事件

保谷浩文 顔画、Facebookは?西東京市で学童クラブの職員がわいせつ画像を譲渡!目的は?

西東京市 わいせつ物頒布罪 保谷容疑者

えびてん速報です。

今日取り上げるのは、東京・西東京市で学童クラブに勤務する非常勤職員の男性が、女の子のわいせつな画像が入ったハードディスクを知人男性に提供した事件についてです。

6歳から8歳くらいの女の子の裸の画像3点が入ったディスクを提供した疑いで、保谷浩文容疑者(29)が逮捕されました。

子を持つ多くの保護者、そしてなにより純粋な子供の心を裏切るような犯行ですが、なぜこのような犯罪に手を染めてしまったのでしょうか。

データを渡した「知人男性」の存在も気になります。

事件のいきさつと保谷容疑者についての情報を見ていきますので最後までお付き合いください。

事件の概要は?

事件についてはFNN PRIMEが報じました。

報道の内容は↓↓の通りです。

学童クラブに勤務する29歳の男が、知人の男に女の子のわいせつな画像を提供した疑いで逮捕された。

東京・西東京市の非常勤職員で、学童クラブに勤務する保谷浩文容疑者(29)は2019年6月、知人の43歳の男に、6歳から8歳くらいの女の子の裸の画像など3点が入ったハードディスクを提供した疑いが持たれている。

保谷容疑者は、「渡したことはあるが、よく覚えていない」と容疑を一部否認している。

保谷容疑者は、「警察に捕まらないために、仲間を増やさず、ずっと2人で交換を続けていた」と供述しているという。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200214-00010000-houdoukvq-soci

このような報道がされました。

「ずっと二人で画像の交換を続けてきた」と供述しているそうですが、まるでカードゲームのカードを交換するような感覚ですよね。

女子を持つ親としては腹立たしいです。

保谷浩文容疑者はどんな人物?Facebookはある?なぜ学童クラブに採用されたの?

保谷容疑者について今の段階でわかっている情報を↓↓にまとめます。

名前 保谷浩文

年齢 29歳

住所 東京都西東京市

職業 学童クラブの非常勤職員

Facebook 本人のものと特定できるようなアカウントは見つかりませんでした。

状況 43歳の知人男性に6~8歳くらいの女の子の裸の画像など3点が入ったハードディスクを提供した疑い。

フル勤務で働く女性が増えた今、学童クラブの存在は子を持つ母たちにとって命綱のようなものです。

小学生になったとはいえ、低学年のうちは判断能力も未熟で何をするかわからないようなところがあります。

そのような子供を放課後に一人で留守番をさせるのは不安ですし、子供にとっても放課後の時間を一人きりで過ごすのは心細いでしょう。

犯罪に巻き込まれるリスクも高いため、放課後に預ってくれる場所があるというのは親子両方にとって心強いはずです。

そのような事情があるため、「仕事を続けるためには(学童クラブを)利用せざるを得ない」という親も多いでしょう。

今回、保谷容疑者が起こした事件は、信用して預けてきた親たちを裏切る行為です。

保谷容疑者は、なぜ学童クラブに勤務していたのでしょうか?勤務中にわいせつな写真を撮影していた等の行為があったのではないか・・・と、どうしても疑いの目で見てしまう方も多いと思います。

学童クラブで働くために必要な資格とは?

学童クラブは、厚生労働省が管轄する制度で、正式には「放課後児童健全育成事業」といいます。

児童が、放課後に犯罪に巻き込まれたり悪さをしたりしないように、”健全”に育つことをサポートする場所というわけです。

そのような場所に勤務する人物がこのような事件を起こすというのは、非常に腹立たしいことです。

では、学童で働くためにはどのような資格が要るのでしょうか。

調べてみたところ、「放課後児童指導員」という資格があるようです。

この指導員になるためには、以下のいずれかの資格を持っていなければなりません。

  • 保育士
  • 社会福祉士
  • 幼稚園・小学校・中学校、高等学校または中等学校の教員免許
  • 社会福祉学や心理学、教育学の学位
  • 高卒以上で、2年以上、放課後児童健全育成事業などに従事していたこと

保谷容疑者がいずれかの資格を有していたのかどうかは今の段階で明らかにされてはいません。

が、持っていたとすれば、一度は純粋に教育を志した人物であるとも考えられます。

ただ、学童クラブで働くためには必ずしも資格は必要なく、勤務する職員のうちの一人が放課後児童指導員の資格を持っていれば良いのだそうです。

資格を持っているかいないかで、この仕事に対する責任感も変わってくると思います。

保谷容疑者が、最初からわいせつな目的でこの学童クラブに就職したのだとしたら、おぞましいですね。

そうでないことを祈ります。

学童クラブについてはコチラのサイト↓↓がわかりやすくまとめられていましたので、ぜひご覧になってみてください。

⇒ 保育士くらぶ 学童保育士(学童保育指導員)とは?給料や年収、仕事内容、必要な資格を解説!

今回はどんな罪に問われるの?

今回のように、わいせつな画像を有償・無償問わず、不特定多数の人に交付した場合は「わいせつ物頒布罪」の罪に問われます(※反復継続の意志がある場合は、一人に対する一回きりの行為であっても頒布に当たると考えられています。

基本的な知識を整理してみましょう。

構成要件

(わいせつ物頒布等)
第百七十五条 わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、二年以下の懲役若しくは二百五十万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする。
2 有償で頒布する目的で、前項の物を所持し、又は同項の電磁的記録を保管した者も、同項と同様とする。

(引用元:刑法175条

引用:https://www.t-nakamura-law.com/column/わいせつ物頒布罪とは%EF%BD%9Cわいせつ物頒布で逮捕さ

このような事件があると、親は安心して学童を利用できなくなります。

結果的に女性の就業に影響が出たり、放課後に行き場なく一人でさまよう子どもも増え、経済や治安にも多大な悪影響をきたすでしょう。

危険な人物を教育の場に野放しにすることがないように、採用の段階でしっかり見極めてほしいものです。

事件現場について

事件は、東京都西東京市の学童クラブで起こりました。

西東京市には数多くの学童クラブが存在し、そのうちのどこだったのかは特定できませんでした。

ネットの反応は?

ネットの反応はどのようなものがあるでしょうか?

アホばかりで笑ってしまう。私が気に入らないのは、こんな奴が牢屋に入るとか、職を失い、生活保護だの、税金ばかり使って生きていくのが腹立たしい。牢屋でもかなり税金がかかる。好き放題してくれていいけど、皆んなが汗水流して、涙を流して、ウィルスに恐怖しながら頑張って働いて納めた税金を、こんな方々に使うことが腹立たしいだけ。真面目な方々が、不真面目な方々を支えないといけない、この腐った社会だからこんなことを平気でするのだと思います。
こういうのってなんで警察は写真出さないの?
マスクとか剥ぎ取って顔を映せ
そしてそれを永久保存しといて犯罪者まとめサイト作ってくれ誰かw
全国民にマイナンバーカードの
所持を義務付けるべき。

犯罪歴などの経歴を記入するべき。

企業での面接の際、マイナンバーカード
の提示を義務付けるべき。

気持ちが悪い・・・子供を異常性愛者に預けてたなんて親御さんも恐怖でしかないと思う。日本は性犯罪にも甘い。アメリカと同じく小児性愛者・異常性犯罪者は所在をいつでも確認できる状態にしてほしい。ネットや町中にもアニメなのだろうけどギリギリな少女の絵とか溢れてて、見かけると吐き気がする。
国は 学童保育のワンオペ 認めてますからね。

なんで好き好んで、低賃金の仕事するのかと思えば
趣味 性癖ですか。

どうやら議員、国の上層部には 変態がいるようです。

・・・こういった意見がありました。

まとめ

教育の現場も、人手不足ゆえに採用の基準を甘くせざるを得ないのかもしれません。

誰が信用できて、誰が信用できないのか。

誰に子供を預けても大丈夫で、誰が危ないのか。

・・・私たち親は人を見る目をもっと研ぎ澄まさなければいけませんね。

本当に、物騒な世の中です。

また何か情報が入りましたら随時更新していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。