事件

望月克敏 顔画、Facebookは?山梨県南部町で殺人事件発生!正当防衛?それとも殺意はあったの?

山梨県南部町殺人事件

えびてん速報です。

今日取り上げるのは、山梨県南部町で、60歳の男性が30歳のめいの顔を殴って死亡させた事件についてです。

望月香那さん(30)が亡くなり、大工・望月克敏容疑者(60)が逮捕されました。

「母親が切り付けられているのを見て、止めようとした」と供述しているそうですが、この3人に一体何があったのでしょうか。

事件が起こった状況や望月容疑者についての情報を見ていきますので最後までお付き合いください。

事件の概要は?

事件についてはテレビ朝日が報じました。

報道の内容は↓↓の通りです。

「母親が切り付けられているのを見て、カッとなった」と話しています。

山梨県南部町の大工・望月克敏容疑者(60)は26日、自宅でめいで無職の香那さん(30)の顔を殴って押さえ付け、死亡させた疑いが持たれています。警察によりますと、望月容疑者は香那さんが包丁で89歳の母親を切り付けていたと説明しているということです。母親は頭などを切られましたが、軽傷です。取り調べに対し、望月容疑者は「母親が切り付けられているのを見て、止めようと思った。カッとなった」と容疑を認めているということです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20200228-00000004-ann-soci

このような報道がされました。

参考画像はコチラ↓↓

家族関係でいうと、望月容疑者の母親は、亡くなった香那さんから見れば祖母にあたる人物です。

望月容疑者の供述が本当だとしたら、香那さんはなぜ自分のおばあちゃんに刃物を向けたのでしょうか。

まだ謎が残る事件です。

新しい情報が入りましたら随時更新していきます。

望月克敏容疑者ってどんな人?顔画は?Facebookはある?

今の段階で分かっている望月容疑者についての情報は以下↓↓の通りです。

【加害者】

名前 望月克敏

年齢 60歳

職業 大工

住所 山梨県南部町

Facebook 同姓同名のアカウントは複数ありますが、本人のものと特定できるようなアカウントは見つかりませんでした。

状況 めいの香那さんが、包丁で母親を切り付けているのを見て止めに入る。カッとして香那さんの顔を殴り、押さえつけて死亡させた。

つづいて、被害者の情報をまとめます。

【被害者】

名前 望月香那

年齢 30歳

職業 無職

状況 祖母(克敏容疑者の母親)に包丁で切りつける。止めに入った克敏容疑者に殴られ、押さえつけられて死亡。

自分をこの状況に重ね合わせてみると、もし自分が祖母に包丁を向けていたとしたら伯父は止めに入るだろうと思います。

そして私が無職で家にこもるような生活をしていたら、伯父は少々感情的になって私に説教をしたり、もしかしたら平手打ちくらいのことはするかもしれません。

あくまで推測の域を出ませんが、克敏容疑者と香那さんの間にもそういったやり取りがあったのではないでしょうか。

何度も繰り返しているうちに、克敏容疑者も感情的になり過ぎて自分を制御できなくなってしまったのかもしれません。

何か新しい情報が入りましたら更新していきます。

正当防衛ではないの?

今回の場合、母親は香那さんに頭を切られてケガをしているわけですから、克敏容疑者が止めに入らなかったら香那さんに殺されていたかもしれません。

それを助けたというのは、「正当防衛」にはならないのでしょうか。

正当防衛とは、「急迫不正の傷害に対して自己または他人の権利を防衛するため、やむを得ずした行為」と定義されています。(刑法36条1項)

この定義に照らし合わせてみれば、今回の克敏容疑者のとった行動は十分に「正当防衛」とみなされるものだったと思われます。

しかし、実際には殺人(傷害致死)の疑いが持たれているわけですから、このへんの基準は素人には判別が難しいところと言えるでしょう。

正当防衛か?傷害か?

その判断基準についてわかりやすく解説しているサイトがありましたのでご紹介します。

⇒ 参考:刑事事件弁護士ナビ 正当防衛の定義|正当防衛と認められるための5つの条件

上記サイトによれば、正当防衛の条件として以下の5つの項目が挙げられます。

  1. 不正の侵害であるかどうか
  2. 急迫性があるかどうか
  3. 防衛行為の必要性があるかどうか
  4. 防衛行為の相当性があるかどうか
  5. 防衛の意志があったかどうか

もっとわかりやすく言うと、

  • 相手の行為に違法性があったか?
  • 命に係わるような危険な状況が現在進行形で続いているのか?
  • その防衛行為は本当に必要だったのか?
  • 防衛のための「必要最小限度のもの」であったかどうか

ということですよね。

この基準に照らしてみると、今回の場合は「カッとなった」という供述が一つのポイントになるかと思われます。

確かに、克敏容疑者が止めに入らなければ母親は切りつけられてもっと深刻なケガを負っていたかもしれません。

しかし、そこで「カッとなって」香那容疑者を殴り、押さえつけてしまった。

その力の加減がどの程度だったかはわかりませんが、やはりそこまでやってしまうと「必要最小限ではない」「過剰防衛だ」とみなされてしまう可能性は高いでしょう。

このような状況は誰にでも起こり得ることですし(例えば通り魔に襲われるなども含みます)、正当防衛の判定基準については私たちも正しく認識しておくに越したことはないのです。

今回はどんな罪になるの?

今回、克敏容疑者の行為は「傷害致死罪」に相当すると思われます。

これは、傷害行為によって相手が死亡したときに成立する犯罪です。

構成要件

(傷害致死)
第二百五条 身体を傷害し、よって人を死亡させた者は、三年以上の有期懲役に処する。

(引用元:刑法205条

引用:https://keiji.vbest.jp/crime/injury/

自分としては母や香那さんのために正しいことをしたつもりだったのに、実際は「殺人犯」になってしまった。

・・・克敏容疑者の立場からすれば、そのような状況だったのかもしれません。

香那さんの供養のためにも、早期に真相が明らかにされることを期待します。

事件現場について

事件は、山梨県南部町で起こりました。

ネットの反応は?

ネットの反応はどのようなものがあるでしょうか?

正当防衛にはならないのかしら?
30歳無職の姪って…たまたま遊びに来てておばあちゃんと口論になって刃物振り回したのか、両親が手がつけられないからおばあちゃん宅に押し付けたのか、分からない部分が多いね。
でも、自分の親が刃物で切りつけられてたら理性ではなく本能で助けようとするよね。その本能が男性の力が出てしまったって事だから、元々この男性には殺意はなかった。って事でしょ?
殺意があった姪が返り討ちにあった。
なんか切ないわ。
正当防衛なのでは…。
姪がどんな状態だったか分からないけど、もし精神を病んでいたとしたら、恐怖だと思う。

実家の隣のおばちゃんが精神を病んでいて一度追いかけられたことがある。刃物は持っていなかったが『追いかけられる』こと自体、恐怖でしかなかった。200mほど走って近所の家に駆け込み、通りがかった人がおばちゃんを取りおさえてくれた。即日入院したらしく、それから25年、現在に至るまで入退院を繰り返しているそうだ。
もしも年老いた自分の親が切りつけられていたら、私も同じことをしてしまうと思う。

これって・・・実際には母親を切りつけているよね
って事は過剰防衛の余地もあるでしょう
実際に息子がいなければ殺害をされていた
可能性が高いし、今回の様に押さえつけても
女とは言え包丁を持っていて
切りつけた実績もあるって事は
姪の暴れ具合によっては押さえつけるだけではなくて
今回の様に殴りつけて意識を失う様な事も必要だと思うよ

逮捕された男性は「カッとなった」って事だが
母親が身内に包丁で切られたら「カッとなる事が当然」では?
逆に冷静に「まぁまぁ~話せば分かる」って言うの?

では警察はこの様な場合はどうした?って思う
恐らくは抵抗したら男性と同様に押さえつけたし
拳を使うのでは?それも複数で
そして死亡したら「逮捕に問題は無かった」って言うだけでしょう

この男性は犯罪に対して「身内」ではあるが
ある意味で未然に防いだって事、
恐らくは街中で起こった事件だったら
英雄でしょう。

日本の司法だとこのような場合でも過剰防衛とかやりすぎって判断を下されがちですが、相手が正常じゃない場合に「適度な」防衛なんて分かるわけないんですよね。
1回怒鳴って相手が落ち着く場合もあれば、怒鳴っても殴っても逃げても襲ってくる場合もある。
過剰防衛だとかは結果を知っているから言えること。
その瞬間に過剰かどうかなんて普通の人には判断できません。
証言が正しいということが前提であれば、もっと防衛行動をとった人に寄り添って欲しいです。
これは殺人罪で逮捕されたのかな?
凶器を持った姪が母親を襲っている
そうしたら、普通は助けると思う。
もし、母親が殺されたあと目撃者として、この逮捕された方も襲われかねない。
仮に殺人罪で逮捕されていて、不起訴だとは思うけど、起訴されて有罪になって身勝手な理由で、自分や内縁の相手の子供に対しての虐待死より重い判決になったらおかしいと思う。

・・・こういった意見がありました。

まとめ

やはり、コメントでも「これは正当防衛ではないのか?」と疑問視する声はとても多いですね。

これを解明するには、「香那さんがなぜ包丁を取り出したのか」「香那さんの精神状態はどうだったのか」という点も含めて調べが必要だと思われます。

亡くなった香那さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

また何か情報が入りましたら随時更新していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。