事件

渋谷区道玄坂で傷害事件!男子学生が殴られ意識不明 20~30代の犯人は誰?特徴と逃走経路について

渋谷道元坂で傷害事件

えびてん速報です。

今日取り上げるのは、東京都渋谷区道玄坂1丁目の路上で起こった傷害事件についてです。

24歳の男子学生が意識不明の重体となっています。

犯人は歩いて立ち去ったということですが、一体、何が原因だったのでしょうか。

犯人についての情報を見ていきますので最後までお付き合いください。

事件の概要は?

事件については朝日新聞社が報じました。

報道の内容は↓↓の通りです。

25日午前3時半ごろ、東京都渋谷区道玄坂1丁目の渋谷駅近くの路上で、男性が顔から血を流して倒れているのを通行人が見つけ、119番通報した。警視庁によると、男性は都内に住む専門学校の学生(24)で、顔や腹などに殴られた傷があり、意識不明の重体という。直前に男と口論になっていたといい、同庁が傷害事件として捜査している。

渋谷署によると、学生は知人と飲食後、1人で現場付近を歩いて通りかかったという。この際、男と何らかのトラブルがあったとみられる。男は20~30代ぐらいで身長が165~170センチほど。黒っぽいジャンパーにズボン姿だった。歩いて立ち去ったという。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00000020-asahi-soci

このような報道がされました。

意識不明になるほどまでに殴られるなんて、二人の間にどんなトラブルがあったのか気になりますね。

すれ違いざまに、たまたまぶつかっただけで口論になったのだとしたら、犯人は直情的な人物かもしれませんね。

犯人は歩いて立ち去ったというのも、妙な余裕を感じられて怖いです。

犯人は誰?特徴は?

犯人がどのような人物なのか調べてみましたが、まだ具体的な情報は出ていません。

今わかっている情報を↓↓にまとめます。

性別 男性

年齢 20~30代

慎重 165~170㎝

服装 黒っぽいジャンパーにズボン姿

防犯カメラなどの情報からすぐに特定されると思います。

最新情報が入ってきましたら、随時、追記していきます。

傷害罪とは?

今回の傷害罪の罪を調べてみました。

傷害罪は、他人の身体に対する侵害を犯罪とするもので、刑法204条以下の第27章に傷害の罪として規定が置かれています。

まずは、傷害罪の基本的な知識を整理してみましょう。

構成要件

(傷害)

第二百四条 人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

(傷害致死)

第二百五条 身体を傷害し、よって人を死亡させた者は、三年以上の有期懲役に処する。

(引用元:刑法204条・205条

引用:https://keiji-pro.com/columns/7/#toc_anchor-1-9

被害者は意識不明とのことで容態が懸念されます。

亡くなった場合、最低3年以上~の懲役

回復してきた場合、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金

早く捕まってほしいです…

事件現場について

事件現場は、東京都渋谷区道玄坂1丁目の路上とのこと。

渋谷駅から近いとのことです。

ネットの反応は?

ネットの反応はどのようなものがあるでしょうか?

渋谷は路地や駅ナカの通路がいたるところでスクランブルになっているから、ぶつかったかなにかでトラブルになったのでしょう。
渋谷の開発は結局、街の一体化の開発ではなく、増築増築での開発なので、歩道がカーブや曲がり角となっており、さらに通路のど真ん中に柱が多数たっているので、人がぶつかるのは避けられません。
このさきもトラブルは増え続けると思います。
トラブルを避けるには、スマホ歩きなどせず、前をきちんと見て、ぶつかりやのような怪しい人がいたら避けて、気を付けて歩きましょう。
年末の格闘技番組、TikTokみてても格闘技系の殴る蹴るの指導や、やたら二人でやりあいしてるような動画のアップがおおすぎる 人を殴れば傷害であり、殺人にもなりかねないことがわからない人間も多い 格闘技はルールがあり、レフェリーがいるスポーツである
安易に素手で人をなぐり、怪我させた以上は服役して人生が終わることを重々理解すべき。
日本は決して安全な国でも親切な国でもない。ヨーロッパでは、宗教的あるいは政治的なテロが多いが、日本のように見ず知らずの一般人に殴られたり、刺されたり、突き落とされたりの殺人は少ない。マスコミなどの日本が安全な国という印象操作は、ヨーロッパで暮らした経験のある人間にとっては、空々しい台詞に聞こえるはずだ。
意識不明の学生さん、どうか助かってほしい。
いくら喧嘩でもこれ以上やったらって限度があるでしょう。
それで逃げちゃうって人としてどうなのよ。
一刻も早く逮捕してほしい。
回復する事をお祈りします。
渋谷は繁華街の割には若い子が多い街だから
新宿、池袋、六本木に比べれば治安はいいのだが
最近は殴る蹴るの事件が多い
特に道玄坂の飲み屋街
道玄坂、円山町は渋谷でもヤクザがいるところだからね

・・・こういった意見がありました。

道玄坂は以前にも似たような事件!関係性は?

道玄坂では、2019年12月にも同じような傷害事件が起こっています。

その時、報じられた内容はコチラ↓↓

路上でのトラブルから男性に暴行し、重傷を負わせた疑いで男が逮捕された。
渡辺司容疑者(39)は、11日、東京・渋谷区の道玄坂で、40代の男性を路上に引き倒し、暴行を加え、全治1カ月の重傷を負わせた疑いが持たれている。
調べに対し、渡辺容疑者は「酒も入っていたし興奮していたので、よく覚えていない」と容疑を否認している。
当時、被害者の男性と一緒にいた知人は、「客引きの男10人前後とトラブルになり、殴られた」という110番通報をしていて、警視庁は、渡辺容疑者と一緒に暴行に及んだ仲間の行方を追っている。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00010007-houdoukvq-soci

こちらの事件は犯人はすでに捕まっていますが、他にも10人前後の仲間がいたことが分かっています。

その10人はまだ捕まっていないことから、今回の事件とも全く関係がないとは言い切れませんね。

まとめ

若者が多い繁華街での暴行事件。

無防備に出歩けない世の中になったことを感じさせますね。

被害を受けた男子学生の、1日も早い回復をお祈りいたします。

逃走中の犯人が早く見つかるよう、警察のみなさんには力を尽くしてほしいところです。

また何か情報が入りましたら随時更新していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。