について

事件は大津市におの浜4丁目の地下道で起こりました。

ネットの反応は?

ネットの反応はどのようなものがあるでしょうか?

地下道通るけど、防犯カメラなりなんなりつけてほしい

気持ち悪い

年寄りだから寝付けなくて偶然見つけたんかな
早く寝たら3時ぐらいには目が覚める人もおるしなー

これって
燃えている最中に見付けたようですが
ものすごい臭いだったはずだよね。だから気になって地下道に入ったのかな?

こんな場面に出くわすこともないけど
火がついた時刻を遡ると
2時15分くらいですか??呪いとか?!

30年くらい前、大阪市営地下鉄が堺筋線の某駅のトイレで最終近く、ややロン毛の酔っぱらいのおっちゃんと二人きりだったんだけど、その酔っぱらいが禁煙なのに煙草に火をつけようとして自分の髪に燃え移って大変なことになりかけたことがあった。その時は事無きを得たけど、今回もそんな感じじゃないのかな。
全身やけどをしている状態なのに年齢層は想定でも分かるということは
顔はそこまでやけどはひどくなかったということか。
もし、自殺なら遺体のそばに火をつける物があるはずですね。
なかったとしたら、他殺の可能性か。
高齢者がこんな時間に散歩なんてしたら強盗にあうかもしれない。
いくら早く目覚めるからといって、深夜の散歩は控えた方がいい。
強盗対策で財布を持たずに散歩したら、今度は万一急病になった時に困る。

・・・こういった意見がありました。

まとめ

多くの方が指摘しているように、発見者の方がこの時間帯に一人で散歩をしていたというのも不自然ですし、なにより防犯上、危険です。

今回のように何か事件を目撃してしまうかもしれませんし、この発見者が巻き込まれて命を落としていた可能性もあります。

高齢者に限らず、不要不急の深夜の外出は控えたほうが良いでしょう。

亡くなった男性のご冥福をお祈り申し上げます。

また新しい情報が入りましたら、随時更新していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。