事件

高井勇希 顔画、Facebookは?愛知県愛西市で強制わいせつ事件発生!性犯罪から身を守る護身術もご紹介!

愛知県愛西市強制わいせつ

えびてん速報です。

今日取り上げるのは、愛知県愛西市で29歳の男が18歳の女性を無理やり車に押し込んで乱暴し、ケガをさせた事件についてです。

愛西市のアルバイト高井勇希容疑者(29)が逮捕されました。

自転車に乗っていた女性に身体ごとぶつかって横転させ、目隠しをして車に連れ込むという非常に強引な手口でした。

事件のいきさつと犯人についての情報を見ていきますので最後までお付き合いください。

事件の概要は?

事件については東海テレビが報じました。

報道の内容は↓↓の通りです。

愛知県愛西市の路上で18歳の女性を車に押し込んで乱暴しケガをさせたとして、29歳のアルバイトの男が逮捕されました。

逮捕されたのは愛西市のアルバイト高井勇希容疑者(29)で、1月20日、市内の路上で18歳の女性を無理やり車に押し込んだうえ、車内で乱暴してケガをさせた疑いが持たれています。

女性が警察に被害を届けたことで事件が発覚し、付近の防犯カメラの映像を解析したところ車のナンバーなどから高井容疑者が特定されました。

警察によりますと、高井容疑者は自転車で帰宅途中だった女性に体ごとぶつかって横転させると、目隠しをして近くに停めていた車に連れていったということです。

警察の調べに対し、高井容疑者は容疑を認め「わいせつ目的だった」などと話しています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200208-00026645-tokaiv-soci

このような報道がされました。

帰宅途中に突然このような被害に遭ったということで、被害者の女性はとても怖い思いをしたことでしょう。

犯人が特定されたのは、防犯カメラの映像から割り出された車のナンバーがきっかけだったそうですから、高井容疑者は現場から逃走し、被害に遭った女性が自ら警察に届け出たということですよね。

泣き寝入りしてしまうケースもある中、この女性の勇気ある行動がなければまた次の被害者が出ていたかもしれません。

まずは、この女性の勇気を称えたいと思います。

高井勇希容疑者はどんな人物?Facebookはある?なぜこの女性を狙ったの?

高井容疑者について今の段階でわかっている情報を↓↓にまとめます。

名前 高井勇希

年齢 29歳

住所 愛知県愛西市

職業 アルバイト

Facebook 本人のものではないかと思われるアカウントがありましたが、断定はできないため掲載は控えさせていただきます。

状況 自転車で帰宅途中の被害女性に体当たりして横転させ、目隠しをしてむりやり車に連れ込んで乱暴し、ケガをさせた。

自転車に体当たりして横転させたり、目隠しをしたり・・・と、非常に計画性を感じさせる犯行です。

面識があったのかどうかは明らかにされていませんが、もしかしたら高井容疑者は女性のことを知っていて、一方的に思いを寄せていたという可能性も考えられます。

今後の調べに注目していきたいですね。

最新情報が入ってきましたら、随時、追記していきます。

性犯罪から身を守るためには?

では、このような女性を狙った犯罪から身を守るためにはどうすれば良いのでしょうか。

その対策や対処法については、警察が多数の動画やサイトを作っています。

例えばコチラは兵庫県警が作った動画で、イザという時に役立つ護身術を紹介!

こういった術を習う機会はあまりないので、とても勉強になります。

また、こちら↓↓は大阪府警が作成した性犯罪の被害に遭わないための注意点をまとめたサイトです。

⇒ 参考:大阪府警察 性犯罪の被害にあわないために

今回の事件では道路上で被害に遭っていますが、女性が一人で道路を歩く場合にはこんなことに注意すべき!とアドバイスされています。

  • 人通りの多い道、明るい道を選びましょう。
  • 防犯ブザーを、いつでも使える状態で携行しましょう。
  • スマホを操作しながら、もしは音楽を聴きながら歩くことは避け、毅然とした態度で足早に通り抜けましょう。
  • 見知らぬ人に声をかけられたら、相手との距離を開けて対応しましょう。

筆者もかつて夜道でひったくりの被害に遭ったことがあるので実体験として言えることですが、人間、あまりにびっくりすると声が出ません。

叫ばなくちゃ!と分かっていても、とっさに声が出てこないのです。

スマホを操作しながら歩いている時は特にそうですが、何かをしながら歩いていると上の空状態になっているので、突然襲われるとまさに不意打ちを食らったような感じになってしまいます。

逃げるべきタイミングで足が動かなかったり、声が出なかったりするかもしれませんので、夜道を歩く時は周囲の様子に注意を払いつつ「歩くこと」に集中したほうが良いですね。

今回はどんな罪に問われるの?

今回のように暴行を用いてわいせつな行為をした場合は、強制わいせつの罪に問われます。

 強制わいせつとは,被害者の意思に反してわいせつ行為を行うに足りる程度の暴行・脅迫を行い,わいせつな行為をすることをいいます。刑法176条に強制わいせつの罪として規定が置かれています。

基本的な知識を整理してみましょう。

構成要件

(強制わいせつ)
第百七十六条 十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、六月以上十年以下の懲役に処する。十三歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

(引用元:刑法176

引用:https://www.sa-criminal-defense2.jp/kyousei

コチラの資料↓↓によれば、強制わいせつは全体の約77%が面識のない人物による犯行です。

⇒ 参考:警察庁の資料 「強姦・強制わいせつに関する統計

夜道を一人で歩く機会が多い女性のみなさんは、「自分も今、この瞬間に誰かから見られているかもしれない」という危機感を持つことが大切ですね。

事件現場について

事件は、愛知県愛西市の路上で起こりました。

ネットの反応は?

ネットの反応はどのようなものがあるでしょうか?

乱暴、って。
レイプしたんでしょ?
はっきりと書いたらいかが?
そうやって男の性犯罪は矮小化するんだから。
レイプが “魂の殺人” と言われるほどに被害者の心に深い傷を残すこと、ご存知ないんですか?
こういう事件がある度に思うけど、この犯人のような人間は粛清した方が世のため、人のためになるような気がする。

この先、生かしておく意味や価値があるのか?
それが日本にとって有益になるとはとても思えない。

私、いつも思うんですが。
生育歴に同情の余地があるとか、真にやむを得ない状況で罪を犯してしまったとか、
しかも、軽犯罪的な事例で、容疑者(犯人)の人権を考慮するとかは分かるのですが、
全く、その犯罪自体が目的の凶悪犯罪の場合、人権とか、そもそも考慮する必要があるのでしょうか。
法律的な根拠はともかく、心情的に理解できません。許せません。
やって良いことと悪いことの判断がつかず、自分の思い通りに行動する。もしくは、なんとなくわかるが我慢ができない。
そんな人間が日本に増えているんでしょうか。それとも、たまたまそういった事件を見知ってしまう機会が増えた時代になったんでしょうかね。
自分が大人になったからなのか悪い人が多い国になった気がする。
転び方によっては被害者死んでるんだが

こんなでもたとえ珍しく有罪になっても、懲役半年とかものすごく長くても二年半とかなんだろうね

強姦されるほうは殺されるかと思うし、実際にそういうケガを負うのに、強姦するほうは「合意だと思った」といえば不起訴になるし有罪になっても刑がきわめて軽い

・・・こういった意見がありました。

まとめ

今回は防犯カメラの映像が手掛かりとなって逮捕に至りましたが、犯行手口に”慣れ”も感じますし、余罪もあるのではないかと疑ってしまいます。

同じように心身に深い傷を負ってしまう女性がいない世の中にするためにも、警察には徹底的に調べてもらいたいですね。

警察のみなさんには力を尽くしてほしいところです。

また何か情報が入りましたら随時更新していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。