事件

東京都板橋区で死体遺棄事件発生!18歳の少女が生後3ヶ月の娘を遺棄 動機は?

板橋区死体遺棄事件

えびてん速報です。

今日取り上げるのは、東京都板橋区で18歳の少女が生後3ヶ月の娘の遺体をバックにいれて自宅の押し入れに遺棄した事件についてです。

シングルマザーらが入居する区立施設に住む無職の少女が死体遺棄容疑で逮捕されました。

少女の両親や、亡くなった赤ちゃんの父親についてはなにも情報がありませんが、どのような環境で育児をしていたのでしょうか。

事件が起こった状況や逮捕された少女についての情報を見ていきますので最後までお付き合いください。

事件の概要は?

事件については読売新聞が報じました。

報道の内容は↓↓の通りです。

生後約3か月の女児の遺体を遺棄したとして、警視庁は12日、東京都板橋区の無職少女(18)を死体遺棄容疑で逮捕したと発表した。逮捕は11日。

警視庁幹部によると、少女は生活困窮のシングルマザーらが入居する区立施設に住んでいた1月頃、昨年出産した生後約3か月の女児の遺体をバッグに入れ、自室の押し入れに遺棄した疑い。女児に目立った外傷はなく、警視庁が詳しい死因を調べている。

少女は今月5日、1人で施設を出て行方が分からなくなり、翌6日、警察官が遺体を発見。警視庁が少女を捜していたが、11日午後、神奈川県伊勢原市の知人宅にいるところを発見された。

調べに、少女は容疑を認め、「娘の死を受け入れられず、自分の手元に置いておきたかったが、隠しきれないと思って逃げた」と供述。警視庁は女児が死亡した経緯を調べている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200212-00050104-yom-soci

このような報道がされました。

「娘の死を受け入れられなかった」「手元に置いておきたかった」「隠しきれないと思った」と、供述には少女の混乱した心理状態が見て取れます。

たった一人で育児をしていたようなので、育児ノイローゼのような状態になっていたのかもしれませんね。

逮捕された少女はどんな人物?子供の父親は?

今の段階で分かっている容疑者の情報は以下↓↓の通りです。

年齢 18歳

職業 無職

住所 東京都板橋区の区立施設

状況 生後約3ヶ月の子供の遺体をバッグにいれて自室の押し入れに遺棄。自分は神奈川県伊勢原市の知人宅にいたところを逮捕された。

赤ちゃんの死因についてはまだわかっていませんが、目立った外傷などはないとのことから、虐待の可能性は低いと思われます。

育児の経験から推測すると、原因としては以下のようなことが考えられます。

  • 母乳がうまく出ず、赤ちゃんが栄養不足になってしまった
  • 眠っている間になんらかの事故で呼吸できない状態になってしまった(うつ伏せになってしまった等)
  • あやそうとして、揺すり過ぎてしまった

いずれも、育児未経験であれば誰もがやってしまいがちな失敗。

近くに誰もサポートしてくれる人がいなかったというのが、残念でなりません。

未成年の妊娠は社会問題として捉えるべき

今回の少女のような「未成年の出産」は、アメリカでは深刻な社会問題として捉えられています。

⇒ 参考:FNNPRIME 公式サイト 「“未成年の妊娠”は虐待のリスクを高める…データに基づいたアメリカの対策」

なぜなら、未成年の妊娠や出産は虐待のリスクを高めるということがデータからハッキリわかっているから。

今回の事件の少女も「無職」とのことですが、未成年での出産は低学歴や無職につながり、結果的に貧困問題を抱えることになりかねません。

毎月の妊婦検診も受けず、低体重で未熟な状態で生まれてくる赤ちゃんも多いそうです。

そのような様々なリスクを踏まえ、アメリカではこんな方法で対処しています。

  • 未成年の母親とその子供を対象とした特別なクリニックを作る
  • 妊娠初期から子供が生まれてある程度の年齢になるまで、定期的な家庭訪問やクリニックへの同行を行うサポート体制がある

妊娠が分かったときからナースやピアカウンセラーとマッチングするシステムも整っているとのこと。

「困った時に頼りにできる人」がごく身近にいてくれるというのは心理的な安心につながるでしょう。

育児経験者として、「気軽に相談できる人がいるかどうか」「心を開いて話せる相手がいるかどうか」は、安らかな育児をしていく上でとても重要なポイントだと思います。

今回の事件の容疑者となってしまった少女には、そんな存在がいたのでしょうか。

もし、誰にも頼れず孤独な状態で育児をしていたのだとしたら、誰もこの少女を責めることなどできないでしょう。

死体遺棄罪とは?

死体遺棄(したいいき)とは、人が亡くなった後、火葬などの埋葬手続きを取らずに捨て置くことを指します。

死体遺棄は刑法で禁止されており、同罪で有罪判決を受けた場合は懲役刑が科せられます。

基本的な知識を整理してみましょう。

構成要件

(死体損壊等)
第百九十条 死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する。

(引用元:刑法190条

引用:https://keiji-pro.com/columns/200/

どのような環境でこの少女が赤ちゃんを産み、育てていたのかはまだ明らかにはなっていません。

赤ちゃんを守れなかったことは母親として重くその責任を背負っていくべきですが、18歳の少女が赤ちゃんとたった二人きりで過ごしていたのだとしたら・・・。

状況から伝わってくる少女の苦悩、孤独を思うと胸が痛みます。

事件現場について

事件は、東京都板橋区の区立施設で起こりました。

調べてみたところ、板橋区では「ひとり親相談」を実施しており、生活上の様々な問題を抱えて子供の養育が十分にできない親子が入所できる母子生活視線施設が整備されているようです。

⇒ 参考:板橋区 公式サイト 母子生活支援施設

場所は特定できませんでしたが、少女もこの関連施設に入居していたものと思われます。

ネットの反応は?

ネットの反応はどのようなものがあるでしょうか?

悩みに悩み、どうにもならず、母親にも赤ちゃんにも悲しい結果に至ってしまった
1人で悩まず、区役所などへ相談をしていれば、また違った結果になっていたと思う
18才だと、社会人として、これから経験を積む年齢でしょうし、また、赤ちゃんを出産した経験も初めてだろうし、色んな事情から追い詰められたと思う
乳幼児が突然死する事もあるし

我が子が突然死していた場合に冷静に対処出来るかどうか

目先の現実からの逃亡と言う行動に出る人も居るかとは思う

死因が虐待死ならばもっての他ですけど

この母親がやったことはきちんと償わなければいけないことだけど、そもそも妊娠って女性1人でするもんでしたっけ。

父親は?
別れていようが、子どもと血が繋がっているのなら母親と同じく、責任があるのでは。

育てられないなら母子寮よりまず乳児院だと思うが
本人的には子供を育てたかったんだろうなぁ
母子寮は規則が多くて大変だと言うけども
こういう10代で自身が子供のような母親をフォローできる体制はあるんだろうか?
学校のレベルに関係なく、若くして生活基盤が確立しないうちに出産するとどんなデメリットがあるのか、きちんと教える必要があるかと思います。
出産にどれだけ費用が掛かるのか、その後のライフプランなどもっときちんと教えるべきかと。いざ当人になってから深く調べないと分からないことが多く、自分の子供が生まれる時も手当の申請や貰える給付金貰えない給付金、仕事の折り合いや保育園などと色々苦労しました。
そこをもっとしっかり教えておくべきかと思います。

・・・こういった意見がありました。

まとめ

公的な施設に入居していたということは、この少女は区の相談窓口を積極的に利用していたということですよね。

それでも赤ちゃんの命を守れなったというところに、改めて育児の難しさと闇を感じます。

亡くなった赤ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

また何か情報が入りましたら随時更新していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。